KepwareがKEPServerEXバージョン6.3をリリース 日本のユーザーの生産性、容易なアクセス、安全性を向上

Kepware

2017/9/28 10:26

KepwareがKEPServerEXバージョン6.3をリリース 日本のユーザーの生産性、容易なアクセス、安全性を向上

AsiaNet 70294 (1505)

【ポートランド(米メーン州)2017年9月27日PR Newswire=共同通信JBN】

*今回のアップデートには、新しいKeyence KV Ethernetドライバー、Configuration API改善、ThingWorx(R)によるセキュアなリモート・プロジェクト・ローディングが含まれる

産業接続ソフトウエアを開発するPTCの1事業部門であるKepware(R)(https://www.kepware.com/?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=kepware )は27日、KEPServerEX(R)version 6.3(https://info.kepware.com/kepserverex-version-6-3-release?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=kepserverex-version6-3 )産業接続プラットフォームのリリースを発表した。主要な強化機能には、新しいKeyence KV Ethernetドライバー、Configuration API向けに強化された作成・読み出し・更新・削除(CRUD)機能、Electronic Flow Measurement(EFM)機能搭載ドライバー向けの新しいタイム・シンクロナイゼーション(時間同期)機能、ThingWorx(R) IoT Platform(https://www.thingworx.com/platforms/ )によるリモート・プロジェクト・ローディングなどが含まれる。

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/562061/kepware_logo.jpg

Kepwareの製品マネジャーであるジェフ・ベイツ氏は「KEPServerEXバージョン6.3は、日本で急成長する当社プレゼンスに直接応えたものである。日本を拠点とする顧客およびパートナーとの緊密な関係に基づき、われわれは新しいKeyence KV Ethernetドライバー(http://kepware.com/products/kepserverex/drivers/keyence-kv-ethernet/?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=keyence-kv-ethernet-driver )を開発し、日本のエンドユーザーおよびその他のKEYENCE PLCユーザーが必要とする産業データにアクセスできることを保証する。この新しいドライバーによって、ユーザーはトレーサビリティー、データモニタリング・コントロール、プラント全体のオートメーションを従来に増して遂行することが可能となる」と語った。

KEPServerEXバージョン6.3に組み込まれたKeyence KV Ethernetドライバーは、KEYENCE PLCユーザーがOPCクライアントやIoTソリューションを含むさまざまなデバイスおよびソフトウエア・アプリケーションとKVシリーズPLCを容易かつ確実に接続することを可能にする。このドライバーは、顧客がKepwareソフトウエア・ソリューションに期待する性能、安定性、使い勝手のよさを提供する。

日本におけるKepwareのPreferred Distributor関東エルエンジニアリングのディレクターであるウエノ・マサトシ氏は「新しいKeyence KV EthernetドライバーはKeyence PLCを使用する顧客に対し、高度にスケーラブルで設定が容易な接続を提供する。通信能力が増強されたことによって、KEYENCEコントローラーを使用する顧客は、トレーサビリティー、モニタリング、プラント全体のオートメーションを含むさまざまな必須プロセスを容易に実行できる」と語った。

KEPServerEXバージョン6.3にはKeyence KV Ethernetドライバーのほかに、以下が含まれる。

*Configuration API向けに強化されたCRUD機能:Configuration APIのユーザーはKEPServerEXのあらゆるインスタンスのプロジェクト・セーブをリモートトリガーし、単一のトランザクションで子階層を伴うオブジェクトを作成し、単一のトランザクションで複数のオブジェクトを作成する。Configuration APIのユーザーはまた、大幅に設定を変更し、ATGをトリガーすることも可能になり、より規模が大きなプロジェクトの変更を迅速に行うことができる。KEPServerEXバージョン6.3によって、ユーザーはローカルコンフィギュレーションとのインタラクションが減り、異質なプロジェクトのオブジェクト向けに共通コードを書くことが可能になる。

*EFM機能搭載ドライバー向けのタイム・シンクロナイゼーション機能:ユーザーはEFM機能搭載ドライバー向けにカスタム化したタイム・シンクロナイゼーションの閾値を設定し、特定の偏差制限を超えない限り同期しないことを確実にする。バージョン6.3に組み込まれた新しいタイム・シンクロナイゼーション方式のOnPollによって、ユーザーはEFMポーリングがある場合だけ発生するタイム・シンクロナイゼーションを設定することができる。これは、ネットワーク・トラフィックを軽減し、ユーザーにさらに進んだタイム・シンクロナイゼーションのコントロールを提供し、ユーザーはデバイスと追加の通信を開始する必要がなくなる。

