MediaTek、日本でのNB-IoT普及・促進に向けて相互接続性試験をソフトバンクと実施

MediaTek Inc.

2017/10/3 12:06

MediaTek、日本でのNB-IoT普及・促進に向けて相互接続性試験をソフトバンクと実施

AsiaNet 70402

MediaTek、NB-IoTテクノロジーへの取り組みを加速させマーケット需要に対応

【東京、新竹(台湾)2017年10月3日PR Newswire】

MediaTek Inc. (本社:台湾新竹市、日本法人:メディアテックジャパン株式会社、以下:MediaTek)は、ソフトバンク株式会社と、IoT機器向けのLTE規格であるNB-IoT(NarrowBand-IoT)の相互接続性試験を2018年第1四半期より順次実施し、NB-IoTの商用サービスの提供に向けた取り組みを推進していきます。MediaTekは、今回の取り組みを通じて、自社のNB-IoTテクノロジーの進化を図ると共に、NB-IoTのグローバル展開に向けた取り組みを進めていきます。

メディアテックジャパン ジェネラルマネージャー 櫻井義孝は次のようにコメントしています。「MediaTekはNB-IoTの技術開発の最前線にいることを誇りに思っています。このNB IoT技術は、コスト効率および電力効率に優れた新たなネットワーク接続を実現する可能性を秘めています。この度のソフトバンク社との取り組みは、当社のMT2625 NB-IoT SoCソリューションの発表、および世界各国の大手通信事業者とのコラボレーションと共に、IoTの爆発的な成長を加速する新しい時代に向けたMediaTekのコミットメントを示すものです。」

MediaTekは、NB-IoTのための3GPP LPWA仕様の策定と導入において、極めて重要な役割を果たしてきました。当社は先ごろ、高度に統合された超低消費電力のMT2625 NB-IoTシステムオンチップ(SoC)を発表すると共に、世界最小のNB-IoTモジュール(16mm×18mm)を発表しました。

MediaTekのMT2625 NB-IoTチップセットは、低コストかつ小型というIoTデバイスに求められる開発要件を満たすと同時に、MediaTekの先進の省電力テクノロジーを活用することで、IoTデバイスを電池だけで数年に渡り駆動できるように設計されています。高度に統合されたSoCには、Arm® Cortex®-Mマイクロコントローラー(MCU)、PSRAM、フラッシュメモリ、およびパワーマネジメントユニット(PMU)が小型のパッケージに集積されており、製造コストの削減と市場投入までの開発期間を短縮することを可能にします。またMT2625は、3GPP R13(NB1)およびR14(NB2)標準で定義される全ての周波数帯域(450MHz~2.1GHz)をサポートしており、スマートホームやトラッキングデバイス、スマートメーターを含むさまざまなIoTアプリケーションに活用することが出来ます。

MediTekのMT2625に関する情報はこちらのサイトをご覧ください。

http://www.mediatek.com/products/nbIot/mt2625

MediaTekは、千葉・幕張メッセで2017年10月3~6日に開催されるCEATEC JAPAN 2017にて、当社の最新テクノロジーを展示いたします。デモをご覧になりたい方やさらに詳しくお知りになりたい方は、MediaTekブース#D081までお越しください。

###

MediaTekについて

MediaTekは、年間15億台ものコネクテッドデバイスを提供する、グローバルファブレス半導体メーカーです。モバイルデバイス、ホームエンターテイメント、コネクティビティ、およびIoT製品などの用途向けの、革新的なシステムオンチップ(SoC)開発において、市場をリードしています。当社のイノベーションへの取り組みは、スマートフォンやタブレット、デジタルテレビ、OTTボックス、ウェアラブル端末、自動車用ソリューションなどの幅広い製品において、電力効率に優れたモバイルテクノロジーや高度なマルチメディアソリューションを含む、いくつもの主要テクノロジー分野の市場でその地位を確固たるものにしています。MediaTekは、スマートテクノロジーを通じて人々が視野を広げ、容易に夢を実現できるように、力と元気を与えます。当社ではこの概念を「Everyday Genius」と呼び、企業活動の基盤としています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。www.mediatek.com

