ライフレイが51Degreesのデバイス検出を使いモバイル向けに最適化

51Degrees

2017/9/7 17:16

ライフレイが51Degreesのデバイス検出を使いモバイル向けに最適化

AsiaNet 69931 (1350)

【ロンドン2017年9月6日PR Newswire=共同通信JBN】51Degreesはエンタープライズ・オープンソース・ソフトウエア企業ライフレイ(Liferay)と提携し、エンタープライズ製品Liferay Digital Experience Platform(DXP)向けにデバイス検出(https://51degrees.com/device-detection )サービスを提供すると発表した。この提携はLiferay Mobile Device Detection(https://web.liferay.com/marketplace/-/mp/application/35419014 )アプリに4万4530以上のハードウエア・モデルを検出する能力を提供するので、ライフレイの顧客はユーザー体験をサーバーサイドで最適化し、デバイスの価格、使用期間、ビデオフォーマット・サポートなどのデバイス水準のインサイトを分析に追加することができる。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/540192/51Degrees_Logo.jpg

Liferay Digital Experience Platform(DXP)はセルフサービス顧客ポータル、イントラネット、一般公開ウェブサイトなど高度なデジタル体験を管理するために使用されるJavaベース・プラットフォームで、外部サービスと一体化してリッチな顧客体験を提供する。

主要なエンタープライズは、世界クラスのモバイルファースト体験向けのサーバーサイドの最適化によって、Liferay DXPのデフォルト・レスポンシブ・フロントエンドの強化に成功している。Liferay Mobile Device Detectionアプリはライフレイにインストールされ、51Degreesデバイスインテリジェンスを使って迅速かつ正確に適切なデバイスを検出して顧客体験をカスタマイズする。これには、利用可能な帯域を最大限に利用してUIのレンダリングに必要なアセットだけを提供したり、ラップトップおよびデスクトップ向けのモバイルないしはマウスによるホバーメニューを起動するテキストメッセージ通信などのデバイスおよびOS依存機能を付加ないしは削除したりすることによって、利用可能な帯域を最大限に利用することが含まれる。

ライフレイのマイケル・ハン副社長(サービス担当)は「銀行、メディア企業など当社の大口顧客の一部は、顧客が使用しているデバイスを正確にピンポイントして顧客体験を最適化する能力から恩恵を受けている。これは、顧客がそれぞれのモバイル・プラットフォーム向けにネイティブ・アプリを開発しなくても、また顧客に新しいソフトウエアをインストールすることを求めたりしなくても、大口顧客が一貫したモバイル最適化ユーザー体験を提供できるコスト効率に優れた戦略である」と語った。

同副社長はまた「われわれがLiferay Mobile Device Detection向けのモバイルデバイス・データベースを供給するために51Degreesを選択した理由は、それが当社のオープンソース・ビジネスにうまくマッチする包括的、迅速、スケーラブルなデバイス検出サービスであるからである。51Degreesの技術チームは、われわれのチームと極めて緊密に協力してくれ、スムーズな予定通りの開発につながった」と語った。

レスポンススピードは、最適なユーザー体験を提供するために重要な判断基準である。51Degreesはデバイス、オペレーティングシステム(OS)、ブラウザー、アプリから成る79万1000以上の組み合わせに対して99.9%を超えるマッチング精度の性能を示し、Liferay DXP顧客が常時、可能な限り最高の体験を実現することを可能にする。

ライフレイは51Degreesと提携することで、テスト目的に使用するライト・デバイスデータベースを同社のオープンソース・コミュニティーに提供することができた。

Responsive Web Design with Server-Side Components(RESS)は、アプリケーションがクライアントのデバイスに合わせてアプリケーションを調整することを可能にする。典型的なレスポンシブ設計とは異なり、RESSはアプリケーションが最適化された画像サイズを送信し、レンダリングすべきデータを選択し、全体でリソース消費を軽減することを可能にする。サーバーサイド・コンポーネントがなくても、アプリケーションはすべてのデバイスに同じマークアップを提供するので、CSSおよび/ないしJavaScriptインストラクションに基づきウェブページをレンダリングするのはデバイスブラウザーである。

51Degreesが駆動するLiferay Mobile Device Detectionの現行バージョンは、Liferay EE 6.2クライアントがユーザー体験を最適化するとともに、RESSプリンシプルを使用するデバイス当たりのクライアントサイド性能を向上させる。Liferay Mobile Device Detectionの新バージョンは、51Degreesとの関係を拡大することに成功し、Liferay DXP顧客をサポートする。

