住友化学が常州浜江経済開発区でのエレクトロニクス原料施設の建設協定に調印

Changzhou National Hi-Tech District

2017/8/25 14:43

住友化学が常州浜江経済開発区でのエレクトロニクス原料施設の建設協定に調印

AsiaNet 69767 (1264)

【常州(中国)2017年8月24日PR Newswire=共同通信JBN】中国の常州国家ハイテク産業開発区(Changzhou National Hi-Tech District, CND)は2017年8月16日、住友化学とプロジェクト投資協定に調印した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170824/1923175-1

常州国家ハイテク産業開発区が住友化学とプロジェクト投資協定に調印

日本の主要な総合化学品メーカーの1つで、住友グループのメンバーである住友化学は、日本の化学品企業の中で第2位、国際化学品市場では19位にランクされる。1991年に設立された住友化学の韓国ユニットである東ウ・ファインケム(Dongwoo Fine-Chem)は、エレクトロニクス原料部門の国内リーダーであり、半導体と薄膜トランジスタ液晶ディスプレイの製造に必要な高純度の化学品、エッチング・ソリューション、フォトレジスト、カラーフィルムおよび偏向子(ポラライザー)の開発の草分けである。

協定に基づき、住友化学と東ウ・ファインケムは、常州浜江経済開発区に位置する1億5000万ドルのエレクトロニクス原料施設に共同投資する。建設が完了し、施設が生産を始めると、登記資本金5000万米ドルのこの施設は、中国東部の半導体製造業者に高品質、高純度の試薬を供給する。

国家のインフラへの関与と、重要な揚子江デルタに位置することから、常州国家ハイテク産業開発区は外国企業1641社にとって最高のロケーションとなっている。

ソース:Changzhou National Hi-Tech District

Sumitomo Chemical signs a deal to build an electronics materials facility in Changzhou Binjiang Economic Development Zone

PR69767

CHANGZHOU, China, Aug. 24, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Changzhou National Hi-Tech District signed a project investment agreement with

Sumitomo Chemical on August 16, 2017.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170824/1923175-1

Changzhou National Hi-Tech District signs a project investment agreement with

Sumitomo Chemical

Sumitomo Chemical, one of Japan's leading general chemicals producers and

member of the Sumitomo Group, ranks second among Japanese chemicals firms and

19th in the international chemicals markets. Founded in 1991, Sumitomo

Chemical's South Korean unit Dongwoo Fine-Chem is a domestic leader in the

electronics materials sector and a pioneer in the development of high-purity

chemicals, etching solutions, photoresists, color films and polarizers, which

are necessary for the manufacturing of semiconductors and thin-film-transistor

liquid-crystal displays (TFT LCDs).

With the agreement, Sumitomo Chemical and Dongwoo Fine-Chem will co-invest in

the US$150 million electronics materials facility located in Changzhou Binjiang

Economic Development Zone. Once construction is finished and the facility goes

into production, the facility, with a registered capital of US$50 million, will

provide semiconductor manufacturers across the eastern part of China with

premium high-purity reagents.

A national commitment to infrastructure and a key Yangtze River Delta location

make the Changzhou National Hi-Tech District the best location for 1,641

foreign companies.

SOURCE: Changzhou National Hi-Tech District

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中