エイベックスと中国のNetEase Cloud Musicが戦略的提携

NetEase Cloud Music

2017/3/1 19:28

エイベックスと中国のNetEase Cloud Musicが戦略的提携

AsiaNet 67595(0302)

【杭州(中国)2017年2月28日PR Newswire=共同通信JBN】

日本のミュージック・エンターテインメント最大手エイベックス・グループ・ホールディングス(Avex Group Holdings Inc.)と中国のデジタルミュージック・プラットフォーム大手のNetEase Cloud Music(網易クラウドミュージック)は2月27日、双方が中国本土における日本の音楽著作権の独占的ライセンスをNetEaseに付与する戦略的パートナーシップの構築に関する合意書に調印したと共同発表した。双方は、中国本土市場における日本の音楽の著作権保護のための法的枠組みの導入と推進にコミットしていると述べた。

今回の調印によりエイベックスは、NetEase Cloud Musicにエイベックスと契約しているアーティストの楽曲リスト全体の中国本土での著作権に関する独占的ライセンスを与え、これによりNetEase Cloud Musicは中国本土での適切な著作権保護を伴う日本音楽のコレクションを備えた最大のプラットフォームとなった。同時にNetEase Cloud Musicは音楽のプロモーション、販売、配布、著作権管理に関して中国本土でのこれらの楽曲の著作権管理の専属代理人となり、エイベックスの中国本土市場での拡大を支援する。

さらに、今回の戦略的パートナーシップは、日本の大手エンターテインメント企業と中国本土のデジタル音楽プラットフォームとの間での初の協力であり、また著作権で保護された日本のデジタル音楽が中国市場に初めて大規模に参入するという点で画期的なものである。今回の合意が調印されるまで日本のデジタル音楽をこのように大規模で輸入する中国本土の音楽プラットフォームは存在しなかった。

▽エイベックスとNetEase Cloud Musicが中国本土音楽市場への拡大の一環として戦略的パートナーシップを締結

1988年に設立されたエイベックスは東京に本社がある。エイベックスは日本で群を抜く最大のエンターテインメント企業であり、世界最大級の独立系レコード会社である。同社は日本でのレコード販売では市場を支配してきた。

J-POPとしても知られている日本のポップミュージックのリーダーとしてエイベックスは、浜崎あゆみ、Every Little Thing、倖田來未、大塚愛、AAA、Wagakki Bandなど、日本で最も人気のあるミュージシャンの多くを発掘し、マネジャーを務めている。エイベックスとNetEase Cloud Musicの戦略的合意が成立したことにより、これらの有名なグループなどによる日本の楽曲のコレクション全体がNetEase Cloud Musicプラットフォームで利用できるようになる。これらのアーティストやエイベックス所属の新人の新曲がNetEase Cloud Musicプラットフォームに迅速に追加されると同時に、中国の音楽ファンにもプロモートされる。今後予想される協力の深化に伴い、エイベックスのアーティストはNetEase Cloud Musicが主催するさまざまなオフラインイベントを通じ中国の音楽ファンと直接交流することに期待できる。

エイベックスは、中国市場への初の正式参入を計画した1998年に初めて、台湾事務所に1つのオフィスを開設した。台湾事務所は本土市場への架け橋となるはずだったが、当時中国本土では著作権に関する法的保護が完全に欠如していたため、同社は直ちにその取り組みを断念した。中国本土市場への参入する同社の戦略としてNetEase Cloud Musicと合意書に調印したことは、中国本土市場への期待再燃と日本の音楽を中国にプロモートするとの同社の長期計画を示唆している。

期待の変化は、過去2年間にわたる中国の規制当局である国家版権局(China Copyright Administration of China、日本の特許庁に相当)の努力と直接関係している。同局は中国市場に規律をもたらすために複数の大手ミュージック・プラットフォームと一致協力し、中国のオーディオファイルがデジタルストリームやダウンロードの料金を支払う環境が醸成されたという好結果を生み出した。同局が乗り出した2年間での環境の変化は、これまでの混沌とした状況と比較して、「夜と昼」と呼ばれることがある。このような変化を受けて、エイベックスにとっては世界で最も大きな可能性を秘めた音楽市場に参入するのに絶好のタイミングとなった。