メディアテック広報室:

PR@mediatek.com

ケヴィン・キーティング(Kevin Keating)

+1- 206-321-7295

10188 Telesis Ct #500, San Diego, CA 92121, USA

ジョーイ・リー(Joey Lee)

+886 3-567-0766 # 31602

No. 1, Dusing 1st Rd., Hsinchu Science Park, Hsinchu City 30078, Taiwan

(日本語リリース:クライアント提供)

MediaTek Announces Interoperability Tests with SoftBank to Drive NB-IoT Development in Japan

PR70402

TOKYO and HSINCHU, Taiwan, Oct. 3, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

MediaTek furthers its commitment in NB-IoT technology to meet market demand

MediaTek Inc. today announced it will conduct a series of interoperability

tests of NarrowBand IoT connectivity (NB-IoT) with SoftBank Corp. ("SoftBank"),

a subsidiary of SoftBank Group Corp., in the first quarter of 2018 to pave the

way for development of NB-IoT commercial applications in Japan. This

interoperability test will further efforts to advance MediaTek's NB-IoT

technology and ready the connectivity standard for global deployment.

"MediaTek is proud to be at the forefront of NB-IoT technology innovation,

which has the potential to deliver new ways to connect that are both cost

effective and power efficient" said Yoshitaka Sakurai, General Manager of

MediaTek Japan. "This initiative with SoftBank, along with the unveiling of our

MT2625 NB-IoT SoC solution and our collaboration with leading

telecommunications companies around the world, demonstrates MediaTek's

commitment to an exciting new era that's set to fuel the massive growth of the

Internet of Things."

MediaTek has played a pivotal role in the formulation and implementation of the

3GPP LPWA specification for NB-IoT. The company recently unveiled its highly

integrated and ultra-low-power MT2625 NB-IoT System-on-Chip (SoC) and announced

its collaboration with China Mobile to build the world's smallest NB-IoT module

(16mm X 18mm) around the chipset.

The company's MT2625 NB-IoT chipset is built to meet the requirements of

cost-sensitive and small IoT devices and leverages MediaTek's advanced power

consumption technology to enable IoT devices to work with batteries for years.

The highly integrated SoC combines an Arm(R) Cortex(R)-M microcontroller (MCU),

pseudo-static RAM (PSRAM), flash memory and power management unit (PMU) into a

small package to lower the cost of production while also speeding up

time-to-market. The MT2625 supports a full frequency band(from 450MHz to

2.1GHz) of 3GPP R13 (NB1) and R14 (NB2) standards for a wide range of IoT

applications including smart home control, logistics tracking and smart meters.

For more information about the MediaTek MT2625, please visit:

http://www.mediatek.com/products/nbIot/mt2625

MediaTek's latest technologies will be showcased at CEATEC JAPAN 2017, being

held Oct. 3 - 6, 2017 at Makuhari Messe in Chiba, Japan. To see demonstrations

and learn more, please visit MediaTek's booth # D081.

About MediaTek Inc.

MediaTek Incorporated (TWSE: 2454) is a global fabless semiconductor company

that enables 1.5 billion connected devices a year. We are a market leader in

developing innovative systems-on-chip (SoC) for mobile device, home

entertainment, connectivity and IoT products. Our dedication to innovation has

positioned us as a driving market force in several key technology areas,

including highly power-efficient mobile technologies and advanced multimedia

solutions across a broad range of products such as smartphones, tablets,

digital televisions, OTT boxes, wearables and automotive solutions. MediaTek

empowers and inspires people to expand their horizons and more easily achieve

their goals through smart technology. We call this idea Everyday Genius and it

drives everything we do. Visit www.mediatek.com for more information.

MediaTek Press Office:

PR@mediatek.com

Kevin Keating, MediaTek

+1- 206-321-7295

10188 Telesis Ct #500, San Diego, CA 92121, USA

Joey Lee, MediaTek

+886 3-567-0766 # 31602

No. 1, Dusing 1st Rd., Hsinchu Science Park, Hsinchu City 30078, Taiwan

SOURCE  MediaTek Inc.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中