インドネシア証券取引所初の新興企業KiosonがIPOで10倍超の応募超過

Kioson

2017/10/10 15:15

インドネシア証券取引所初の新興企業KiosonがIPOで10倍超の応募超過

AsiaNet 70461 (1575)

【ジャカルタ(インドネシア)2017年10月6日PR Newswire=共同通信JBN】インドネシア初のオンライン・ツー・オフライン(O2O)電子商取引(eコマース)会社PT Kioson Komersial Indonesia Tbk.(Kioson(https://www.kioson.com/ )は6日、インドネシア証券取引所(IDX)に銘柄コードKIOSで正式に株式を上場した。IDXに上場した初の新興企業である。Kioson株は300ルピアの値を付け、450億ルピアの資金を確保した。Kiosonは応募期間中、公募予定数の10倍を超える応募超過を記録した。

Kiosonのジャシン・ハリム取締役社長は「この新規株式公開(IPO)は一般投資家がテクノロジー新興企業に初めて投資できるという意味で、インドネシア資本市場にとって重要である。このIPOは、サービスが不十分な市場のデジタルギャップを埋める当社の戦略の一環であり、インドネシアの2級都市へのデジタルサービスの普及を後押しする。」と語った。

インドネシアの2億5000万の人口のデジタルギャップは大きい。インドネシア情報通信省の2015年のデータによると、9340万人のインターネット利用者のうち活発なオンラインショッパーは870万人にすぎない。農村地域のインターネット利用者の比率はまだ17.3%である。「サービスが不十分な市場に最大の機会がある。彼らにとってオンライン取引の重要問題は3点ある。支払い、配送、eコマースへの信頼である。Kiosonはこれらの問題に対処して誰でもオンライン取引できるO2Oプラットフォームである」とジャシン氏は述べた。

KiosonはIPOで調達した全資金の78.95%をPT Narindo Solusi Komunikasiの買収に充てる。Kiosonのセティアワン・パリケシト財務担当役員は「この買収はNarindoが保有する資産を通じて当社のインフラストラクチャーを強化する。eバウチャー・アグリゲーター業務に重点を置くNarindoは上流からの事業を持続し、われわれはKiosonの核心部分を支える」と語った。Kiosonのサービスはデジタルサービスとペイメントポイント・オンラインバンク(PPOP)、金融サービス、eコマースサービスを含む。

Kiosonは2015年に開業し、優れた業績を上げてきた。2017年4月30日までの年間収益は259億ルピアで、前年同期の47億ルピアの445%増だった。この業績はインドネシアの384都市で少なくとも1万9000のキオスクパートナー(2017年9月)の支援による。Kiosonは2017年末までにキオスクパートナーを前年同期比400%増の3万に増やす計画である。

▽問い合わせ先

Mr. Aziz Hasibuan

(+62)-811-191-9033

ソース:Kioson

Kioson, the First Startup on the Indonesian Stock Exchange, Recorded an Oversubscription of More than 10 Times

PR70461

JAKARTA, Indonesia, Oct. 6, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/--

PT Kioson Komersial Indonesia Tbk. (Kioson(https://www.kioson.com/)), the first

Online-to-Offline (O2O) Indonesian e-commerce company, officially lists its

shares on the Indonesia Stock Exchange (IDX) today under the ticker code KIOS.

It is the first startup to list on the IDX. Kioson stock was set at Rp 300 per

share and managed to secure up to Rp 45 billion in funds. During the public

offering period, Kioson recorded an oversubscription more than 10 times of the

total number of shares offered.

Kioson President Director Jasin Halim said, "This IPO is important for the

Indonesian capital market, as for the first time, retail investors can place

their funds in a technology startup." Jasin also added, "This IPO is part of

our strategy to bridge the digital gap for the underserved market and boost the

penetration of digital services to second tier cities in Indonesia."

The digital gap among Indonesia's population of 250 million people is wide.

Based on Indonesian Ministry of Information and Communication data (2015), only

8.7 million active online shoppers from the total 93.4 million internet users.

The ratio of internet users in rural areas is still at 17.3 percent. "The

largest opportunity is in the underserved market. There are three key issues

for them to be online: Payment; Logistics; and Trust towards e-commerce. Kioson

is an O2O platform that addresses those issues to make everyone transact

online," said Jasin.

From the total funds raised through the IPO, as much as 78.95 percent will be

used by Kioson to acquire PT Narindo Solusi Komunikasi. "This acquisition will

strengthen our infrastructure through the assets owned by Narindo. Narindo that

focuses on the e-voucher aggregator business will maintain the company's

business from upstream, so we expect to support the Kioson bottom line," said

Kioson Finance Director Setiawan Parikesit. Kioson services include: Digital

services and Payment Point Online Bank (PPOB), financial services, and

e-commerce services.

Started in 2015, Kioson has demonstrated excellent performance. As of April 30,

2017, the company's revenue has reached Rp 25.9 billion, soaring 445 percent

from Rp 4.7 billion (YoY). This achievement was supported by at least 19,000

kiosk partners within 384 cities in Indonesia (Sept 2017). Kioson aims to raise

the number of kiosk partners to 30,000 by the end of 2017 or 400 percent

increase (YoY).

Contact

Mr. Aziz Hasibuan

(+62)-811-191-9033

SOURCE  Kioson

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中