*ThingWorxによるリモート・プロジェクト・ローディング:ユーザーはKEPServerEXのThingWorxネイティブ・クライアントインターフェースが誇る既存のセキュリティーを最大限に活用し、ローカルファイルからKEPServerEXプロジェクトをインポートし、このプロジェクトをKEPServerEXのあらゆる接続インスタンスにプッシュダウンすることができる。ファイルがプラットフォームからKEPServerEXのローカルインスタンスに転送されれば、新しいプロジェクトはランタイムにロードされる。ユーザーは容易にネットワーク設定を調整し、KEPServerEXプロジェクトをリモートで展開できる。この間、ユーザーは単一のThingWorxプラットフォーム・インターフェースからマシンインスタンスすべてを管理できる。

追加資料

*KEPServerEX バージョン6.3に関する詳細はウェブサイトhttps://info.kepware.com/kepserverex-version-6-3-release?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=learn-more-about-kepserverex-v6-3 を参照。

*以下のサイトからデモをダウンロード

https://www.kepware.com/products/kepserverex/version-6/?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=download-demo

*Kepware代表には電話+1 888-KEPWARE (537-9273) x208か、電子メールsales@kepware.comでコンタクトを。

▽Kepwareについて

@Kepware(https://twitter.com/Kepware )は、米メーン州ポートランドに本社を置くPTC Inc.のソフトウエア開発子会社である。Kepwareは、企業がさまざまなオートメーション機器およびソフトウエア・アプリケーションに接続することを支援し、インダストリアル・インターネット・オブ・シングスを可能にする一連のソフトウエア・ソリューションを提供する。Kepwareは製造、石油・天然ガス、ビルディングオートメーション、電気・公益事業などを含むさまざまな垂直市場の幅広い顧客に対し、工場や油井から風力発電ファームに至るサービスを提供する。Kepware(R)は1995年に創立され、そのソフトウエア・ソリューションは現在100カ国以上で販売され、数多くの企業の事業および意思決定の向上を支援している。詳細はウェブサイトhttp://www.kepware.com を参照。

▽PTCについて

PTCは世界で最も強力なインターネット・オブ・シングス(IoT)技術を保有し、1986年にはデジタル3D設計に革命をもたらした。現在、PTCは最先端のIoTおよびARプラットフォーム、実績のあるソリューションにより、フィジカルとデジタルの世界を融合し、製品の開発、運用、サービス提供を改革している。PTCは、世界の製造企業や、パートナー、開発者のエコシステムがIoTの可能性を十分に活用し、イノベーションの未来を推進することを可能にする。

PTC.com(http://www.ptc.com/

@PTC(http://twitter.com/PTC

ブログ(http://www.ptc.com/blogs

PTC、PTCロゴ、Kepware、Kepwareロゴは、米国およびその他の国のPTC Inc.またはその子会社の商標ないしは登録商標である。

▽報道関係問い合わせ先

Torey Penrod-Cambra

Kepware

+1(207)775-1660

tpenrodcambra@ptc.com

ソース:Kepware

Kepware Releases KEPServerEX(R) Version 6.3, Advancing Productivity, Accessibility, and Safety for Japan-Based Users

PR70294

PORTLAND, Maine, Sept. 27, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Updates include new Keyence KV Ethernet driver, improvements to the

Configuration API, and secure remote project loading with ThingWorx(R)

Kepware(R) (

https://www.kepware.com/?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=kepware

), a PTC business developing industrial connectivity software, today announced

the release of the KEPServerEX version 6.3 (

https://info.kepware.com/kepserverex-version-6-3-release?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=kepserverex-version6-3

) industrial connectivity platform. Key enhancements include a new Keyence KV

Ethernet driver, enhanced Create, Read, Update and Delete (CRUD) functionality

for the Configuration API, new time sync functionality for drivers with

Electronic Flow Measurement (EFM) capabilities, and remote project loading via

the ThingWorx(R) IoT Platform ( https://www.thingworx.com/platforms/ ).

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/562061/kepware_logo.jpg

"KEPServerEX version 6.3 is a direct response to our growing presence in

Japan," said Jeff Bates, Kepware Product Manager. "Based on close relationships

with our Japan-based customers and partners, we've created the new Keyence KV

Ethernet driver (

http://kepware.com/products/kepserverex/drivers/keyence-kv-ethernet/?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=keyence-kv-ethernet-driver

) to ensure that our Japanese end-users -- and other KEYENCE PLC users -- will

have access to the industrial data they need. This new driver enables users to

perform better traceability, data monitoring and control, and plant-wide

automation than ever before."

