SCALITYがオープンソース・ソフトウェアZENKOをリリース マルチクラウド環境でデータ管理を保証

スキャリティ (Scality)

2017/7/12 11:16

SCALITYがオープンソース・ソフトウェアZENKOをリリース  マルチクラウド環境でデータ管理を保証

AsiaNet 69278

Zenko マルチクラウド データコントローラーは、 非構造化データを管理しつつ

プライベートとパブリックのクラウド・ストレージの効率性とスケールを最大化します

当資料は、米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です

サンフランシスコ、カリフォルニア州, 2017年7月12日 /PRNewsiwre/ -- オブジェクトとクラウド・ストレージ分野の世界的リーダー企業Scality(http://www.scality.com/ )は、本日、オープンソースのScality Zenko マルチクラウド データコントローラーを発表します。 この新登場のソリューションは、無料で使用でき、開発者用アプリケーションに埋め込まれ、マルチクラウド・ストレージの新たな世界を開きます。

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/519854/Scality_Logo.jpg

Zenkoは、複数のクラウドに対する証明されたAmazon S3 API実装に基づき統一インターフェースを提供します。これにより、情報をそれぞれのネイティブ・フォーマットで格納しつつ、あらゆるクラウドを同じAPIおよびアクセスレイヤで処理することができます。たとえば、あらゆるAmazon S3対応アプリケーションで、一切の変更を行わずにAzure Blobストレージをサポートすることができます。ScalityがZenkoに追求したヴィジョンは、重要なビジネス資産を保護するため、データ管理のコントロールを強化し、シンプルなビジネス・デスクリプタにより、大量のデータセットを簡単にサブセット化するメタデータ検索を追加することです。

ScalityのGiorgio Regni CTOは、「全ての人々にとって、データ管理が可能であるべきです。」と述べています。「Zenkoの目指すものはシンプルです。開発者にコントロールと自由をもたらし、新世代のマルチクラウド・アプリケーションを生み出すことです。私たちは、このヴィジョンに参加し、寄与することを望むすべての人々を歓迎します。」

「Scalityは、Zenkoによって、あらゆる規模の企業がより迅速かつコスト効果の高い方法で何千ものアプリケーションをMicrosoft Azure Cloud内で実装し、数々のアドバンスドサービスを最大限に活用することを一層容易にします。」と、Microsoft社のAzureオブジェクトストレージ責任者のJurgen Willis氏は述べています。「Zenkoを使用することで、Azure Blobストレージのネイティブ・フォーマットでデータを格納でき、Azure Cloudにおいて最大限の安定性を保ちつつ簡単に処理することができます。」

Zenkoは、Amazon S3 APIのオープンソース実装、Scality S3サーバーの成功を基に、企業として成長してきました。同製品は、2016年6月の発売以来、DockerHubで600,000以上のプルを達成しています。Scalityは、あらゆる開発者が開発においてZenkoを使用し拡張できるように、Apache 2.0ライセンスの下この新たなコードをオープンソース・コミュニティーに開放します。

Zenkoマルチクラウドデータコントローラーは、Scality S3サーバーを拡張し以下を含みます:

・S3 API – 単独のAPIセットとあらゆるクラウドに対する360°のアクセスを提供します。 開発者は、あらゆるクラウドをいつでも使用できるように、抽象化レイヤを求めます。Scality Zenkoは、Amazon S3 APIを使用し、オンプレミス、パブリッククラウドサービスを問わず、マルチクラウド・バックエンドデータ・ストレージをサポートする単体の統一インターフェースを提供します。Zenkoは、現在、Microsoft Azure Blobストレージ、Amazon S3、Scality RINGおよびローカルDockerボリュームで使用可能であり、その他のクラウドプラットフォームも追って追加されます。

・ネイティブ・フォーマット - Zenkoで書き込みされたデータは、ターゲットとなるストレージのネイティブ・フォーマットで格納され、Zenkoを経由せずに直接読み出しすることができます。よって、Azure BlobストレージまたはAmazon S3に書き込みされたデータは、これらのパブリッククラウドのそれぞれのアドバンスドサービスを最大限に活用することができます。

・Backbeatデータワークフロー - ポリシーに基づくデータ管理エンジンがシームレスなデータレプリケーション、データマイグレーションサービス、またはクラウド・アナリスティックスやコンテンツ配信など、拡張されたクラウドワークフローサービスを実現します。この機能は9月よりご利用いただけます。

・Cluesoメタデータ検索 - Apache Sparkベースのメタデータ検索で、データの理解が深まります。Cluesoにより、ペタ・バイト規模のデータ解釈が容易になり、あらゆるクラウドを簡単に操作し、データノイズから高価値情報を分離することができます。主要な属性に基づくデータのサブセット化が可能になります。この機能は9月よりご利用いただけます。

デザイン効率や迅速な実装を求めるアプリケーションの開発者は、 Zenkoの生産性のメリットを評価することでしょう。今日、アプリケーションは、各クラウドに対応するため書き直さなくてはならず、生産性を低下させ、複数のクラウドを使用することによる、コストの増大をもたらします。Zenkoを使用すれば、アプリケーションは一度でビルドでき、あらゆるクラウドサービスに適用できます。

「Cityzen Dataは、医療、スポーツ、ウェルネス、科学的用途など、お客様がセンサを基に迅速なサービスを提供することを助けるため、あらゆるセンサのデータから、値を収集、格納、配信する、データ管理プラットフォームを提供しています。」Cityzen Dataの共同創設者でCTOのMathias Herberts氏は述べています。「私たちは、この目的のため、Scalityのバックエンドストレージを使用しており、開発者は、単一のインターフェースにおいて、共通のAPIセットを使用し、あらゆるクラウドのプログラムを組むことができます。Scalityでは、1度アプリケーションを開発すれば、どのクラウドにも適用することができます。」

Scality Zenkoマルチクラウド データコントローラーの詳細および無料ダウンロードは、

www.zenko.ioをご覧ください。

Scalityについて

スキャリティは、コスト効率の高いソフトウェア定義型ストレージ(SDS)のScality RING(http://www.scality.com/ring/object-storage-overview/ )を開発・販売しています。世界中のお客様を通じて、5億人を越えるエンドユーザーがScalityを直接的、間接的に利用しており、8,000億を越えるオブジェクトが格納されています。またオープンソースのScality Zenkoも開発しています。Scality RINGは、どのメーカーのどのx86サーバーでも動作します。性能も高く、100%の可用性と圧倒的に高い堅牢性を実現します。Active DirectoryやAWS IAMなどの代表的な認証機能にも標準で対応しており、既存環境への容易な統合が実現できます。接続認証済みのアプリケーションは45種類を越え、もちろん、標準的なファイルプロトコルでの接続も可能です。Scalityの完璧なソリューションは、グローバル2000の企業、メディア、エンターティメント、政府、クラウド・プロバイダ顧客のストレージにおける固有のニーズに対応し、従来のストレージと比較して、総保有コストを最大90%削減します。グローバル企業、Scalityの本社所在地は、サンフランシスコです。

ぜひ、Twitterで@scality (https://twitter.com/scality )をフォローしてください。詳細については、

弊社サイト www.scality.com をご覧ください。

報道関係のお問合せ

日本: スキャリティ・ジャパン株式会社

関 千里 

japan.pr@scality.com

03-4405-5400

米国: Lumina Communications (広報代理店)

Jacqueline Velasco

scality@luminapr.com

+1 (408) 680-0564

情報元: Scality

(日本語リリース:クライアント提供)

Scality Launches Zenko, Open Source Software To Assure Data Control In A Multi-Cloud World

PR69278

SAN FRANCISCO, July 12, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Zenko Multi-Cloud Data Controller Provides Control of Unstructured Data While

Leveraging the Efficiency and Scale of Both Private and Public Cloud Storage

Scality (http://www.scality.com/ ), a world leader in object and cloud storage,

today announced the open source launch of its Scality Zenko, a Multi-Cloud Data

Controller. The new solution is free to use and embed into developer

applications, opening a new world of multi-cloud storage for developers.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/519854/Scality_Logo.jpg

Zenko provides a unified interface based on a proven implementation of the

Amazon S3 API across clouds. This allows any cloud to be addressed with the

same API and access layer, while storing information in their respective native

format. For example, any Amazon S3-compliant application can now support Azure

Blob Storage without any application modification. Scality's vision for Zenko

is to add data management controls to protect vital business assets, and

metadata search to quickly subset large datasets based on simple business

descriptors.

