グローバル・イノベーション・インデックス2017

World Intellectual Property Organization (WIPO)

2017/6/15 17:06

グローバル・イノベーション・インデックス2017

AsiaNet 68951

ジュネーブ(スイス)、2017年6月15日 - コーネル大学、欧州経営大学院(INSEAD)、世界知的所有権機関(WIPO:World Intellectual Property Organization)が本日発表したグローバル・イノベーション・インデックス(GII)では、スイス、スウェーデン、オランダ、米国、英国が2017年度のランキング上位を占めた一方で、新興国ではインドやケニア、ベトナムがランクインしました。

今回の調査では、インドがアジアの技術革新の中心であり、アフリカ地域ではサハラ以南の技術革新が著しい一方で、中南米地域やカリブ海地域での開発や技術革新機会が遅れていることが浮き彫りとなりました。

毎年、GIIは特許登録検数や教育への公的支出など、130カ国を超える国や地域をさまざまな指標に基づき評価し、急速な経済成長や社会発展を促す技術革新活動の概要を政策立案者に伝えています。GIIの新セクション「技術革新ホットスポット」では、国際特許の出願が最も多い地域がすぐに分かるようになっています。

第10版となる2017年度のGII(GII 2017)では、先進国と新興国の技術革新能力には依然として差があり、官民いずれの部門も研究開発(R&D)の成長率が低調であることを指摘しています。  

WIPOのフランシス・ガリ事務局長は、「世界経済はナレッジベースの重要性が急速に進んでおり、技術革新は経済成長を牽引しますが、人間の創造性や経済生産性を向上するためには、より多くの投資をする必要があります。技術革新は現在の好景気を長期成長へと変える力があります。」と言います。

2017年度、スイスは7年連続で首位を維持し、第22位につけた中国を除き、トップ25には24の高所得国が名を連ねました。2016年度には、中所得国として初めて中国がトップ25にランクインしました。

中所得国および低所得国では、その技術水準から予測されるよりも非常に高い技術革新が行われています。本年度は、昨年度をやや上回る17国が「優れた技術革新を達成した国」と評価されました。その中では、ケニアやルワンダなど、サハラ以南のアフリカ地域から9カ国、東欧諸国から3カ国が名を連ねました。

技術革新が著しい中国や日本、韓国に続き、インドネシアやマレーシア、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナムなどのアジア諸国がそれぞれの技術革新環境を整備するために積極的に取り組んでおり、教育や研究開発、生産性の伸び、ハイテク製品輸出高など、複数の主要指標で高いランクにつけています。

http://www.wipo.int/pressroom/en/documents/gii_2017_pr-808-j.pdf

(日本語リリース:クライアント提供)

WIPO: Global Innovation Index 2017 - Switzerland, Sweden, Netherlands, USA, UK Top Annual Ranking

PR68951

GENEVA, June 15, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Switzerland, Sweden, the Netherlands, the USA and the UK are the world's

most-innovative countries, while a group of nations including India, Kenya, and

Viet Nam are outperforming their development-level peers, according to the

Global Innovation Index 2017 co-authored by Cornell University, INSEAD and the

World Intellectual Property Organization (WIPO).

    Key findings show the rise of India as an emerging innovation center in

Asia, high innovation performance in Sub-Saharan Africa relative to development

and an opportunity to improve innovation capacity in Latin America and the

Caribbean.

    Each year, the GII surveys some 130 economies using dozens of metrics, from

patent filings to education spending providing decision makers a high-level

look at the innovative activity that increasingly drives economic and social

growth. In a new feature for the GII, a special section looks at "invention

hotspots" around the globe that show the highest density of inventors listed in

international patent applications.

    Now in its tenth edition, the GII 2017 notes a continued gap in innovative

capacity between developed and developing nations and lackluster growth rates

for research and development (R&D) activities, both at the government and

corporate levels.

    "Innovation is the engine of economic growth in an increasingly

knowledge-based global economy, but more investment is needed to help boost

human creativity and economic output, " said WIPO Director General Francis

Gurry. "Innovation can help transform the current economic upswing into

longer-term growth."

    In 2017, Switzerland leads the rankings for the seventh consecutive year,

with high-income economies taking 24 of the top 25 spots - China is the

exception at 22. In 2016, China became the first-ever middle income economy in

the top 25.

    A group of middle and lower-income economies perform significantly better

on innovation than their current level of development would predict: A total of

17 economies comprise these 'innovation achievers' this year, a slight increase

from 2016. In total, nine come from the Sub-Saharan Africa region, including

Kenya and Rwanda, and three economies come from Eastern Europe.

    Next to innovation powerhouses such as China, Japan, and the Republic of

Korea, a group of Asian economies including Indonesia, Malaysia, Singapore,

Thailand, the Philippines and Viet Nam are actively working to improve their

innovation ecosystems and rank high in a number of important indicators related

to education, R&D, productivity growth, high-tech exports, among others.

http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2017/article_0006.html

SOURCE:  World Intellectual Property Organization (WIPO)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中