UlmartがSPIEF 2017でIoTの利点とリスクの議論をリード

Ulmart

2017/6/12 15:14

UlmartがSPIEF 2017でIoTの利点とリスクの議論をリード

AsiaNet 68886 (0870)

【サンクトペテルブルク(ロシア)2017年6月10日PR Newswire=共同通信JBN】

*消費者教育が成功へのカギ

ロシア最大のオンライン小売企業であるUlmartはこのほど、サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(St. Petersburg International Economic Forum、SPIEF)に多数の国内外の専門家を集め、今日のテクノロジー界で最もホットなコンセプトの1つであるインターネット・オブ・シングス(IoT)をすべての市場参加者の利益のために効果的に機能させる方法について議論した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151015/277241LOGO

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521807/SPIEF_17_IOT_Ulmart_1.jpg

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521808/SPIEF_17_IOT_Ulmart_2.jpg

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521809/SPIEF_Dmitry_Kostygin.jpg

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521810/SPIEF_Mike_Butcher.jpg

Ulmartとロスコングレス基金(Roscongress Foundation)が主催し、TechCrunchの編集長であるマイク・ブッチャー氏がモデレーターを務める特別セッション「The Internet of Things:Overcoming Obstacles(インターネット・オブ・シングス:障害の克服)」のパネリストたちは、製品の相互接続がすぐにわれわれの日常生活と世界経済の不可欠な部分になることに同意した。しかし、彼らはIoTが繁栄し、消費者やビジネスに恩恵を与えることを妨げる可能性のある多くの障害が存在することを認めた。

▽好機

Ulmartのドミトリー・コスイギン取締役会長は「IoTが、それ自身のリスクと利益を備えた未来であることは間違いない。われわれは今日、非デジタル化されたアイテムが次第に少なくなるにつれて、このコンセプトを『Things of Internet(シングズ・オブ・インターネット)』と呼ぶことができる。Ulmartは、ロシアのデジタル革命のパイオニアの1つであり、同国の電子商取引(eコマース)部門のマーケットリーダーとして、大きな機会は厳しい責任を伴うことを理解している。テクノロジーは、それを管理するために必要となる法的および道徳的な枠組みよりも速く進化しており、われわれはさらなる成長の可能性に焦点を当てる一方で、消費者保護のためビッグデータなどのツールを効果的に使用する必要がある」とコメントした。

マッキンゼー・アンド・カンパニーでロシアにおけるテレコム・メディア・テクノロジープラクティス部門を率いるパートナーのウラジーミル・チェルナフスキー氏は「10年後、IoTは、商業セグメントがその価値の3分の2を占めている中国経済の規模となる市場を創出するかもしれない」と述べた。

ER-Telecom Holdingの社長兼会長で取締役会メンバーであるアンドレイ・クイジエフ氏は「IoTはシングズのコミュニケーションだけではない。それを大きく越えている。情報の収集と保管を保証するテクノロジーとプラットフォームを組み合わせている。単にテクノロジーを顧客のニーズに合わせるだけで、特定の標準が開発されるのを待つことなくIoTを開発することは現実的である」と語った。

ThetaRayのマーク・ガジット最高経営責任者(CEO)は「デバイスは高速かつスマートであり、人工知能(AI)が急速に発展しているため、デバイスが独自のプロトコルと言語を創り出す可能性がある」と述べた。

▽障害

サイバーセキュリティー、規制、消費者教育の欠如は、IoTの成功のための重要な課題と指摘された。パネリストによると、モノの円滑な統合と相互接続を確実にするために、多くのテクノロジー上、運用上の障壁も取り除く必要がある。

マイク・ブッチャー氏は「機会がリスクよりも大きいことが多いため、人々はインターネット、ソーシャルメディア、電子決済システムをハッカーからの攻撃を懸念しないで使用している。人々にサイバーセキュリティーについて教えはじめることが重要である。デバイス同士が話し始める時、脆弱性はデバイスにはない。それを使用する人間にあるのだ」と指摘した。

Ulmartのブライアン・キーン最高国際責任者(CIO)は「IoTを取り巻く道徳的かつ法的な問題は、いま2017年にはそれほど明白に見えないかもしれないが、今後5-7年にわれわれはIoTにどっぷりつかってしまうため、対応は手遅れとなる。われわれはこれらの質問を行うことにより、少なくともいま、それを始めなければならない」とコメントした。

中東・アフリカ・ロシア・トルコでアクセンチュアのストラテジー部門を率いるマネジングディレクター、イルムガルト・グラスマチャー氏は「データの安全性、サイバー攻撃、コミュニケーションのプライバシーに関連する問題が存在するが、潜在的なリスクについては消費者には必ずしも知らされていない」と語った。

ウラジーミル・チェルナフスキー氏は「ビッグデータを適切に分析して使用することが重要であり、デバイスの技術的な互換性を確保して、IoTの可能性を最大限に発揮させることが重要である。デバイスは互いに同じ言語を話すことができる必要がある」とコメントした。

BTC-ECHOのスベン・ワーゲンクネヒト編集長は「インターネットシステムのユーザーとして、私はそのようなシステムに自分のデータを提供し、もはやそれを制御することができなくなった。学校時代からサイバーセキュリティーと新しいテクノロジーについて教える必要がある」と述べた。