"We believe that everyone should be in control of their data," said Giorgio

Regni, CTO at Scality. "Our vision for Zenko is simple—bring control and

freedom to the developer to unleash a new generation of multi-cloud

applications. We welcome anyone who wants to participate and contribute to this

vision."

"With Zenko, Scality makes it even easier for enterprises of all sizes to

quickly and cost-effectively deploy thousands of apps within the Microsoft

Azure Cloud and leverage its many advanced services," said Jurgen Willis, Head

of Product for Azure Object Storage at Microsoft Corp. "Data stored with Zenko

is stored in Azure Blob Storage native format, so it can easily be processed in

the Azure Cloud for maximum scalability."

Zenko builds on the success of the company's Scality S3 Server, the open-source

implementation of the Amazon S3 API, which has experienced more than 600,000

DockerHub pulls since it was introduced in June 2016. Scality is releasing this

new code to the open source community under an Apache 2.0 license, so that any

developer can use and extend Zenko in their development.

Zenko Multi-Cloud Data Controller expands the Scality S3 Server, and includes:

    -- S3 API – Providing a single API set and 360 degree access to any cloud.

       Developers want to have an abstraction layer allowing them the freedom

       to use any cloud at any time. Scality Zenko provides a single unifying

       interface using the Amazon S3 API, supporting multi-cloud backend data

       storage both on-premises and in public cloud services. Zenko is

       available now for Microsoft Azure Blob Storage, Amazon S3, Scality RING

       and Docker and will be available soon for other cloud platforms.

    -- Native format - Data written through Zenko is stored in the native

       format of the target storage and can be read directly, without the need

       to go through Zenko. Therefore, data written in Azure Blob Storage or

       in Amazon S3 can leverage the respective advanced services of these

       public clouds.

    -- Backbeat data workflow - A policy-based data management engine used for

       seamless data replication, data migration services or extended cloud

       workflow services like cloud analytics and content distribution. This

       feature will be available in September.

    -- Clueso metadata search - An Apache Spark-based metadata search for

       expanded insight to understand data. Clueso makes it easy to interpret

       petabyte-scale data and easily manipulate it on any cloud to separate

       high-value information from data noise. It provides the ability to

       subset data based on key attributes. This feature will be available in

       September.

Application developers looking for design efficiency and rapid implementation

will appreciate the productivity benefits of using Zenko. Today, applications

must be rewritten to support each cloud, which reduces productivity and makes

the use of multiple clouds expensive. With Zenko, applications are built once

and deployed across any cloud service.

"Cityzen Data provides a data management platform for collecting, storing, and

delivering value from all kinds of sensor data to help customers accelerate

progress from sensors to services, primarily for health, sport, wellness, and

scientific applications," said Mathias Herberts, co-founder and CTO at Cityzen

Data. "Scality provides our backend storage for this and gives us a single

interface for developers to code within any cloud on a common API set. With

Scality, we can write an application once and deploy anywhere on any cloud."

For more information on the Scality Zenko Multi-Cloud Data Controller and to

download it for free, visit www.zenko.io.

Register for the Zenko webinar at: www.zenko.io/webinar.

About Scality

Scality, a world leader in object and cloud storage, develops cost-effective

Software Defined Storage: the RING

(http://www.scality.com/ring/object-storage-overview/ ), which serves over 500

million end-users worldwide with over 800 billion objects in production; and

the open-source Scality Zenko. Scality RING software deploys on any

industry-standard x86 server, uniquely delivering performance, 100%

availability and data durability, while integrating easily in the datacenter

thanks to its native support for directory integration, traditional file

applications and over 45 certified applications. Scality's complete solutions

excel at serving the specific storage needs of Global 2000 Enterprise, Media

and Entertainment, Government and Cloud Provider customers while delivering up

to 90% reduction in TCO versus legacy storage. A global company, Scality is

headquartered in San Francisco.

Follow us on Twitter @scality (https://twitter.com/scality ) and visit us at

www.scality.com to learn more.

Press Contact

Jacqueline Velasco

Lumina Communications for Scality

+1 (408) 680-0564

scality@luminapr.com

SOURCE:  Scality

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中