電通テックとシャトルロックジャパン、LINEと連携したSNSマーケティングサービス「SC121」を開発・提供

電通テック

2017/8/3 14:19

株式会社 電通テックとシャトルロックジャパン株式会社は、顧客企業が実施するSNSプロモーションにLINE ビジネスコネクトを連携させることで1to1コミュニケーションを実現し、効果的なCRM施策を支援するSNSマーケティングサービス「SC121」(エスシーイチニイチ)を開発、提供を開始します。

2017年8月3日

電通テックとシャトルロックジャパン

LINEと連携した独自のSNSマーケティングサービス「SC121」を開発・提供開始

株式会社 電通テック(本社:東京都千代田区、社長:松原 靖広)とSNS上のユーザーコンテンツ収集・活用サービス提供で世界をリードするShuttlerock Ltd.の日本法人であるシャトルロックジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:金光 展意)は、顧客企業が実施するSNSプロモーションにLINE ビジネスコネクトを連携させることで1to1コミュニケーションを実現し、効果的なCRM施策を支援するSNSマーケティングサービス「SC121」(エスシーイチニイチ)を開発、提供を開始します。

■顧客企業のSNSユーザーデータをLINEに統合し、継続的なCRM・マーケティング分析を実現

TwitterやInstagramなどを利用した従来のSNSプロモーションでは困難であった、各SNSや施策ごとのユーザーデータの統合的な管理やマーケティング分析が、LINE ビジネスコネクトを連携させることで実現しました。顧客企業がもつLINEの友だちと、そのユーザーが利用する他のSNSアカウントを紐付けることで、施策やSNSを横断したユーザーの属性や行動履歴、プロモーション参加履歴の把握が可能となります。

[SC121 サービス全体イメージ]

Social Cntentsで121(1to1)のコミニュケーションを実現させる新サービス

SC121 サービス全体イメージ

[各SNSやキャンペーンごとのユーザーデータをLINEで統合管理]

各SNSやキャンペーンごとのユーザーデータをLINEで統合管理

■ユーザーとの1to1コミュニケーションが可能に

LINE ビジネスコネクトとの連携によって、写真投稿キャンペーンをはじめとしたSNSプロモーションによってリーチしたユーザーと、1to1でのコミュニケーションが可能となりました。LINEの機能を活用することで、ユーザーの投稿コンテンツを収集し拡散を図るだけではなく、ECサイトへの送客やクーポン配信による店舗誘引など、商品・ブランドと生活者との継続的な関係構築に繋がる2つの機能を提供します。

1. ユーザー投稿コンテンツからLINE友だち登録へ

オウンドメディア上に収集したユーザー投稿コンテンツにLINEアカウント友だち登録ボタンを設置。LINEと繋がることによって、1to1でのコミュニケーションを行いながら、商品理解~商品のレコメンド、ECサイトへの送客などを実施します。

2. LINEからのユーザー投稿受付、さらにオウンドメディアへの収集・掲載が容易に実施可能

従来のハッシュタグを利用した写真投稿キャンペーンに、LINEから投稿できるようになりました。応募方法の拡充によるユーザビリティの向上と共に、投稿コンテンツのオウンドメディア掲載、さらに応募後のアフターフォローや新商品の告知など、継続したCRMが可能になります。

[SC121 活用イメージ]

[SC121 活用イメージ]

■「SC121」について詳しくはこちら

https://www.dentsutec.co.jp/digital-marketing/sc121/

■シャトルロックジャパンについて

社     名     シャトルロックジャパン株式会社

U  R  L     https://www.shuttlerock.co.jp

設 立 日     2014年4月7日

資 本 金     60,000,000円

従業員数    10名 (2017年7月1日現在)

代 表 者     金光 展意

所 在 地     102-0074 東京都千代田区九段南3-2-5 ハトヤ九段ビル6F

電話番号    03-6272-6480

事業内容    SNS上のユーザーコンテンツ収集・活用サービス提供を中心とした、

        デジタルマーケティングを支援するテクノロジーの開発

                                  以上

※LINE ビジネスコネクトとは

LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。

※LINE株式会社では、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

SC121 サービス全体イメージ

各SNSやキャンペーンごとのユーザーデータをLINEで統合管理

[SC121 活用イメージ]

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース