中国国際航空が北京-アテネ直行便を開設

Air China

2017/9/11 16:22

中国国際航空が北京-アテネ直行便を開設

AsiaNet 69990 (1367)

【北京2017年9月11日PR Newswire=共同通信JBN】2017年9月30日、中国国際航空(エアチャイナ)は北京-アテネ線の新たな直行便を開設する。運航は週2便でエアバスA330-200型機を使用し、両都市間の所要時間を10時間半に短縮する。アテネへ旅行する乗客は、サントリーニ、ザキントスなどギリシャの人気の観光地への便利な接続を利用できる。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170522/1857452-1LOGO

アテネは壮大な歴史と卓越した不朽の文化遺産を有する。今日でさえ、この都市の建築遺産の大部分は損なわれておらず、訪問者はその波乱の歴史を回顧することができる。ギリシャの神話・古典彫刻・五輪精神のいずれを求めていようと、独特で神々しい魅力を持つアテネには、誰にとっても何か楽しめるものがある。

今年は中国とギリシャの外交関係樹立45周年である。北京-アテネ間の新路線は民間航空協力だけでなく2国間関係においても重要なマイルストーンである。ギリシャは戦略的に欧州、アジアおよびアフリカの交差路に位置している。一帯一路構想が展開するにつれて、ギリシャは文化の懸け橋としてますます大きな役割を果たし、共栄の実現を支援する。北京とアテネ間の新路線は、両国のビジネス旅行者・観光客・学生にサービスを提供する地域輸送ハブとしての役割をギリシャに与える。

中国国際航空は中国・欧州間で最多数の路線を提供している。新たな北京-アテネ線の就航で総路線数は26となり、ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、ウィーン、ローマ、モスクワ、バルセロナおよびマドリードを含む19の欧州主要都市へ週300便の全便をワイドボディ機で運航する。

▽フライト情報

新たな北京-アテネ線は毎週水曜日と土曜日、CA863/864の便名で運航。往路便は北京を02時30分に出発し、アテネに08時15分に到着する。復路便はアテネを14時15分に出発、北京には翌日04時30分に到着する(時刻はいずれも現地時間)。

エアバスA330-200機で運航。ビジネスクラスに180度のフラットベッドになる座席を採用、エコノミークラスには人間工学に基づき設計された疲れにくい座席を採用している。よりパーソナライズされた視聴体験を得られるよう、すべての乗客に機内エンターテインメントシステムを提供する。

ソース:Air China

Air China Launches Beijing-Athens Non-Stop Route

PR69990

BEIJING, Sept. 11, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/--

On 30 September 2017, Air China will launch a new non-stop route between

Beijing and Athens. The service will be operated twice a week with Airbus

330-200 aircraft, reducing the journey time between Beijing and Athens to just

10.5 hours. Passengers travelling to Athens can enjoy convenient connections to

Santorini, Zakynthos and other popular Greek tourist destinations.

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170522/1857452-1LOGO

Athens is a city with an epic history and an unsurpassed and enduring cultural

legacy. Even today, much of the city's architectural heritage is intact,

enabling visitors to retrace its eventful history. Whether you are in search of

Greek mythology, classical sculptures or the Olympic spirit, Athens has

something for everybody thanks to its unique, celestial charm.

This year marks the 45th anniversary for the establishment of diplomatic

relations between China and Greece: The new route between Beijing and Athens is

a major milestone, not just for civil aviation cooperation, but also for the

bilateral relationship. Greece is strategically located at the crossroads of

Europe, Asia and Africa. As the Belt & Road initiative unfolds, Greece will

play a growing role in bridging cultures and helping to realise shared

prosperity. The new route between Beijing and Athens confers Greece the role of

a regional transportation hub, serving business travellers, tourists and

students from both countries.

Air China offers the largest selection of routes between China and Europe. The

new Beijing-Athens service will bring the total number of routes to 26, with an

offering of 300 flights per week to 19 major European destinations, including

London, Paris, Frankfurt, Munich, Vienna, Rome, Moscow, Barcelona and Madrid,

all serviced by wide-body aircraft.

Flight information:

The new Beijing-Athens route will operate every Wednesday and Saturday under

flight numbers CA863/4. The outbound flight departs Beijing at 02:30 and

arrives in Athens at 08:15; The inbound flight departs Athens at 14:15 and

arrives in Beijing at 04:30 the next day (all times are local).

Flights are operated by Airbus 330-200 aircraft, equipped with fully-reclinable

seats in Business Class and ergonomic, fatigue-free seats in Economy Class.

In-flight entertainment systems are offered to all passengers for a more

personalised viewing experience.

SOURCE:  Air China

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中