人材育成のグローバルナレッジ、アジアのブランド名を TRAINOCATE に変更

トレノケート

2017/3/9 11:55

グローバルナレッジネットワーク株式会社の親会社であるGlobal Knowledge Asia Pte. Ltd. は、アジア市場や既存のITトレーニングに留まらない事業拡大を目指し、アジアのブランドをTRAINOCATE(トレノケート)へ、併せて会社名をTrainocate Holdings Pte. Ltd.に変更しました。

2017年3月9日

グローバルナレッジネットワーク株式会社

人材育成のグローバルナレッジ、アジアのブランド名を TRAINOCATE に変更

グローバルナレッジネットワーク株式会社の親会社であるGlobal Knowledge Asia Pte. Ltd. (本社:Singapore、代表取締役:Takashi Ozawa) は、アジア市場や既存のITトレーニングに留まらない事業拡大を目指し、アジアのブランドをTRAINOCATE(トレノケート)へ、併せて会社名をTrainocate Holdings Pte. Ltd.に変更しました。

トレノケートは、アジア7ヶ国で事業を展開するグローバルIT人材育成のリーディングカンパニーとしてこれまで以上のサービス品質の向上と規模の拡大を目指します。これまでは、米グローバルナレッジ社の商標を使用し、これまで日本国内及びアジアにてグローバルナレッジの名称で展開して参りましたが、ITの事業領域の拡大やアジアに留まらない企業拡大のためにブランドの変更が不可欠であると判断いたしました。

新しいブランド名である “TRAINOCATE” は「アジア発、世界へ」を旗印に ”Training” と “Advocate” を合わせた造語です。「トレーニング」分野の「先導者」としてこれまで以上に飛躍することを目指してアジアのメンバーを中心に考案しました。ロゴは世界最高峰であるエベレストをイメージし、アジアから出発し、世界の頂を目指すという志を表します。

なお、日本国内においては当面の間、グローバルナレッジネットワーク株式会社としての営業を継続し、年度内でのトレノケートブランドへの統一を予定しています。

■トレノケート代表 小澤 隆のコメント

米国グローバルナレッジとともにあった22年間は、私たちにとって大変素晴らしい経験でした。そして、チームの一員であるこれまでの立場と別れを告げ、2017年が私たちの再創出の年となることに非常に興奮しています。この新しいブランドとロゴは、人材育成事業そして、お客様の満足度に対する私たち独自の情熱を表現しています。

【Trainocate Holdings Pte. Ltd. 会社概要】

代 表 者 :  Takashi Ozawa

本社所在地 : 190 Middle Road #20-01/02/03/04, Fortune Centre Singapore 188979.

URL:  http://www.trainocate.com/

トレノケート社について

アジアにおいてITトレーニングプロバイダーとして知られ、アジアにおけるITトレーニングの分野で個人・法人双方を顧客に20年以上の業歴を誇り、規模としてもアジア最大を誇る。

【グローバルナレッジネットワーク株式会社 会社概要】

代表者:  小澤 隆

設立:   1995年12月6日

本社所在地:  東京都新宿区西新宿6丁目8番1号 住友不動産新宿オークタワー19~20階

事業内容:  IT 技術教育、ビジネススキル教育を中心とした人材育成業務

URL:   http://www.globalknowledge.co.jp/pr_rebr

【報道関係お問い合わせ】

グローバルナレッジネットワーク株式会社 サービス戦略本部 広報担当

TEL:  0120-009686

MAIL: PR@globalknowledge.co.jp 

Web:  https://www.globalknowledge.co.jp/gkinfo/form.aspx

* 掲載された社名、製品名は、各社の商標及び登録商標です。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中