▽提携はNetEase Cloud MusicのAvexの日本の音楽データベースへのアクセスを保証し、NetEaseプラットフォームを中国における日本音楽の最大のデータベースにする

パートナーを選ぶことに非常に慎重だったエイベックスは、中国本土進出を決定した後、提携相手としてはNetEase Cloud Musicが最善のポジションにいると最終的に判断した。

中国のインターネット・テクノロジー大手である網易(NetEase, Inc)のオンデマンド音楽ストリーミングサービスであるNetEase Cloud Musicは、2013年に創立後、競争の激しい市場で急速に大きなシェアを獲得し、大規模かつ忠実なファン層を構築した。2014年7月までに、NetEase Cloud Musicユーザー数は2億人の大台を突破し、NetEase Musicの中国におけるトップのオンライン音楽プラットフォーム入りを確実なものとした。

エイベックスがNetEase Cloud Musicを膨大な日本音楽ライブラリのための独占的な音楽プラットフォームとして選んだのは、同社の優れた評判、プロフェッショナルなマネジメントチーム、有望な成長見通しだけではなく、NetEase Cloud Musicプラットフォームのユーザーの多くが日本音楽愛好家だったこともある。

合意書調印の前の時点でさえ、NetEaseは中国のすべてのプラットフォームの中で既に多くの日本の楽曲を持っており、大きなJ-Popファン層を引き寄せていた。今回の提携は日本の音楽という巨大な宝物をもたらした。これらのファンの全体的な経験が大幅に強化されるのは間違いない。

NetEase Cloud Musicのジュー・イーウエン最高経営責任者(CEO)は提携調印発表の際のプレゼンテーションで、日本の音楽に対し中国市場は積極的関心を深め、急速に増大する需要を目の当たりにしており、NetEase Cloud Musicはこのような状況に押されてNetEase Cloud Musicはその要望を満たすため、適切な著作権保護を備えた日本の音楽データベースへのアクセスを保証することができる日本のパートナーを探していたと説明した。NetEase Cloud Musicの使用状況データによると、日本の楽曲が聴かれている回数、特に日本のアニメ、漫画、ゲーム(ACG)に関連する楽曲の数が爆発的に増加しており、日本からの音楽ストリームは前年比80%増加し、ACG関連の音楽は280%も急増し。これらのユーザーの中心は、主に青少年層で、特に1990年以降に生まれたファンであり、中国の音楽文化に大きな転換をもたらしている。

同氏はさらに、NetEase Cloud Musicは今後、中国と中国の音楽ファンに質の高い日本の音楽を長期的に紹介する計画の一環として、エイベックスを含む日本のエンターテインメント企業とのコラボレーションを多角化し、深化させていく方針だと語った。

ソース:NetEase Cloud Music

Japan-based Entertainment Management Firm Partners with Chinese Platform NetEase Cloud Music to Deliver Copyright-protected Japanese Music to Chinese

PR67595

HANGZHOU, China, Feb. 28, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Japan's biggest music entertainment firm, Avex Group Holdings Inc., and leading

Chinese digital music platform, NetEase Cloud Music, on February 27th jointly

announced the signing of an agreement forming a strategic partnership that

grants the Chinese platform an exclusive license to Japanese music copyrights

in mainland China. Both parties have said that they are committed to the

introduction and promotion of a legal framework for the protection of the

copyright of Japanese music in the mainland China market.

With the signing of the agreement, Avex has granted NetEase Cloud Music the

exclusive license in mainland China to the copyright of the entire inventory of

songs of artists that have signed with Avex, placing NetEase Cloud Music in the

position of being the platform with the largest collection of Japanese music

with proper copyright protection in mainland China. At the same time, the

Chinese platform will become the exclusive management agent for the copyrights

of these songs in mainland China, in terms of promotion, sales and distribution

of the music as well as administration of the copyright, in a move to help Avex

expand in the market.

Moreover, the strategic partnership is a milestone in that it is the first

cooperation formed between a major Japanese entertainment firm and a digital

music platform in mainland China as well as the first sizable entry of

copyright-protected Japanese digital music into the mainland China market.

Before this agreement was signed, there had been no precedent for a mainland

China music platform importing Japanese digital music on such a scale.

