Napapijriの2017年秋冬コレクション、イノベーションと動物愛護を融合

Napapijri

2017/6/12 18:00

Napapijriの2017年秋冬コレクション、イノベーションと動物愛護を融合

AsiaNet 68887 (0876)

【スタビオ(スイス)2017年6月12日PR Newswire=共同通信JBN】

*革新的なSuperlight Skidooが目玉の新コレクションはダウンも毛皮も100%不使用

何年もの間ノルウェー国旗のデザインで知られてきたこのブランドは、動物愛護への継続的なコミットメントを示した。革新的なSuperlight Skidooを含むNapapijri(ナパピリ)の2017年秋冬コレクションはダウン・毛皮とも100%不使用である。

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521829/Napapijri_FW17.jpg

ダウンも毛皮もまったく使わない新たな軽量ジャケットであるSuperlight SkidooでNapapijriは持続可能なデザインを新たなレベルへと引き上げた。このパーカは「Make it Better(より良いものに)」理念の価値観を具現化する2年におよぶ経験の集大成である。この理念は、世界に有意義な貢献をしながら消費者の生活を改善するソリューションを実現するために、製品革新に前向きである。

これは持続可能性と自然への敬意というテーマが現在もこれからもNapapijriの戦略であることの単なる追加的な証拠であり、その戦略は環境保護につながるプロジェクトによって常に当社を差別化してきた。

1987年の創立以来、Napapijriは「Make it Better」計画の一環として、世界にポジティブな影響を与える製品革新を行ってきた。このマインドセットはNapapijriのDNAに根ざすもので、Napapijriのすべての活動の中核となっている。

2012年、Napapijriの毛皮不使用を目指す長い旅が始まった。Napapijriはまず子供向け衣料に毛皮を使用しないことを決め、段階的にアライグマの毛皮の使用を停止した。Napapijriが毛皮の使用を継続的に監視し、高品質な製品水準を保ちながら消費者の期待に応えるエコファー(フェイクファー)での代替品を検討したことにより「Make it Better」理念はより明白な現実となった。旅の物語のターニングポイントとなったのは、リアルファーを最先端の革新的なエコファー・カネカロン(R)繊維に置き換えたことだ。

2015年には、毛皮不使用のアプローチから得た教訓を実践し、また「Make it Better」への強いコミットメントを維持してNapapijriはダウン不使用の旅に出た。製品革新によってNapapijriはThermo-Fibre(TM)というダウン不使用の代替断熱素材を開発した。この素材はまずNapapijriの2015年秋冬アウターウエアコレクションで採用、続く2016年秋冬コレクションでは全面採用され、Napapijriは製品の99%でダウン不使用を達成した。今日、2017年秋冬コレクションは100%ダウン不使用である。このことは持続可能性のサクセスストーリーであったのみならずビジネスの成功譚でもあった。大きな商業的インパクトを与えた上、Napapijriの動物愛護と製品革新へのコミットメントを消費者が支持していることを証明した。

このコンセプトはSuperlight Skidooで最大限に活かされている。このパーカはNapapijriの平均的なウインターパーカより1キログラム(2ポンド)軽量で、美しさを超えた革新を追及し機能性を統合している。

毛皮とダウンを使用しないというNapapijriの戦略的選択は最近発表されたVFコーポレーション(VF Corporation、NYSE: VFC)のAnimal Welfare Policyにより支持されている。

Napapijriブランドのキャシー・ハインズ副社長(マーケティング、eコマースおよび戦略VF Corp担当)は「Napapijriは動物愛護問題には敏感で、適宜われわれの慣行と製品を適応させ、常に製品を改良し革新したいと考えている。われわれは2017年秋冬コレクションがダウンと毛皮100%不使用であることを発表でき誇りに思う。今後Napapijriは環境への影響を減らす素材と製造法の研究を続ける。われわれの製品が「Make it better」の価値感を確実に反映するものであるよう、継続的に製造慣行と理念を改善し続けることに専心する」と述べた。

▽メディア問い合わせ先

Gene Chui

Present Agency

140 Shoreditch High Street

London, E1 6JE

+44(0)20-7608-9100

gene@presentagency.com

ソース:Napapijri

Napapijri FW17 Merges Innovation and Animal Welfare

PR68887

STABIO, Switzerland, June 12 /PRNewswire=KYODO JBN/--

The new collection featuring the innovative Superlight Skidoo, is 100% down and

fur free.   

The label, which for years has been identified by the Norwegian flag, expresses

its continuous commitment to animal welfare. Napapijri's FW17 collection, which

includes the innovative Superlight Skidoo, is 100% down and fur free.

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/521829/Napapijri_FW17.jpg )

With the Superlight Skidoo, a new lightweight jacket featuring both down & fur

free innovations, Napapijri has taken sustainable design to the next level. The

Parka is the culmination of 2 years of experience embodying the values of the

"Make it Better" philosophy. This mindset embraces product innovation to enable

solutions that improve consumers' lives, while making a meaningful contribution

to the world.

This is just additional proof that the themes of sustainability and respect for

nature are, and continue to be, strategic for Napapijri, which has always

distinguished itself by its projects linked to the protection of the

environment.

Since its founding in 1987, Napapijri has embraced - as part of the 'Make it

Better' program - product innovations which positively impact our world. This

mindset is rooted in Napapijri's DNA and is at the center of everything

Napapijri does.

Back in 2012, Napapijri began its long journey towards becoming fur free.

Napapijri first decided not to use fur in its children's garments and then

decided to phase out raccoon dog fur. The "Make it Better" philosophy became an

even more tangible reality, with Napapijri continuing to monitor its use of fur

and looking at eco-fur alternatives which maintain a high-quality product

standard and meet consumers' expectations. A key turning point in the story

came with the replacement of real fur with a cutting-edge innovative Eco-Fur

Kanecaron(R) fibers.

In 2015, implementing lessons learned from the fur free approach and remaining

strongly committed to "Make it Better", Napapijri began its journey to become

down free. Through product innovation, Napapijri developed a down free

insulation replacement called Thermo-Fibre(TM). This was initially introduced in

Napapijri's FW15 outerwear collection before being rolled out across the FW16

collection - making 99% of Napapijri products down free. Today, the FW17

collection is 100% down free. This was not only a sustainability success story,

but also a business one; delivering significant commercial impact and proving

that consumers stand behind Napapijri's commitments on animal welfare and its

product innovations.

These concepts find maximum expression in the Superlight Skidoo. The parka -

which is 1 kilogram (or 2 pounds) lighter than Napapijri's average winter parka

seeks innovation beyond aesthetic and integrates functionality.

Napapijri's strategic choice to phase out fur and down is supported by VF

Corporation's (NYSE: VFC) Animal Welfare Policy recently released.

Kathy Hines, Vice President Marketing, E-Commerce and Strategy VF Corp,

Napapijri Brand: "At Napapijri, we are sensitive towards animal welfare issues,

we are adapting our practices and products accordingly and we are always

looking to innovate and make our products better. We are very proud to announce

that our FW17 is 100% down and fur free. In coming years, Napapijri will

continue to research materials and production methods which decrease our

environmental impact. We are dedicated to continually improving our production

practices and policies in order to ensure that our products reflect our 'Make

it better' value."

Press contact:

Gene Chui

Present Agency

140 Shoreditch High Street, London, E1 6JE

P: +44(0)20-7608-9100

gene@presentagency.com

SOURCE: Napapijri

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中