GSTにおける支払いプロセスを理解

ニーラジバガト&カンパニー(Neeraj Bhagat & Co.)

2017/5/23 14:27

GSTにおける支払いプロセスを理解

AsiaNet 68671

ニューデリー(インド)、2017年5月23日/PRニュースワイヤー/ --

「物品サービス税は、課税対象サプライチェーンに関わる全てのエンティティーの統合ネットワークを作り出すだけでなく、インドのビジネスを大きくデジタル化することが期待されます。現在のインドのビジネスの方法を変えるのです」と公認会計事務所、ニーラジバガト&カンパニー(Neeraj Bhagat & Co.)間接税担当重役のマノジ・ヤダブは語りました。

物品サービス税ネットワーク(GSTN:Goods and Services Tax Network)は、インドにおけるGST実施のITインフラ提供を目的として設立されました。

従って諸条件は、すべての申告書をGSTポータルのみで作成することを義務付けるGST法に沿って作られました。

政府は、税金納付のモデルGST法(Model GST law)に含まれる重要な条項をいくつか公開しました。

電子納税レジスター

GST法では、全登録課税対象者はGSTポータルの所定の様式GST PMT-1(FORM GST PMT-1)で電子形式の電子納税レジスターを持たなければなりません。GSTで支払う全額がこのレジスターから引き落とされます。

会計処理

モデルGST法では、上記の納税がすべて電子貸方元帳(Electronic Credit Ledger)または電子現金元帳(Electronic Cash Ledger)の借方に記入され、電子納税レジスター(Electronic Tax Liability register)から引き落とされるようになっています。

電子貸方元帳

全登録納税者は、GSTポータルの様式GST PMT-2(FORM GST PMT-2)に電子貸方元帳を持たなければなりません。GST法における仕入れ税額(Input Tax Credit)控除は、すべてこの元帳のみに入金されます。

電子現金元帳

電子貸方元帳は、GST法において全登録納税者がGSTコモンポータル上に持たなければならないもう一つのアカウントです。この様式は預入金額を貸方に入れ、そこから税金、利子、罰金、その他の金額の支払いを借り方に入れる様式GST PMT-3(FORM GST PMT-3)に持っていなくてはなりません。

この預け入れは、さまざまな方法で行えます:

https://neerajbhagat.com/pdf/GST- Payments- Edition 8.pdf

コモンポータルで作成した様式GST PMT-4(FORM GST PMT-4)のフォームは、15日間有効です。

著者について

マノジ・ヤダブは、世界中の多国籍企業に仕えるインドの公認会計事務所、ニーラジバガト&カンパニーの間接税担当重役です。ニーラジバガト&カンパニーは、ニューデリー、グルガオン、ムンバイに事務所を置いています。世界の会計学会でトップ10に入るアリニアル・グローバル会計学会(Allinial Global Accounting Association)に所属しています。

更なる情報は、こちらから:http://www.neerajbhagat.com/

情報源:ニーラジバガト&カンパニー

(日本語リリース:クライアント提供)

Understanding the Payment Process Under GST

PR68671

NEW DELHI, May 23, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

"Goods and Services Tax will not only create a unified network of all the

entities involved in a taxable supply chain, but it is also expected to

digitize business in India to a great extent. It is going to change how India

does business today," said Manoj Yadav, Director-Indirect Tax at Neeraj Bhagat

& Co., Chartered Accountants.

Goods and Services Tax Network (GSTN) has been set up with the objective of

providing IT infrastructure for GST implementation in India.

Accordingly, provisions have been made in GST law which requires filing of all

returns under GST through GST Portal only.

Government has brought forward some of the key provisions as contained under

Model GST law for making payment of taxes.

Electronic Tax Liability Register

Under GST law, every registered taxable person is required to maintain an

electronic tax liability register in the prescribed FORM GST PMT-1 on GST

portal in an electronic format. All amount payable under GST will be debited

from this register.

Accounting Treatment

Model GST law requires that any of the above-mentioned payment has to be made

by way of debiting the Electronic Credit Ledger or Electronic Cash Ledger and

crediting the Electronic Tax Liability register.

Electronic Credit Ledger

Every registered taxable person is required to maintain Electronic Credit

Ledger in FORM GST PMT-2 on GST portal. Every claim of Input Tax Credit under

GST law will be credited in this ledger only.

Electronic Cash Ledger

Electronic Cash Ledger is another account that every registered taxable person

under GST law is required to maintain on GST common portal. This form is

required to be maintained in FORM GST PMT-3 for crediting the amount deposited

and debiting the payment therefrom toward tax, interest, penalty fee or any

other amount.

This deposit can be made by various modes:

https://neerajbhagat.com/pdf/GST-%20Payments-%20Edition%208.pdf

The challan in FORM GST PMT-4 generated at the common portal shall be valid for

a period of 15 days.

About the Author:

Manoj Yadav is the Director - Indirect Taxation with Neeraj Bhagat & Co, an

Indian Chartered Accountancy firm serving various MNCs from across the globe.

Neeraj Bhagat & Co. has its offices at New Delhi, Gurgaon and Mumbai. They are

part of Allinial Global Accounting Association which is one of the world's Top

10 in accounting associations.

For more information please log on to: http://www.neerajbhagat.com.

SOURCE: Neeraj Bhagat & Co

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中