程よいプライバシーとチラリズム。友達以上恋人未満な二人のための独自構造採用「Hテント」発売。

ビーズ株式会社

2017/6/15 12:30

2017/06/15

ビーズ株式会社

程よいプライバシーとチラリズム。

友達以上恋人未満な二人のための独自構造採用「Hテント」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」は2017年6月15日、H型の構造のテント「Hテント T2-529」を発売します。

「友達以上恋人未満」な二人でも一緒に泊まれるテント「Hテント」発売。

<コンセプト>

 この製品のコンセプトは「友達以上恋人未満」な二人でも一緒に泊まれるテント。 同じ空間で過ごしたいけれど、ある程度のプライバシーも必要、という人間関係において、キャンプの際にテントをどうするのかという問題が浮かびます。 別々にテントを張るか、思い切って二人同じテントに泊まるか。 その問題を円満に解決する新たな選択肢として、DOPPELGANGER OUTDOOR(R)は「Hテント」を提案します。

入り口も寝室スペース部分に1つずつと、共有スペースに1つの計3つ備えています。

<製品特長>

名前の通りH型になる「Hテント」は、そのコンセプトはさておき、高い実用性を備えた製品です。 両サイドにそれぞれ一人分の寝室スペースが確保されており、その間を共有スペースが繋ぐ独自構造を採用。 共有スペースは小さなリビングとして活用したり、荷物を置いてよりプライバシーを高めたりすることも可能です。 入り口も寝室スペース部分に1つずつと、共有スペースに1つの計3つ備えているため、それぞれの空間に簡単にアクセスできます。

寝室スペースはそれぞれ独立しており、就寝時はプライベートな空間を確保することができます。

 寝室スペースの独立により、先に寝た相手を光や音で起こさずに済む、寝相が悪くて相手に迷惑をかけずに済む、寝顔が見られずに済む、といった老若男女を問わないメリットもあります。

 ワンタッチ構造を採用しており、難しいポールの差し込みなどはありません。 骨組みを立ち上げた後はペグを打って固定するだけで設営が完了します。 収納もコンパクトになり、専用のバッグにしまえば直径20×65cmほどのサイズになります。

直径20×65cmほどの付属キャリーバッグに収納でき、持ち運びも楽ラクです。

<開発裏話>

 「Hテント」の開発者は、これまでにカップル向けのワンタッチテント「カップルテント」や、星空を眺めながら眠れるテント「ほしぞらテント」(現在は両製品とも販売終了)を企画してきた20代独身男性。 「Hだけどエッチじゃない」をテーマに、世の微妙な関係の二人がキャンプを通して良い関係を作れるようお手伝いをしたいと、社内で若干冷たい視線を浴びながら「Hテント」の開発を進めました。

手を伸ばしたら届くか届かないかの絶妙な距離感が楽しめます。

<製品概要>

【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)

【製品名】Hテント

【型番:カラー】T2-529:ピンク

【サイズ】組立時外寸:(約)W2600×D2400×H850mm

     収納時:(約)W200×D200×H650mm

【重量】(約)4.4kg

【最低耐水圧】アウター:2000mm、フロア:5000mmmm

【材質】テント生地:ポリエステル、ポール:グラスファイバー

【付属品】ペグ、ストームロープ、取扱説明書、専用キャリーバッグ

【希望小売価格】オープン価格(税別参考:18,000円)

【製品ページ】http://www.doppelganger-sports.jp/product/t2_529/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

「友達以上恋人未満」な二人でも一緒に泊まれるテント「Hテント」発売。

【製品の全容画像-1】テント本体。

【製品の全容画像-2】キャリーバッグに収納した状態。

寝室スペースはそれぞれ独立しており、就寝時はプライベートな空間を確保することができます。

伸び伸びとくつろげる寝室スペース。

絶妙な距離感でコンタクトが取れる共有スペース。

入り口も寝室スペース部分に1つずつと、共有スペースに1つの計3つ備えています。

2人の距離が縮まれば、こんな感じで楽しめます。

【設営方法-1】テント本体を平らな地面に広げ、ポール各部を伸ばします。

【設営方法-2】テント上部のロープを引き上げ、上下のジョイントをしっかり固定します。

【設営方法-3】テント足部にボトムポールを設置し、固定します。

【設営方法-4】ペグを打ち込み完成です。

手を伸ばしたら届くか届かないかの絶妙な距離感が楽しめます。

直径20×65cmほどの付属キャリーバッグに収納でき、持ち運びも楽ラクです。

結露防止のため、テントの前後にはベンチレーションが搭載されています。

突然の雨など、天候や状況に応じて使用できるトップシートを標準装備。

耐久性の高いグラスファイバー製の折りたたみポールを採用、ロック機構付きで確実な固定が可能です。

高さが非常に低いため、開けたキャンプサイトであっても風の影響を受けにくい構造です。

小物を入れるのに最適なインナーポケットがついています。

各部屋の天井にはランタンフックがついています。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース