Wi-SUN Allianceが認証局サービスをメンバー企業に提供するためグローバルサインを選択

Wi-SUN Alliance

2017/10/3 10:20

Wi-SUN Allianceが認証局サービスをメンバー企業に提供するためグローバルサインを選択

AsiaNet 70392 (1541)

【モーガンヒル(米カリフォルニア州)、ボストン2017年10月2日PR Newswire=共同通信JBN】

*今回の重要発表で、世界的なアライアンスがIoTセキュリティー計画を推進する

Wi-SUN Allianceは2日、Wi-SUN Allianceメンバー企業に認証局(CA)サービスを提供するため、世界的な認証機関でインターネット・オブ・シングス(IoT)向け認証・セキュリティーソリューションの大手プロバイダーであるグローバルサイン(GlobalSign)(http://www.globalsign.com/ )を選択した。Wi-SUNフィールド・エリア・ネットワーク(Field Area Network、FAN)に接続するあらゆるデバイスは、FAN接続を認証するために証明書を内蔵しなければならない。今回の合意は、150社以上のWi-SUN製品企業へのWi-SUN FAN認証プログラム向けの証明書発行の独占サードパーティー・サプライヤーとしてグローバルサインを任命する。これはIoTネットワーク戦略にとって中心となるセキュリティーを確固たるものにするといAllianceのコミットメントを明確にするものである。

Wi-SUN Allianceのフィル・ビーチャー会長は次のように語った。

「世界の多数の国は近いうちに、インターネット・オブ・シングスに依存して給電し、街路灯を制御し、交通管理、多数の公共職務を提供し、市民の生活の質を向上させることになる。しかし、テクノロジーの利用は、ハッキングのリスクも増大させるので、ネットワーク・セキュリティーは最優先事項となる」

「証明書ベースの認証は、バイオメトリックパスポートに似ている。この認証は、デバイスが不正に変更されたり、リプログラムされたりしないことを証明し、セキュリティー侵害を受けたデバイスがネットワークに再接続されて混乱を起こすことを防止するので、他のIoTテクノロジーを超えるセキュリティー水準を提供する」

「Wi-SUN Allianceメンバー企業は世界中に数千万規模の互換性があるIoTデバイスを展開しているので、この規模で認証局が機能することが必須である。これはグローバルサインがすでに実行しているものである。グローバルサインとのパートナーシップはフィールド・エリア・ネットワーク(FAN)認証プログラムにおける大きな1歩で、IoT通信テクノロジーにおける方法をリードするというわれわれのコミットメントを実証するものであり、セキュリティーがわれわれの戦略の中核を成すことを保証している」

Wi-SUN Allianceがグローバルサインを選んだ主要な要因は、同社が電力グリッド市場と強い関係を擁していることであり、同社はこの市場に対する長期間のコミットメントによって、同社のライラ・キー最高製品責任者が北米エネルギー規格委員会(NAESB)の役員メンバーである事実を含め、このコミュニティーのニーズを深く理解している。

グローバルサインのランセン・ラチャンス副社長(製品管理、IoT認証ソリューション担当)は「通信規格を確立するWi-SUNの取り組みが公共事業およびスマートシティーの分野で業界をリードしていることは明白である。重要インフラストラクチャーにおける相互運用性があるセキュリティーを確立するというWi-SUNの構想および計画は、安全で信頼がおけるコネクテッド・エコシステムを育成するためには不可欠である。Wi-SUNメンバー企業と協力してIoTセキュリティーと認証を、ハイスケールでハイバリューの環境に組み込んでいきたい」と語った。

Wi-SUN Allianceは10月3日から5日までRAI Amsterdamで開催されるEuropean Utility Week(ブース番号1J92)に出展する。

