CISAC共催で芸術家と研究者による追及権シンポジウム開催

CISAC (著作権協会国際連合)

2017/2/23 11:16

CISAC共催で芸術家と研究者による追及権シンポジウム開催

AsiaNet 67485

東京(日本)、2017年2月23日/PRニュースワイヤー/ --

一つの画期的なシンポジウムの開催により、世界80か国以上において施行される追及権に注目が集まる

今週末、東京のあるイベントに日本の著名な芸術家と研究者、そして世界および日本で著作者を代表する組織が集結し、視覚芸術家のための追及権創設への支持を表明する。

http://mma.prnewswire.com/media/470365/CISAC_Logo.jpg

http://mma.prnewswire.com/media/470367/CISAC_Infographic.jpg

http://mma.prnewswire.com/media/470366/Gadi_ORON.jpg )

このシンポジウム「日本における追及権制度導入への道のり」は、早稲田大学知的財産法制研究所(RCLIP:Research Center for Legal Studies for Intellectual Property)主催、CISAC共催で行われ、オークションハウスやギャラリーが作品を販売した際の収益がアーティストに分配されるという追及権の導入に向けた国際的な気運の高まりの第一歩となるとみられる。

早稲田RCLIPでは、仮に日本に導入する場合の試案を作成し、このシンポジウムにおいてその内容を解説する。

CISACの代表はまた、文化庁長官を訪問する。日本は、世界をリードする文化を持ち、国際的に重要な影響を与える国であるにもかかわらず、追及権を未だその法制度に持たない数少ない美術品市場の一つであるなか、追及権の導入についてどのようにすることが望ましいかについて説明することを予定している。

CISACのガディ・オロン事務総長は、次のように述べた。「今週の日本でのイベントは、追求権導入に向けた国際的な気運の高まりを示す重要な兆候です。芸術家にとって非常に重要であるとの認識が徐々に高まったことで、これまでに80か国以上がこの権利を導入しました。法的正当性についての議論は別として、追及権は芸術家に公平さと尊重されることを、美術品市場には経済的便益と透明性をもたらします。それは、芸術家からの強い支持に加え、世界中で支持する政府も増えていることに繋がります。」

視覚芸術家の追及権とは、自分の作品がオークションハウスやギャラリーで販売された場合、芸術家が再販売価格の一部を受け取ることができるようにするものである。これは芸術家が自分の作品から正当な利益を得られるようにする上で重要な役割を果たす。2016年11月に発表されたCISACの徴収に関する最新の報告書によると、世界の追及権のある国々では視覚芸術家のロイヤルティは合計5千万米ドルに達しており、それは、世界の視覚芸術に関わる著作権徴収総額の25%に相当する。

CISACについて

CISAC(International Confederation of Societies of Authors and Composers:著作権協会国際連合)は、世界をリードする作家協会のネットワークです。(また、集中管理団体(CMO:Collective Management Organisations)と称されることもあります。)http://www.cisac.org

発信元:CISAC

(日本語リリース:クライアント提供)

Leading Visual Artists and Academics Join CISAC to Promote Resale Right in Japan

PR67485

TOKYO, Feb. 23, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

    

    A landmark conference in Tokyo highlights growing support internationally

for the right, now adopted in more than 80 countries  

    An event in Tokyo this week brings together some of Japan's most prominent

visual artists and academics, and the organisations representing creators

globally and in Japan, in a landmark show of support for the resale royalty

right for visual artists.

         (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/470365/CISAC_Logo.jpg )

         (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/470367/CISAC_Infographic.jpg )

         (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/470366/Gadi_ORON.jpg )

    The conference, hosted by Waseda University Research Center for Legal

Studies for Intellectual Property (RCLIP) and co-hosted by CISAC, will

highlight the growing international momentum for adoption of the right, which

gives artists a share in the proceeds of the sale of their works by auction

houses and galleries.  

    Japan's copyright experts will outline a proposed draft law prepared by

Waseda that would introduce the right in Japan.

    A CISAC delegation is also presenting the case for Japan's adoption of the

right to the government, at a meeting with the Commissioner of the Agency for

Cultural Affairs. Japan, home to a world-leading cultural sector and with an

important influence internationally, is one of a small number of major art

markets where the right is not yet implemented.

    Gadi Oron, Director-General of CISAC, said:  "The events in Japan this week

are important signs of the growing international momentum towards adoption of

the resale right. More than 80 countries have adopted the right so far, helped

by a steady raising of awareness of its vital importance to artists. Apart from

its legal justifications, the resale right brings fairness, respect to

creators, economic benefits and transparency to the art market. That is why

there is such strong support for it from the artist community and from a

growing list of governments around the world".  

    The visual artists' resale right ensures that creators receive a percentage

of the resale price when their works of art are resold by an auction house or

an art gallery.  It plays a significant role in allowing artists to derive a

fair return from their work. In the countries where the right exists, it helps

generate total royalty collections of some US$50 million globally for artists,

amounting to 25% of total global visual arts collections, according to CISAC's

recent collections report published in November 2016.  

    About CISAC

    CISAC - the International Confederation of Societies of Authors and

Composers - is the world's leading network of authors' societies (also referred

to as Collective Management Organisations, or CMOs). http://www.cisac.org

SOURCE: CISAC  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中