Spread NetworksとSeabornが金融機関向けSeaSpeed(TM)販売で提携

Seaborn Networks

2017/5/9 10:11

Spread NetworksとSeabornが金融機関向けSeaSpeed(TM)販売で提携

AsiaNet 68444 (0667)

【ボストン2017年5月8日PR Newswire=共同通信JBN】

*ブラジル初の専用超低レイテンシー海底ルート

*Spread Networksはニュージャージー州カーテレットとブラジル・サンパウロのBM&Fボベスパ証券取引所との間の超低レイテンシー・チャネルの独占パートナー

大手海底光ファイバーケーブル・システム開発・オーナー・運営企業であるSeaborn Networksは8日、ニュージャージー州とサンパウロ州の間のSeabras-1に関し、Spread Networksが金融業界向け販売におけるSeabornの独占的チャネル(データ伝送路)パートナーであると発表した。これには、Seaborn独自の超低レイテンシー(ULL)ソリューションであるSeaSpeed(TM)の販売が含まれている。SeaSpeedはニュージャージー州カーテレットとブラジル・サンパウロのBM&Fボベスパ証券取引所との間の超低レイテンシー経路を提供する。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/508706/Seaborn_and_Spread_Networks_Logo.jpg

Spread Networksのダン・スパイビー創設者兼最高経営責任者(CEO)は「Seabornの最高品質のULLソリューションへのコミットメントの一端をになうことを非常に嬉しく思っている。当社はシカゴからニューヨークまでの最低レイテンシィー・ファイバー・プロバイダーとして、金融ユーザーに対し、米国とブラジルの金融センター間の最低レイテンシーで、マーケット・ツー・マーケットのデータ伝送サービスへのシームレスなチャネルを提供する独自の立場にある」と語った。

Seabras-1は、ニューヨーク都市圏とサンパウロ都市圏とを結ぶ唯一のダイレクトなポイント・ツー・ポイントの海底ケーブルシステムだ。Seabornは、Seabras-1の開発・オーナー・運営企業である。このシステムの開発は5年以上をかけて進められており、プロジェクト総額は5億2000万ドル超える。

Seabornのラリー・シュワルツ会長兼CEOは「当社とSpread Networksとの歴史的関係および彼らのULL分野でのリーダーシップを考え、当社はSpread Networksを米・ブラジル間で技術的に最先端の海底ケーブルのパートナーとして歓迎する。当社独自のSeaSpeed製品は、金融業界向けの特別の海底用設計を装備した最初のカーテレット・ボベスパULLソリューションである」と述べた。

Seabras-1の金融業界向けサービス開始は2017年7月となる。

▽Spread Networksについて

株式非公開の通信プロバイダーであるSpread Networksは、ニューヨークからシカゴへの最短ルートでのファイバーネットワークを構築し、レイテンシー、多様性、信頼性の新しい基準をうち立てた。Spread Networksは、ファイバーを介して本物の光速に可能な限り近い速度でデータを伝送することのできる最新鋭の多様で安全な光ファイバーネットワークを顧客に提供する。詳細はwww.spreadnetworks.com を参照。

▽問い合わせ先

media@spreadnetworks.com

▽Seaborn Networksについて

Seaborn Networksは、ニューヨークとサンパウロを結ぶSeabras-1(2017年6月サービス開始)および、サンパウロとブエノスアイレスを結ぶARBR(2018年第4四半期サービス開始予定)などの独立系の海底光ファイバーケーブル・システムの開発・オーナー・運営企業である。詳細はwww.seabornnetworks.com を参照。

▽問い合わせ先

kate.wilson@seabornnetworks.com

ソース:Seaborn Networks

Spread Networks And Seaborn Team Up To Provide SeaSpeed(TM): Brazil's First Dedicated Ultra-Low Latency Subsea Route

PR68444

BOSTON, May 8, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Spread Networks is exclusive channel partner for fastest route between

Carteret NJ and BM&F Bovespa

Seaborn Networks (Seaborn), a leading developer-owner-operator of submarine

fiber optic cable systems, announced today that Spread Networks is Seaborn's

exclusive channel partner for sales to the financial vertical on Seabras-1

between New Jersey and Sao Paulo. This includes sales of SeaSpeed(TM),

Seaborn's proprietary ultra-low latency (ULL) solution providing the lowest

latency path between Carteret, New Jersey and the BM&F Bovespa Stock Exchange

in Sao Paulo, Brazil.

Logo -

https://mma.prnewswire.com/media/508706/Seaborn_and_Spread_Networks_Logo.jpg

"We are very pleased to be a part of Seaborn's commitment to ULL solutions of

the highest quality," said Dan Spivey, Founder & CEO of Spread Networks. "As

the lowest latency fiber provider from Chicago to New York, we are uniquely

positioned to offer financial customers a seamless channel to the lowest

latency, market-to-market wave services between the financial centers of the US

and Brazil."

Seabras-1 is the only direct point to point submarine cable system between

metro New York and metro Sao Paulo. Seaborn is the developer-owner-operator of

Seabras-1. The system was in development for more than five years, with a total

project cost of more than US$520 million.

"Given our historical relationships with Spread Networks and their leadership

role in the ULL sector, we welcome them as our partner on the most

technologically advanced submarine cable between the US and Brazil," said Larry

Schwartz, Chairman & CEO of Seaborn. "Our proprietary SeaSpeed product is the

first Carteret-Bovespa ULL solution with an intentional subsea design for the

financial industry."

Circuits will be activated on Seabras-1 for the financial industry in July 2017.

About Spread Networks

Spread Networks, a privately-owned telecommunications provider, built a fiber

network on the shortest possible route from New York to Chicago to set a new

standard for latency, diversity and reliability. Spread Networks provides its

customers with a state-of-the-art diverse and secure fiber optic network to

allow data to run as close as possible to the true speed of light through fiber.

www.spreadnetworks.com

Contact: media@spreadnetworks.com

About Seaborn Networks

Seaborn Networks is the leading developer-owner-operator of independent

submarine fiber optic cable systems, including Seabras-1 between New York and

Sao Paulo (ready-for-service June 2017), and ARBR between Sao Paulo and Buenos

Aires (projected ready-for-service Q4 2018).  

www.seabornnetworks.com

Contact: kate.wilson@seabornnetworks.com

SOURCE: Seaborn Networks

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中