アンドレイ・クイジエフ氏は「私は、進化だけが適切なレベルのサイバーセキュリティーを提供するのに役立つと信じている。過度の規制はIoTの発展を妨げる可能性があるため、セキュリティーと進歩の適切なバランスを確保することが重要だ。人間とコンピューターは、互いに効果的なコミュニケーションを行うように訓練される必要がある」と語った。

▽Ulmartについて

Ulmartはeコマースに特化したロシア最大の民間インターネット企業である。2008年創業で、本社はサンクトペテルブルクにある。Ulmartはロシア全土の240を超える都市や町に450以上のインフラ施設(発送センターと集荷ポイント)を展開している。

http://www.ulmart.ru

▽問い合わせ先

Brian Kean

Chief International Officer

+7-812-336-37-77 ext. 4575

ソース:Ulmart

Ulmart Leads Discussion on Benefits and Risks of Internet of Things at SPIEF 2017

PR68886

ST PETERSBURG, Russia, June 10, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/--

                 Consumer education is key to success  

    Ulmart, Russia's leading online retailer, has brought together a number of

top international and Russian experts at the St. Petersburg International

Economic Forum (SPIEF) to discuss ways of how to make the Internet of Things

(IoT), one of the hottest concepts of today's tech world, work effectively for

the benefit of all market participants.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151015/277241LOGO )

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521807/SPIEF_17_IOT_Ulmart_1.jpg )

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521808/SPIEF_17_IOT_Ulmart_2.jpg )

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521809/SPIEF_Dmitry_Kostygin.jpg )

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521810/SPIEF_Mike_Butcher.jpg )

    The panellists of 'Internet of Things: Overcoming Obstacles', a designated

session organised by Ulmart and the Roscongress Foundation and moderated by

Mike Butcher, Editor-at-Large of TechCrunch, agreed that the interconnection of

products will soon become an integral part of our daily lives and the global

economy. However, they admitted that there are a number of obstacles that may

prevent the Internet of Things from flourishing and benefiting the consumer and

businesses alike.

    Opportunities:

    Dmitry Kostygin, Chairman of the Board of Directors of Ulmart, commented:

"It is no doubt that the Internet of Things is the future, with its own risks

and benefits. We can call the concept the 'Things of Internet' as fewer and

fewer items remain non-digitalized nowadays.  Ulmart as one of the pioneers of

the digital revolution in Russia and a market leader in the country's

e-commerce sector understands that with vast opportunity comes strict

responsibility. Technology is evolving faster than any legal and moral

frameworks that would be required to manage it, and we need to be able to use

Big Data and other tools effectively to protect the consumer while focusing on

further growth potential."

    "In ten years the Internet of Things may create a market that would be the

size of China's economy, with the commercial segment accounting for two thirds

of its value." said Vladimir Cernavskis, Partner, Head of Telecom, Media and

Technology Practice in Russia, McKinsey & Company.  

    "The Internet of Things is much more than just the communication of things.

It combines technology and platforms that ensure the collection and storage of

information. It is realistic to develop the Internet of Things without waiting

for a specific standard to be developed, simply by adjusting technology to

customer needs," said Andrey Kuzyaev, President and Chairman of the Management

Board, Member of the Board of Directors, ER-Telecom Holding.

    "Devices are fast and smart, and artificial intelligence is developing

quickly, so it is possible that devices will create their own protocol and

language," commented Mark Gazit, CEO of ThetaRay.

    Obstacles:  

    Cybersecurity, regulation and lack of consumer education were named the key

challenges for the successful growth of the IoT.  A number of technological and

operational barriers will also need to be eliminated to ensure smooth

integration and interconnection of things, according to the panelists.

    "People use the Internet, social media and electronic payment systems

without the fear of a hacker attack because the opportunities are often greater

than the risks. It is important to start educating people about cybersecurity.

When devices start talking to each other, the vulnerability is not in the

devices, it's with the human beings that use them," noted Mike Butcher.

    "The moral and legal issues revolving around the IoT perhaps don't seem so

obvious today, in 2017, but in the next five-seven years we will be so deep

into the IoT that it will be too late to act. We must at least begin now by

asking these questions," commented Brian Kean, Chief International Officer of

Ulmart.

    "There are issues related to the security of data, cyberattacks and privacy

of communication, while the consumer is not necessarily informed of potential

risks," said Irmgard Glasmacher, Managing Director, Lead of Accenture Strategy

in Middle East, Africa, Russia, Turkey.

    "It is important to be able to properly analyze and use Big Data, as well

as ensuring the technical compatibility of devices to develop the full

potential of the Internet of Things," commented Vladimir Cernavskis. "Devices

need to be able to speak the same language with each other."

    "As a user of Internet systems, I provide my data to such systems and am no

longer able to control it. People need to be educated about cybersecurity and

new technology as early as at school," said Sven Wagenknecht, Editor-in-Chief,

BTC-ECHO.

    "I believe that only evolution will help provide an adequate level of

cybersecurity," said Andrey Kuzyaev. "Excessive regulation can stop the

Internet of Things from developing,  therefore ensuring proper balance between

security and progress is key. Humans and computers need to be trained to

communicate effectively with each other."

    About ULMART  

    Ulmart is Russia's largest privately held Internet company specializing in

e-commerce. The company was founded in 2008, and its headquarters are located

in St. Petersburg. Ulmart has over 450 infrastructure facilities (fulfilment

centres and pick-up points) in more than 240 cities and towns across Russia.

    http://www.ulmart.ru

    Contact: Brian Kean

             Chief International Officer

             Ulmart

             +7-812-336-37-77 ext. 4575

     Source: Ulmart

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中