長春が地元企業120社を世界に推薦

Changchun Municipal Government

2017/9/28 13:42

長春が地元企業120社を世界に推薦

AsiaNet 70320 (1510)

【長春(中国)2017年9月27日新華社=共同通信JBN】中国北東部の長春市政府は、高い品質と信用を備えた地元企業120社を最近のイベントで世界に紹介、外国投資の誘致ならびに北東アジアの地域センターとしての同市の構築の促進を狙った。

長春は中国の北東地域および北東アジアの地理的中心に位置する。4つの国家級開発区と国家級新区を有する。長春は中国の重要な産業拠点ならびに商品穀物拠点である。自動車、農産品および機器製造の3つを支柱産業とする同市は、バイオ医薬品、新エネルギー、光電子情報を含む6つの戦略的新興産業も誇りとする。今年上半期は8%の経済成長を維持、全国平均を上回り地域の主要都市をリードした。

ジア・リナ長春市副市長は、中国・モンゴル・ロシア経済回廊および国家の長春市・吉林省・豆満江開放戦略に沿った重要都市として、長春にはロケーション、資源、教育、産業基盤、適切な生産要素、複数の開発区・パーク、有利な環境ならびに政策を含む10の利点があると語った。同市はまた、一層の開放を進め世界の経済発展に統合することを目指す。

First Automobile Group、CRRC Changchun Railway Vehicles Co.、Changchun Ouya Group、Dirui Industrial Co.、Kinglaser Co.およびHaoyue Groupなど複数の企業がリストに含まれた。長春米やシラカバ樹液ワインなどの地元特産品も宣伝された。

チ・グオファ長春市渉外担当局長は、長春は自動車、映画、彫刻、科学教育および緑化で有名であり、9年連続で「最も幸福な都市」の1つに選ばれたと述べた。この宣伝は当市の企業の「海外進出」を助け、より多くの投資を引き付けることになろう。堅固な国際協力は、北東アジアの地域センターとしての当市の開放と発展に貢献する。

ソース:Changchun Municipal Government


Changchun Recommends 120 Local Companies to the World

PR70320

CHANGCHUN, China, Sept. 27, 2017 /Xinhua=KYODO JBN/--

The government of northeast China's Changchun city has introduced 120 local
companies with high quality and credibility to the world in a recent event,
which aimed to promote foreign investment attraction and building of the city
as a regional center of Northeast Asia.  

Changchun is in the geographic center of China's northeast region and Northeast
Asia. It has four national level development zones and a national level new
district. It is an important industrial base and commodity grain base in China.
With automobile, agricultural products and equipment manufacturing as its three
pillar industries, the city also boasts six strategic emerging industries
including biomedicine, new energy and photoelectric information. The city
maintained an economic growth of 8 percent in the first half of the year, above
the national average and leading the major cities in the region.

Jia Lina, deputy mayor of Changchun, said as an important city along the
China-Mongolia-Russia economic corridor and the national Changchun-Jilin-Tumen
opening-up strategy, Changchun has ten advantages including its location,
resources, education, industrial bases, adequate production factors, multiple
development zones and parks, favorable environment and policies. The city also
seeks to open up further and integrate into the world economic development.

The First Automobile Group, CRRC Changchun Railway Vehicles Co., Changchun Ouya
Group, Dirui Industrial Co., Kinglaser Co. and Haoyue Group were among the
companies on the list. Local specialties such as Changchun rice and birch juice
wine were also promoted.

Qi Guohua, director of the city's foreign affairs office, said Changchun was
famous for its automobiles, films, sculptures, scientific education and
greening, and crowned as a city of happiness for nine consecutive years. The
promotion would help the city's companies to "go global" and attract more
investment. A strong international cooperation is conducive to the city's
opening-up and development as the regional center of Northeast Asia.

Source: Changchun Municipal Government


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中