IndiGridが3つの送電アセットの買収を承認

IndiGrid

2017/10/10 17:25

IndiGridが3つの送電アセットの買収を承認

AsiaNet 70484 (1591)

【ムンバイ2017年10月9日PR Newswire=共同通信JBN】

主要ハイライト

*IndiGridのAUMは買収後に40%増加

*年率分配金は1ユニット当たり11.00インドルピーから11.44インドルピーへと4%増加

*予想イールドは11.6%(注)から12.1%(注)に増加

(注)2017年10月6日の終値で1ユニット当たり94.93インドルピー

電力セクターではインド初のインフラストラクチャー投資信託のIndiGridは、同社のスポンサーSterlite Power Grid Ventures Ltdが所有する3つの送電アセットを149億インドルピーで買収することを承認した。この買収によってAUMは40%増加し、380億インドルピーから530億インドルピーになる。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/569718/IndiGrid_Logo.jpg

この3つのアセットは、合計1425ckm(サーキット・キロメートル)の5つの送電線から成り、IndiGridの全体ポートフォリオは8州にまたがる13の送電網と2つの変電所に増加する。

この州間アセットは競争入札を通じて、建設・所有・運営・維持(Build, Own, Operate and Maintain)モデル方式で永続的に付与された。これらは、残り約34年間の長期契約期間があり、インドの接続ポイント・メカニズムで運用されており、収益のリスクを大幅に軽減する。IndiGridのプラティク・アガルワル最高経営責任者(CEO)は買収にあたり「今回の3件の買収は、稼働中の送電網アセットの取引を積み重ねることによって、IndiGridのプラットフォームを拡大していくという当社の強力なコミットメントをあらためて示したものであり、これは長期のキャッシュフローと、低い契約先リスクをもたらす。われわれは今後も、第3社アセットを含め、このような成長機会を追求していく」と語った。

この買収資金は、利用可能なヘッドルームを活用するために全額負債となる。これらのアセットはAAA格付けされているIndiGridの既存アセットと同じ特徴を持つ。この買収によって、アセットに関するIndiGridの負債は26%から約49%に増加する。取引は従来のように規制当局の認可とユニット投資信託所有者の承認が必要であり、2018年第1四半期には完了する予定。

▽買収の詳細

a.RAPP Transmission Company Limited:ラジャスタンおよびマディア両州にある総延長403ckmの2重サーキット州間送信網である1つの400 KV。これは2016年2月に引き渡された。

b.Purulia & Kharagpur Transmission Company Limited:西ベンガルとジャルカンド両州にある総延長545ckmの州間送電網である2つの400 KV。1つは2016年6月に引き渡され、もう1つは2017年1月に引き渡された。

c.Maheshwaram Transmission Limited:テランガナ州にある総延長477 ckmの州間送電網である2つの400 KV。このうち1つは2017年9月に引き渡され、残りの1つは2017年10月に引き渡される予定。

▽IndiGridについて

IndiGridはインドの州間送電アセットを所有するために設立された同国初のインフラストラクチャー投資信託(InvIT)である。IndiGridは、全長1936ckmになる8つの送電線と6000 MVA容量の2つの変電所を含め、10の独立した収益創出要素を所有している。InvITはインドの優れた運営がなされているインフラストラクチャー資産を所有する投資手段であり、不動産投資信託(ReIT)、Yieldco、マスター・リミテッド・パートナーシップ(MLP)と同種である。詳細はhttp://www.indigrid.co.in を参照。

▽問い合わせ先

メディア:corpcomm@indigrid.co.in

投資家:Investor.relations@indigrid.co.in

ソース:IndiGrid

IndiGrid Approves Acquisition of Three Power Transmission Assets

PR70484

MUMBAI, Oct. 9, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Key Highlights:     

- IndiGrid's AUM will increase by 40% post these acquisitions     

- Annualized distribution will increase by 4% from INR 11.00 to 11.44 per unit

- The implied yield will increase from 11.6%* to 12.1%*  

*based on INR 94.93/ unit closing price of 6 October 2017

  

IndiGrid, India's first Infrastructure Investment Trust in the power sector,

has approved the acquisition of three power transmission assets from its

sponsor Sterlite Power Grid Ventures Ltd at a value of INR 14.9 billion. These

acquisitions result in a 40% increase in AUM, from INR 38 billion to INR 53

billion.

     (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/569718/IndiGrid_Logo.jpg )

The three assets consists of 5 transmission lines aggregating 1,425 ckms thus

increasing its total portfolio to 13 transmission lines and 2 substations

across 8 states.

These inter-state assets were awarded on perpetual basis on a Build, Own,

Operate and Maintain model through competitive bidding. They have a long

residual contractual life of about 34 years and are operating under the Point

of Connection mechanism in India thereby significantly de-risking the revenues.

Commenting on the acquisition, Mr. Pratik Agarwal, Chief Executive Officer,

IndiGrid, said, "These three acquisitions reaffirm our strong commitment to

growing the IndiGrid platform through accretive transactions of operational

power transmission assets, which have long-term cash flows and low counterparty

risks. We will continue to pursue all such growth opportunities, including

third party assets."

The proposed acquisition will be funded entirely through debt in order to

utilize the available headroom. These assets have the same characteristics as

the existing assets of IndiGrid which is AAA rated. This acquisition will

increase IndiGrid's debt to assets ratio from 26% to nearly 49%.

The transaction is subject to customary regulatory and unitholders approvals

and is expected to be completed in Q1 CY18.

Acquisition Details:   

a. RAPP Transmission Company Limited: One 400 KV double circuit interstate

transmission line of 403 circuit kms in the states of Rajasthan and Madhya

Pradesh. The line was commissioned in February 2016.

b. Purulia & Kharagpur Transmission Company Limited: Two 400 kV interstate

transmission lines of 545 circuit kms in the states of West Bengal and

Jharkhand. One line was commissioned in June 2016 and the other line in January

2017.

c. Maheshwaram Transmission Limited: Two 400 kV interstate transmission lines

of 477 circuit kms in the state of Telangana. One line was commissioned in

September 2017 and other line is expected to commission in October 2017.

About IndiGrid:  

IndiGrid is the first Infrastructure Investment Trust ("InvIT") established to

own inter-state power transmission assets in India. IndiGrid owns 10

independent revenue generating elements, including 8 transmission lines of

1,936 ckms and 2 substations of 6,000 MVA capacity. InvITs are investment

vehicles to own predominantly operating infrastructure assets in India and are

akin to Real Estate Investment Trusts ("ReIT"), Yieldcos and master limited

partnerships ("MLP"). For more details, please visit http://www.indigrid.co.in.

For details contact:

Media: corpcomm@indigrid.co.in

Investor Relations: Investor.relations@indigrid.co.in

Source: IndiGrid

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中