▽ライフレイ(Liferay)について

ライフレイは、企業がウェブ、モバイル、コネクテッド・デバイス上でデジタル体験を開発することを支援するソフトウエアを制作している。同社のプラットフォームはオープンソースで、信頼性、革新性、セキュリティーを向上させる。同社はビジネスとテクノロジーを通じて世界に優れた足跡を残す努力をしている。アディダス、カルフール、シスコシステムズ、ダノン、富士通、Lufthansa Flight Training、シーメンス、ソシエテ・ジェネラル、国連などがLiferayを使用している。詳細はウェブサイトhttp://www.liferay.com を参照。

▽51Degreesについて

51Degreesは、今後の10年に焦点を合わせ、革新的な特許技術によって将来性を保証する、過去10年に設立された唯一のオープンソース・デバイス検出の民間企業である。eBay、AdYouLike、HSN、ディズニー、Wiggle、HSBC、News24、GiveMeSportなどのグローバルビジネスの150万以上のウェブサイトと、20の大手コンテンツマネジメントシステムがすでに51Degreesからクリティカルなデバイスインフォメーションを取得している。

詳細はウェブサイトhttps://51degrees.com/resources/case-studies を参照。

ソース:51Degrees

Liferay Optimises For Mobile With 51Degrees Device Detection

PR69931

LONDON, Sept. 6, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     51Degrees is delighted to announce its agreement with enterprise open

source software company Liferay to provide device detection

[https://51degrees.com/device-detection ] services for its enterprise product,

Liferay Digital Experience Platform (DXP). The agreement provides the Liferay

Mobile Device Detection

[https://web.liferay.com/marketplace/-/mp/application/35419014 ] app the

capability to detect over 44,530 hardware models so that Liferay customers can

optimise user experiences server-side and add device level insight such as

device price, age and video format support to analytics.

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/540192/51Degrees_Logo.jpg )

    Liferay Digital Experience Platform (DXP) is a Java-based platform used to

manage sophisticated digital experiences such as self-service customer portals,

intranets and public facing websites that integrate with external services to

provide rich customer experiences.

    Major enterprises have been highly successful augmenting the default

responsive front-end of Liferay DXP with server-side optimisation for a world

class mobile-first experience. The Liferay Mobile Device Detection app is

installed in Liferay and uses 51Degrees device intelligence to quickly and

accurately identify the exact device and personalise the customer experience.

This includes making best use of available bandwidth by only delivering assets

required to render the UI and adding or removing device and OS-specific

functionality such as text message call to actions for mobile or mouse driven

hover menus for laptops and desktops.

    Michael Han, VP Services for Liferay explained: "Some of our largest

customers including banks and media companies are benefiting from the ability

to pinpoint the exact device a customer is using and optimise their experience.

It's a cost-effective strategy that enables them to deliver a consistent

mobile-optimised user experience without necessarily developing a native app

for each mobile platform - or asking customers to install new software."

    "We selected 51Degrees to supply the mobile device database for Liferay

Mobile Device Detection because it's a comprehensive, fast and scalable device

detection service that fits well with our open source business model. Their

technical team collaborated particularly well with ours, leading to smooth

on-time development."

    Speed of response is an important criteria for delivering an optimal user

experience. 51Degrees performs with better than 99.9% matching accuracy against

more than 791,000 combinations of device, operating system and browser or app

to ensure Liferay DXP customers always have the best possible experience.

    In partnering with 51Degrees, Liferay has been able to offer a lite device

database to its open source community to use for testing purposes.

    Responsive Web Design with Server-Side Components (RESS) allows

applications to tailor applications to client devices.  Unlike typical

responsive design, RESS allows applications to send optimised image sizes,

choose what data to render, and in general reduce resource consumption.  

Without the server-side components, applications will deliver the same markup

to all devices and it is the device browser that renders the web page based on

CSS and/or JavaScript instructions.

    The current version of Liferay Mobile Device Detection, powered by

51Degrees, enables Liferay EE 6.2 clients to optimise user experience and

improve client-side performance per device family using RESS principles. The

new version of the Liferay Mobile Device Detection extends the successful

relationship with 51Degrees to support Liferay DXP customers.

    About Liferay

    Liferay makes software that helps companies create digital experiences on

web, mobile and connected devices. Our platform is open source, which makes it

more reliable, innovative and secure. We try to leave a positive mark on the

world through business and technology. Companies such as Adidas, Carrefour,

Cisco Systems, Danone, Fujitsu, Lufthansa Flight Training, Siemens, Société

Générale and the United Nations use Liferay. Visit us at http://www.liferay.com

[https://www.liferay.com ].

    About 51Degrees

    51Degrees is the only commercial open source device detection company

designed in the current decade for the next decade, future-proofed through

innovative patented technology. Over 1.5 million websites including global

businesses like eBay, AdYouLike, HSN, Disney, Wiggle, HSBC, News24, GiveMeSport

and 20 leading content management systems already get critical device

information from 51Degrees.

    For more information visit: https://51degrees.com/resources/case-studies

Source:  51Degrees

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中