UnionPay(銀聯)カードは必携、中国国外2000万店以上で利用可能

銀聯国際(UnionPay International)

2017/10/2 14:50

UnionPay(銀聯)カードは必携、中国国外2000万店以上で利用可能

AsiaNet 70386 (1533)

【上海2017年10月1日PR Newswire=共同通信JBN】中国国家観光局によると、中国の海外観光旅行はこの国慶節と中秋節の期間中にピークに達する。人気の長距離旅行先は米国やカナダ、オーストラリア、フランス、エジプトで、中国本土の外では2100万店以上の店舗と150万台の現金自動預払機(ATM)がUnionPay(銀聯)カードを受け入れると伝えられている。

各店舗は中国人観光客を歓迎するため、特別サービスとしてUnionPay(銀聯)を受け付ける。最近では欧州の最大級ホテルグループがUnionPay(銀聯)カードを受け入れる。Louvre Hotels Groupの200店、Accor Hotelsの110店などだ。レンタカーのEuropcarも欧州10カ国でUnionPay(銀聯)カードの扱いを始めた。モスクワとサンクトペテルブルクの地下鉄とバスではUnionPay(銀聯)カードで切符が買える。

現在、UnionPay(銀聯)は162カ国・地域で受け入れられている。これには香港やマカオ、日本、シンガポール、マレーシア、タイといった従来からの人気旅行先だけでなく、中央アジアやアフリカ、中南米の小国も含まれる。UnionPay(銀聯)による支払いはカード本体、非接触型、モバイルペイメントなど複数の方法が可能だ。

調査結果によると、この国慶節休暇には中国観光客の54.3%が自由な個人旅行を選択する。UnionPay(銀聯)はそうした人々のニーズに応えるため、免税店からショッピングセンタ-、旅行予約、特に食事やレジャー、娯楽、公共交通にまでカード受け入れネットワークを広げた。

米国とタイ、アラブ首長国連邦(UAE)の多くのレンタカー会社はUnionPay(銀聯)カードをサポートしている。カード保有者はオーストラリアやシンガポール、日本ではタクシー料金の支払いにUnionPay(銀聯)カードを使えそうだ。欧州鉄道Eurailのすべてのパスや台湾高速鉄道の切符もインターネットで買えるかもしれない。

欧州では230万店以上の店舗がUnionPay(銀聯)カードを受け入れる。米国ではほぼすべてのATMではUnionPay(銀聯)で現金を引き出せ、店舗の80%以上でUnionPay(銀聯)クレジットカードが利用できる。

携帯電話での支払いを好む中国人が増える中で、特約店はUnionPay(銀聯)モバイルペイメントも認めている。最近UnionPay(銀聯)モバイルQuickPassサービスがギリシャに導入され、UnionPay(銀聯)カード保有者は携帯電話のタップだけで支払いができる。少額切符の購入では暗証番号やサインは必要ない。ギリシャ最大手銀行グループのPiraeus Bankは年末までに、国内5万店の店舗でモバイルQuickPassを稼働させる。

UnionPay(銀聯)のモバイルQuickPassは、NFC(非接触型)やQRコードを含むさまざまな支払い方法をサポートしている。NFCのQuickPassは香港やマカオ、台湾、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ロシアを含む10カ国・地域以上の52万台強のPOS端末で使える上、香港とシンガポールではQRコードのQuickPassが始まっている。

UnionPay(銀聯)のカード保有者は携帯電話を使って税金還付が簡単に請求できる。オーストラリアでUnionPay(銀聯)カード保有者は税金還付アプリのTRSでインターネットを経由して税金還付を申請できる。ドイツの150以上の店舗で買い物をした中国人観光客はSafety Tax Freeアプリでカードに税金を払い戻すよう請求できる。

▽問い合わせ先

Agnes Hou, houlingwei@unionpayintl.com, +86 021 20265843

ソース:UnionPay International

Over 20 million merchants outside the Chinese Mainland take UnionPay service as a must-have

PR70386

SHANGHAI, Oct. 1, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

According to China's National Tourism Administration, China's outbound tourism

reaches its peak during this National Day and Mid-Autumn Festival, with the

USA, Canada, Australia, France and Egypt being the preferred long-distance

destinations. It's reported that more than 21 million merchants and 1.5 million

ATMs outside the Chinese Mainland accept UnionPay cards.

To welcome Chinese tourists, merchants are taking the acceptance of UnionPay as

a significant service. Recently, the two largest hotel groups in Europe have

accepted UnionPay cards, including 200 stores of Louvre Hotels Group and 110

stores of Accor Hotels. Europcar Car Rental, across 10 European countries, also

start to accept UnionPay; and Moscow and St. Petersburg subway and buses accept

UnionPay cards to buy tickets.

Currently, UnionPay is accepted in 162 countries and regions, not only

including traditionally popular destinations like Hong Kong, Macau, Japan,

Singapore, Malaysia and Thailand, but also including some niche countries in

Central Asia, Africa and Latin America. Multiple UnionPay payment methods are

available, such as card-based, contactless and mobile payment.  

Survey shows that 54.3% of Chinese tourists choose to go on

free-and-independent trips for this National Day Holiday. To meet their needs,

UnionPay has extended its acceptance network from duty-free stores, shopping

centers and hotels to travel booking, specialty foods, leisure and recreation

and public transportation.

Many car rental companies in the US, Thailand, UAE and Europe support UnionPay

cards; Cardholders may use UnionPay card to pay for the taxi fare in Australia,

Singapore, Japan; Tourists may also purchase Eurail all-pass ticket and Taiwan

high speed rail ticket online.

In Europe, over 2.3 million merchants accept UnionPay card. In the US, almost

all ATMs accept UnionPay for cash withdrawal, and over 80% of local merchants

accept UnionPay credit cards.

As more Chinese people prefer to pay with mobile phones, merchants are also

accepting UnionPay mobile payment products. Recently, UnionPay mobile QuickPass

service was launched in Greece, which enables UnionPay cardholders to pay with

a tap-and-go move. No PIN nor signature is required for small-ticket payment.

By the end of this year, Piraeus Bank, the largest bank group in Greece will

enable 50,000 local merchants to support mobile QuickPass.

UnionPay mobile QuickPass supports various payment methods including NFC and QR

code. NFC QuickPass is accepted at over 520,000 POS terminals in more than 10

countries and regions including Hong Kong, Macau, Taiwan, Singapore, Malaysia,

Australia, New Zealand, Canada, Russia and the UAE, while QR Code QuickPass is

launched in Hong Kong and Singapore.

UnionPay cardholders are also able to easily claim for tax refund with mobile

phones. In Australia, UnionPay credit cardholders can claim for tax refund

online via the tax refund APP, "TRS". Chinese tourists who have shopped at over

150 German merchants can claim for tax refund to their UnionPay cards via the

APP of "Safety Tax Free".

CONTACT: Agnes Hou, houlingwei@unionpayintl.com, +86 021 20265843

SOURCE: UnionPay International

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中