The Keyence KV Ethernet driver included in KEPServerEX version 6.3 enables

KEYENCE PLC users to easily and reliably connect KV series PLCs to diverse

devices and software applications, including OPC clients and IoT solutions.

This driver offers the performance, stability, and ease of use that customers

expect from Kepware software solutions.

"The new Keyence KV Ethernet driver provides customers using Keyence PLCs with

highly stable, easy-to-configure connectivity," said Masatoshi Ueno, Director

Kanto L-Engineering (KLEC), Kepware's Preferred Distributor in Japan. "With

increased communication capabilities, customers using KEYENCE controllers can

more easily execute a number of essential processes, including traceability,

monitoring, and plant-wide automation."

Along with the Keyence KV Ethernet driver, KEPServerEX version 6.3 also

includes:

    -- Enhanced CRUD Functionality for the Configuration API: Configuration

       API users can now remotely trigger project saves for any instance of

       KEPServerEX, create an object with a child hierarchy in a single

       transaction, and create multiple objects in a single transaction.

       Configuration API users can also now make bulk changes to the

       configuration and trigger ATG, enabling faster changes on larger

       projects. KEPServerEX version 6.3 enables users to interact less with

       the local configuration and write common code for objects in

       disparate projects.

    -- Time Sync Functionality for Drivers with EFM Capabilities: Users can

       now set a custom time sync threshold for any driver with EFM

       capabilities and ensure no synchronization occurs unless a specific

       deviation limit is exceeded. OnPoll, the new time sync method

       included in version 6.3, also lets users configure time

       synchronization to occur only after an EFM poll. This reduces network

       traffic and provides users more control over time synchronization,

       without requiring them to open up additional communications with the

       device.

    -- Remote Project Loading with ThingWorx: Taking advantage of the

       existing security of the ThingWorx native client interface in

       KEPServerEX, users can now import a KEPServerEX project from a local

       file store and push the project down to any connected instance of

       KEPServerEX. Once the file has been transferred from the platform to

       the local instance of KEPServerEX, the new project is loaded into the

       runtime. Users can easily adjust network settings and deploy

       KEPServerEX projects remotely -- while managing all of their machine

       instances from a single ThingWorx platform interface.

Additional Resources

    -- Learn more about KEPServerEX version 6.3

       (

https://info.kepware.com/kepserverex-version-6-3-release?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=learn-more-about-kepserverex-v6-3

)

    -- Download a demo now

       (

https://www.kepware.com/products/kepserverex/version-6/?utm_campaign=public-relations-2017&utm_medium=press-release&utm_source=version-6-3-japan&utm_content=download-demo

)

    -- Contact a Kepware representative at +1 888-KEPWARE (537-9273) x208

       or sales@kepware.com

About Kepware

@Kepware ( https://twitter.com/Kepware ) is a software development business of

PTC Inc. located in Portland, Maine. Kepware provides a portfolio of software

solutions to help businesses connect diverse automation devices and software

applications and enable the Industrial Internet of Things. From plant floor to

wellsite to windfarm, Kepware serves a wide range of customers in a variety of

vertical markets including Manufacturing, Oil & Gas, Building Automation, Power

& Utilities, and more. Established in 1995 and now distributed in more than 100

countries, Kepware software solutions help thousands of businesses improve

operations and decision making. Learn more at https://www.kepware.com/.

About PTC

PTC has the most robust Internet of Things technology in the world. In 1986 we

revolutionized digital 3D design. Now our leading IoT and AR platform and

field-proven solutions bring together the physical and digital worlds to

reinvent the way you create, operate, and service products. With PTC, global

manufacturers and an ecosystem of partners and developers can capitalize on the

promise of the IoT today and drive the future of innovation.

PTC.com ( http://www.ptc.com/ )    

@PTC ( http://twitter.com/PTC )   

Blogs ( http://www.ptc.com/blogs )

PTC, the PTC logo, Kepware, and the Kepware logo are registered trademarks of

PTC Inc. or its subsidiaries in the United States and other countries.

Media Contact

Torey Penrod-Cambra

Kepware

+1 (207) 775-1660

tpenrodcambra@ptc.com

SOURCE Kepware

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中