ペダルを漕いで仕事しよう。オフィスワーカーの健康増進に貢献する、フィットネスバイク一体型デスク発売。

ビーズ株式会社

2017/7/25 12:30

2017/7/25

ビーズ株式会社

ペダルを漕ぎながら仕事しよう。

オフィスワーカーの健康増進に貢献する、

フィットネスバイク一体型デスク発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2017年7月25日より、 同社インテリアブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」において、フィットネスバイクがデスクと一体型になった「エクササイズデスク」を発売します。

フィットネスバイクがデスクと一体型になった「エクササイズデスク」を発売。

<製品概要>

 「エクササイズデスク」は名前の通り、デスクで運動できる製品です。 上下昇降可能なデスクとフィットネスバイクが一体型になっており、ペダルを漕ぎながらデスクワークができるようになっています。

 フィットネスバイク機能については、シート位置(上下・前後)の調整ができ、負荷も8段階で調節可能。周囲に迷惑の掛からない静音設計です。

 デスクの天板は、体格や作業内容に合わせて、ワンプッシュで最適な高さに合わせることができます。 幅78cm、奥行き50cmで、パソコンやディスプレイ、資料などを置いて作業することが可能。 上半身は作業に集中できる環境なので、ながらエクササイズがはかどります。

 オフィスで使用することを想定しているため、パソコンを置く場合に電源タップやコードなどを天板裏にまとめられるバスケットや、ビジネスバッグなどを座席裏においておけるバスケットなども標準装備しています。

【シート位置-1】身長163cmモデルによる使用事例。

<開発背景>

 スタンディングデスクを導入したり、オフィスの片隅やリフレッシュルームに健康器具を設置したりするなど、企業が従業員の健康保持・増進を通して企業価値を高めていく試みが近年多く見受けられます。 また、厚生労働省も「ながらエクササイズ」を様々な形で推奨しています。 これらの背景を鑑み、「ながらエクササイズ」は家の中に限ったことではない、企業にとっても従業員にとっても、仕事をしながら運動ができればより効率がよいのでは、と考えました。 仕事場でもできる「ながらエクササイズ」に取り組める製品を提案したく、「エクササイズデスク」をリリースします。

身体を動かしながら話すことで会議の活性化が図れるサイクリングミーティング。

<展示会にて新製品を初展示予定>

 Bauhutte(R)は、7月26日(水)~28日(金)に、東京ビッグサイトにて開催される、日本最大の働き方改革の商談専門展「第4回ワークスタイル変革EXPO」に出展します(東7ホール、小間番号7-13)。 従業員が健康的に働くための職場環境の構築や、オフィスの生産性向上を提案すべく、今回の「エクササイズデスク」をはじめとした2017年発売の新製品を初お披露目する予定です。 会期中の取材や商談にも対応いたします。 詳細はこちらより。 http://www.bauhutte.jp/ws-expo/

7月26日~28日に東京ビッグサイトで開催される「第4回ワークスタイル変革EXPO」にて初お披露目です。

<製品スペック詳細>

【ブランド名】Bauhutte(バウヒュッテ)

【商品名】エクササイズデスク BGD-780

【サイズ】幅780mm×奥行き1110mm×高さ985mm(※最長部分の計測)

【可動範囲】デスク:735~1205mm、座面:700~830mm、背もたれ:985~1130mm

【重量】約42.8kg

【カラー】BK:ブラック、WH:ホワイト

【耐荷重】デスク:30kg未満、シート:100kg

【希望小売価格】オープン価格(税別参考79,000円 ※デスクとシート合わせて)

【製品ページ】http://www.bauhutte.jp/product/bgd780/

【使用イメージ動画】https://www.youtube.com/watch?v=F61b6C6ofcE

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

フィットネスバイクがデスクと一体型になった「エクササイズデスク」を発売。

【全容画像-1】落ち着いた色目のブラック。

【全容画像-2】天板が明るくオフィスに合うホワイト。

オフィスでの使用を考慮し、静音設計された「エクササイズデスク」。

使用する方の体力やコンディションに応じて調整できるよう、負荷は8段階となっています。

シートは2cm刻みで70~83cmに昇降可能。

シート位置は、5cmごとに前後に動かせます。

体格や作業内容に応じて、ワンプッシュで机の高さを調整できます。

【シート位置-1】身長163cmモデルによる使用事例。

【シート位置-2】身長172cmモデルによる使用事例。

デスク天板は幅78cm、奥行き50cmなので、モニターや資料を置いて作業が行えます。

デスクの裏側に付属するカゴに、電源タップやケーブル類を収納できます。

フィットネスバイクの足元には、ビジネスバッグや通勤用バッグを入れられる荷物カゴがあります。

フィットネス部分とデスク部分は別売りとなっています。

デスクワークと健康増進を両立できる「エクササイズデスク」。

「スタンディングデスク」との併設で自然に運動ができるオフィスを提唱します。

身体を動かしながら話すことで会議の活性化が図れるサイクリングミーティング。

負荷調整機能はペダル近くに配されています。

厚めのサドルなので、長時間の座位も苦になりません。

7月26日~28日に東京ビッグサイトで開催される「第4回ワークスタイル変革EXPO」にて初お披露目です。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース