Gridbeeはスマートグリッド、産業IoTアプリケーション向けのFSKおよびOFDM Sub-GHz SoCを発売

Gridbee Communications

2017/9/7 10:04

Gridbeeはスマートグリッド、産業IoTアプリケーション向けのFSKおよびOFDM Sub-GHz SoCを発売

AsiaNet 69924 (1135)

【グラッセ(フランス)2017年9月7日PR Newswire=共同通信JBN】無線通信IC開発の専門企業Gridbee Communications S.A.S.は、sub-GHz無線通信ソリューション向けでIEEE 802.15.4g/u/vと互換性があるGDB1000 SoCをリリースすると発表した。これはFSK/OFDMモジュレーションが可能な初のSoCで、スマートグリッド、スマートシティー、産業アプリケーションにとって必要なすべてのプロセッシング能力(MCUとフラッシュメモリー)を組み込んでいる。このデバイスは2つのパワーアンプリファイヤー(1つは+18dBmを提供するインターナルPA、2つ目は最大+30dBmを提供するエクスターナルPA)を提供し、-98dBm @800kb/sおよび-104dBm @400kb/sのOFDMデータレートの受信感度を示す。高いリンク容量は、2.5キロ以上離れた800kb/sでの通信を保証する。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/552230/Gridbee_Communications_Logo.jpg

Gridbee GDB1000はMR-FSLおよびMR-OFDMの両モジュレーションを提供し、数百メートルから数キロメートルに及ぶ距離にわたり50kb/sから800kb/sまでのデータレートをサポートする。GDB1000は大容量メモリー(768kBのフラッシュと128kBのRAM)、標準インターフェース一式(USB、SPI、I²C、UARTなど)、256ビット対応ハードウエアを搭載する。AES暗号化エンジンは、オーバー・ジ・エア(Over the Air)によるセキュアで迅速、かつ信頼できるソフトウエア・アップグレードを可能にする。顧客はGDB1000プロセッサーの高性能、電力効率に優れた機能を活用して、極めて効率的かつセキュアなメッシュネットワーキングを稼働させ、エッジのデータを処理できるので、より迅速な意思決定が可能になる。

ステファン・ローレント副社長(販売&マーケティング担当)兼共同創設者は「この重要な技術上のマイルストーンを達成できてうれしく思う。当社はこの最新鋭SoCによって、世界のスマートメーター関連の顧客を支援してきた。GDB1000はIoTアプリケーションにおけるより多くのデータ交換に着手し、それを可能にする。当社のチップは多数の異なるアプリケーションから強力な需要がある」と語った。

評価キットはこれまでにインド、韓国の大手顧客にサンプル提供され、一般の顧客には2017年第3四半期末から提供が開始される。

詳細はウェブサイトhttp://www.gridbeecom.com を参照。

▽問い合わせ先
info@gridbeecom.com
Stéphane Laurent
+33-6-16-01-69-27

ソース:Gridbee Communications


Gridbee Launches First FSK & OFDM Sub-GHz System-On-Chip compliant IEEE 802.15.4g/u/v for Smart Grid, Smart Cities and Industrial IoT Applications

PR69924

GRASSE, France, September 7, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ -

Gridbee Communications S.A.S. specialist in wireless communication IC
development is pleased to announce the release of its GDB1000 SoC for Sub-GHz
wireless communication solution and compliant with IEEE 802.15.4g/u/v. This is
the first SoC capable of both FSK / OFDM modulations and embedding all
processing power (MCU and flash memory) necessary for Smart Grid, Smart Cities
and Industrial applications. The device provides 2 power amplifier outputs (one
internal PA delivering + 18dBm and a second for external PA up to +30dBm) and
exhibits a receiver sensitivity of -98dBm @800kb/s and -104dBm @400kb/s OFDM
data rate. The high link budget guarantees successful communication over 2.5km
distance at 800kb/s.

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/552230/Gridbee_Communications_Logo.jpg )

Gridbee GDB1000 offers both MR-FSK and MR-OFDM modulations and supports data
rate from 50kb/s up to 800kb/s for distance ranging from few hundreds of meters
to a few kilometers. GDB1000 features a large amount of memory (768kB of flash,
128kB of RAM), a full set of standard interfaces (USB, SPI, I²C, UART, etc.)
and a 256 bits capable hardware AES encryption engine enabling secured, fast
and reliable software upgrade over the air. Leveraging the high performance,
power efficient capabilities of the GDB1000 processor, customers can run a very
efficient and secure mesh network while processing data from the edge allowing
for faster decision making.

"We are delighted to have reached this key technical milestone. We have enabled
our global smart metering customers further with this state of the art SoC. The
GDB1000 anticipates and enables more data exchange in IoT applications and our
chip will have strong demand from multiple different applications," said,
Stephane Laurent, VP Sales & Marketing and co-founder.

Evaluation kits have been sampled to lead customer in India and Korea and
starting end of Q3 2017 for general customers.

For more information, see http://www.gridbeecom.com

Contact:
info@gridbeecom.com
Stéphane Laurent  
+33-6-16-01-69-27

SOURCE: Gridbee Communications


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中