Avex Forms a Strategic Partnership with NetEase Cloud Music in a Move to Expand

into the Mainland China Music Market

Avex Group Holdings Inc. was established in 1988 with headquarters located in

Tokyo, Japan. Avex is by far Japan's biggest entertainment firm and one of the

largest independent record companies worldwide. The firm has dominated the

market for years in terms of record sales in Japan.

As the leader in Japanese popular music, also known as J-Pop, Avex discovered

and now manages many of the country's most popular acts including Ayumi

Hamasaki, Every Little Thing, Koda Kumi, Ai Otsuka, AAA and the Wagakki Band.

With the strategic agreement between Avex and NetEase Cloud Music in place, the

entire collection of Japanese songs from these well-known groups as well as

many others becomes available on the NetEase Cloud Music platform. New songs

from any of these signed artists or any new acts that are signed up by Avex

will be quickly added to the NetEase Cloud Music platform and, at the same

time, promoted to Chinese music fans. With a further deepening of the

cooperation expected in due course, Avex's stable of artists can look forward

to face-to-face meetings with Chinese music fans through diverse offline events

hosted by NetEase Cloud Music.

Avex first set up an office in Taiwan office as early as 1998, when it planned

its first formal entry into the Chinese market. The Taiwan office was supposed

to act as a bridge into the mainland market, however, the Japanese firm shortly

abandoned the effort, due to the lack of any form of legal protection for

copyright in mainland China at the time. Signing the agreement with NetEase

Cloud Music, as its strategy for entering the mainland Chinese Market, signals

renewed expectations in terms of the market and the firm's long term plan of

promoting Japanese music to China.

The change in terms of expectations is directly related to efforts over the

past two years on the part of the Chinese regulator, the State Copyright

Administration of China, working in concert with the major music platforms to

bring order to the market, with the welcomed result that an environment where

Chinese audiophiles now expect to pay for digital streams and downloads has

been created. The change in the environment over the two years since the

regulator stepped in can be termed "night and day", compared to the chaotic

situation that existed earlier. With these changes in place, the timing

couldn't have been better for Avex to enter the music market with the greatest

potential in the world.

The Deal Assures NetEase Cloud Music's Access to Avex's Japanese Music

Database, Making the NetEase Platform the Biggest Database of Japanese Music in

China.

After making the decision to expand into mainland China, Avex, who was very

circumspect in choosing its partner, eventually settled on NetEase Cloud Music

as the best-positioned entity to partner with.

NetEase Cloud Music, the on-demand music streaming service of Chinese internet

technology giant NetEase, Inc, was launched in 2013 and quickly took a

meaningful share of the intensively competitive market while building a

sizeable and loyal fan base. By July 2016, the number of NetEase Cloud Music

users had broken 200 million mark, assuring NetEase Music's place among the top

online music platforms in China.

Avex chose NetEase Cloud Music as the exclusive music platform for its vast

Japanese music library, not only because of NetEase Cloud Music's excellent

reputation, its professional management team and promising growth prospects,

but also due to the large number of Japanese music lovers that had been

identified as being users of the NetEase Cloud Music platform.

Among all the Chinese platforms, even before the signing, NetEase was the one

that already had the most number of Japanese songs and had already attracted a

large base of J-Pop lovers. The new deal brings in such a large treasure trove

of Japanese music that the overall experience for these fans is sure to be

vastly enhanced.

NetEase Cloud Music CEO Zhu Yiwen, in his presentation accompanying the

announcement, explained that the Chinese market has developed an active

interest in and is witnessing a rapidly increasing demand for Japanese music

and this is what pushed the platform, in a move to satisfy that demand, to seek

out a Japanese partner that could assure access to a database of Japanese music

with proper copyright protections. According to usage data from the music

platform, there has been, what he termed, an explosive increase in the number

of times a Japanese song has been listening to, especially songs associated

with Japanese animation, comics and games (ACG), with the number of music

streams from Japan increasing 80% over the previous year, while ACG-related

music saw its streams soar a whopping 280%. Among these users, it is mainly the

youth segment that dominates, especially fans born after 1990, signaling a

major shift in the making in terms of China's music culture.

Zhu Yiwen added, in the future NetEase Cloud Music plans to diversify and

deepen its collaborations with Japanese entertainment firms including Avex, as

part of a long term plan to introduce more quality Japanese music to China and

to Chinese music fans.

SOURCE: NetEase Cloud Music

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中