▽Wi-SUN Allianceについて

Wi-SUN Allianceは世界を代表する企業から成る世界的な会員制の非営利団体である。その使命は、IEEE802、IETF、TIA、TTC、ETSIなど、国際規格設定機関のオープン・グローバルスタンダードを使って、スマートシティー、スマートグリッド、その他のインターネット・オブ・シングス(IoT)アプリケーションで使用される相互互換性がある無線ソリューションの世界普及を促進することにある。Wi-SUN Allianceは世界で150社以上のメンバーを擁し、あらゆる業界関係者が参加できるとともに、シリコンベンダー、サービスプロバイダー、公共事業者、大学、企業、市町村、地方政府組織が参加している。

詳細はウェブサイトwww.wi-sun.org を参照。

Wi-SUN AllianceとWi-SUN Allianceのロゴは、Wi-SUN Allianceの商標である。

▽GMOグローバルサインについて

グローバルサイン(GlobalSign)(http://www.globalsign.com/ )は信頼される認証・セキュリティーソリューションをリードするプロバイダーであり、世界の企業、大規模エンタープライズ、クラウドサービスプロバイダー、IoTイノベーターがオンライン通信のセキュリティーを確立し、数百万の認証デジタルアイデンティティーを管理し、認証および暗号化を自動化する。同社の大規模なPublic Key Infrastructure(PKI)とアイデンティティー・ソリューションはインターネット・オブ・エブリシング(IoE)を構成する数億のサービス、デバイス、人々、モノをサポートする。同社は米州、欧州、アジアにオフィスを構えている。詳細はウェブサイトhttps://www.globalsign.com を参照。

▽GMOクラウドについて

GMOクラウド(TSE: 3788)はクラウドソリューションを専門とするフルサービスのITインフラストラクチャー・プロバイダーである。1996年ホスティング企業として創設された同社は、13万社以上にマネージドサービスを提供し、現在、日本に6500の販売パートナーを擁している。2011年2月、同社はGMOクラウドを開始し、クラウドベース・ソリューションへの重点を強化した。2007年以来、同社はまた、ベルギー、英国、米国、中国、シンガポールにおけるオフィスを通じてグローバルサインSSLセキュリティーブランドを発展させてきた。詳細はウェブサイトhttp://ir.gmocloud.com/english/ を参照。

▽GMOインターネットグループについて

GMOインターネットグループはインターネットサービス業界のリーダーであり、日本で最も広範に使用されるドメイン、ホスティング&クラウド、電子商取引、セキュリティー、決済ソリューションを開発、運営している。グループは世界最大のオンラインFX取引プラットフォームをはじめ、オンライン広告、インターネットメディア、モバイルエンターテインメント製品も擁している。GMOインターネット(TSE: 9449)は東京に本社を構えている。詳細はウェブサイトhttp://www.gmo.jp/en/ を参照。

ソース:Wi-SUN Alliance

▽問い合わせ先

Shannon Mayette

Wi-SUN Alliance

media@wi-sun.org

602-882-4733

Amy Krigman

Public Relations Manager

GlobalSign

Direct:603-570-7091

amy.krigman@globalsign.com

Wi-SUN Alliance Selects GlobalSign to Provide Certificate Authority Services to Member Companies

PR70392

MORGAN HILL, Calif. and BOSTON, Oct. 2, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Global alliance driving IoT security agenda with key announcement -

The Wi-SUN Alliance today announced it has selected GlobalSign

(http://www.globalsign.com/ ), a global Certificate Authority and leading

provider of identity and security solutions for the Internet of Things (IoT),

to provide Certificate Authority (CA) services to Wi-SUN Alliance member

companies. Every device that connects to the Wi-SUN Field Area Network (FAN)

must include a certificate in order to authenticate its entry; this agreement

will appoint GlobalSign as the exclusive third party supplier of certificates

for the Wi-SUN FAN certification program to more than 150 Wi-SUN product

companies. This provides further evidence of the Alliance's commitment to

making security central to its IoT network strategy.

"Many countries across the world will soon become reliant on the Internet of

Things to deliver their electricity, control their street lighting, provide

traffic management and many more common tasks to improve the quality of life

for their citizens. However, the use of technology also increases the risk of

hacking so network security is paramount," says Phil Beecher, chairman, Wi-SUN

Alliance.

"Certificate-based authentication is similar to a biometric passport in that it

verifies that devices have not been tampered with or reprogrammed and will

prevent any compromised devices from re-joining the network and causing any

disruption, providing a level of security unsurpassed by other IoT

technologies."

"Wi-SUN Alliance member companies are deploying globally tens of millions of

compatible IoT devices so it is essential that a Certificate Authority can

operate at this scale. This is something GlobalSign is already experienced in

doing. The partnership with GlobalSign is a significant step in our Field Area

Network (FAN) certification program and demonstrates our commitment to lead the

way in IoT communications technology, ensuring that security is central to our

strategy," adds Beecher.

A key factor in the Wi-SUN Alliance's choice was GlobalSign's strong ties to

the electric grid marketplace, where GlobalSign's long-standing commitment

gives the company a deep understanding of the needs of the community within it,

including the fact that its chief product officer, Lila Kee, is a board member

of the North American Energy Standards Board (NAESB).

"Wi-SUN's work in establishing communication standards is undoubtedly industry

leading in the Utility and Smart City space," said Lancen Lachance, vice

president, product management, IoT identity solutions, GlobalSign. "Wi-SUN's

vision and forethought to establish standards for interoperable security into

critical infrastructure is essential to grow a safe, reliable, connected

ecosystem. We're looking forward to working with Wi-SUN's member companies to

incorporate IoT security and identity into their high scale, high value

environments."

The Wi-SUN Alliance will be exhibiting at European Utility Week (booth number

1J92), which takes place at RAI Amsterdam from 3-5 October 2017.

About the Wi-SUN Alliance

The Wi-SUN Alliance is a global non-profit member-based association comprised

of industry leading companies. Its mission is to drive the global proliferation

of interoperable wireless solutions for use in smart cities, smart grids and

other Internet of Things (IoT) applications using open global standards from

international standards organisations, such as IEEE802, IETF, TIA, TTC and

ETSI. With more than 150 members worldwide, membership of the Wi-SUN Alliance

is open to all industry stakeholders and includes silicon vendors, product

vendors, services providers, utilities, universities, enterprises and

municipalities and local government organisations.

For more information, please visit: www.wi-sun.org.

Wi-SUN Alliance and the Wi-SUN Alliance logo are trademarks of the Wi-SUN

Alliance.

About GMO GlobalSign

GlobalSign (http://www.globalsign.com/ ) is the leading provider of trusted

identity and security solutions enabling businesses, large enterprises, cloud

service providers and IoT innovators around the world to secure online

communications, manage millions of verified digital identities and automate

authentication and encryption. Its high-scale Public Key Infrastructure (PKI)

and identity solutions support the billions of services, devices, people and

things comprising the Internet of Everything (IoE). The company has offices in

the Americas, Europe and Asia. For more information, please visit

https://www.globalsign.com.

About GMO Cloud KK

GMO Cloud K.K. (TSE: 3788) is a full-service IT infrastructure provider focused

on cloud solutions. Established as a hosting company in 1996, the company has

managed servers for more than 130,000 businesses and now has 6,500 sales

partners throughout Japan. In February of 2011, the company launched GMO Cloud

to enhance its focus on cloud-based solutions. Since 2007, the company has also

grown its GlobalSign SSL security brand through offices in Belgium, the U.K.,

the U.S., China and Singapore. For more information, please visit

http://ir.gmocloud.com/english/

GMO Internet Group

GMO Internet Group is an Internet services industry leader, developing and

operating Japan's most widely used domain, hosting & cloud, ecommerce,

security, and payment solutions. The Group also includes the world's largest

online FX trading platform, as well as online advertising, Internet media, and

mobile entertainment products. GMO Internet, Inc. (TSE: 9449) is headquartered

in Tokyo, Japan. For more information, please visit http://www.gmo.jp/en/.

SOURCE:  Wi-SUN Alliance

CONTACT: Shannon Mayette

Wi-SUN Alliance

media@wi-sun.org

+1-602-882-4733;

Amy Krigman

Public Relations Manager

GlobalSign

Direct:+1-603-570-7091

amy.krigman@globalsign.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中