世界最大のステーションフリー型バイクシェアリング会社ofoが米国で成長

ofo

2017/10/11 11:27

世界最大のステーションフリー型バイクシェアリング会社ofoが米国で成長

AsiaNet 70502 (1595)

【ワシントン2017年10月10日PR Newswire=共同通信JBN】

*世界最大のステーションフリー型バイクシェアリング会社がシアトルおよびマサチューセッツ州での事業開始に次ぎ、首都ワシントンに進出

世界最大のステーションフリー型バイクシェアリング会社ofoは10月10日、米国の首都ワシントンでの事業開始を発表した。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/570468/ofo_Bike.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/570467/ofo_new_logo_500.jpg

ofoのダイ・ウェイ創設者兼最高経営責任者(CEO)は「当社はこれまで米国におけるわれわれの自転車事業の大幅拡大を目の当たりにしてきたが、ofoを首都ワシントンで提供できることを大変うれしく思う。新しい地域への進出を継続しているが、便利で環境に優しいこと、および健康上の利益のため、ofoに大きな関心を示す都市がますます増えている。当社は近いうちに、ofoをもっと多くの全米の都市に提供していくつもりである」と語った。

ofoは最初の週に鮮やかな黄色の自転車400台を配備する。首都ワシントンの試験的政策に従って、フォギーボトム、ファラガットスクエア、デュポンサークル、チャイナタウン、ユニオンステーションなどの交通量の多い地域を含む、すべての地区に自転車を配備する。ユーザーはofoアプリをダウンロードして近くの自転車を探し、フレームまたはスマートロックにあるQRコードをスキャンしてロックを解除することができる。走行の終了時に1時間ごとに1ドルが課金される。

市内のライドは10月22日まで無料で、今後数カ月にわたって追加のプロモーションが行われる。ofoは、事業を運営している他のすべての都市と同様に、地元に自転車の駐車と修理を支援する現地保守管理スタッフを配置する。

ofo U.S.のグレース・リン副社長は「ワシントンは、乗り捨て自由な自転車シェアリングの大きな候補地である。車の運転、タクシー、公共交通機関に依存することを好まなかったり、それに依存できなかったりする多くの住民、通勤者、訪問者が行きたいところに行くためのアクセスや輸送手段のオプションを向上できることは喜ばしい」と述べた。

2014年に創設されたofoはステーションフリー型バイクシェアリングのコンセプトの節句者となった。現在、15カ国の180以上の都市で事業を展開し、毎日2500万件以上の取引を行っている。首都ワシントンは、ワシントン州シアトル、マサチューセッツ州ウースター、同州リビアに次ぐ米国で4番目の公式都市である。ofoは今月にコロラド州オーロラおよびマサチューセッツ州のいくつかの都市で事業を開始する。

▽ofoについて

2014年に創設されたofoは世界最初で最大のステーションフリー型バイクシェアリングプラットフォームである。ofoはバイクシェアリングのため創設され、すべての人が自転車を利用できるようにすることで世界のあらゆる場所を解き放つことを目的としている。現在までに、ofoは15カ国の180以上の都市のユーザーと1000万台以上の自転車をコネクトし、毎日2500万件以上の取引を結び、世界の2億人以上のユーザーに40億件の効率的で便利なグリーン・ライドを提供してきた。ofoは今年4月、持続可能な開発目標達成のため国連開発計画とパートナーシップを組み、8月にはリアーナのClara Lionel Foundationともパートナーシップを結び、マラウィの女子学生が安全な方法で通学するための自転車を寄付した。より詳細な情報はwww.ofo.com を参照。

▽メディア問い合わせ先

米国

Hannah Buzicky

Mobile: +1-(212) 819-4879

Email: media@ofo.com  

世界本社

Angela Cai

Mobile: +86 138 1063 8166

Email: caimuyuan@ofo.com

Hilary Shi

Mobile: +86 136 9336 7685

Email: shiyingchang@ofo.com

ソース:ofo

ofo, world's largest station-free bike-sharing company, expands in the United States

PR70502

WASHINGTON, Oct. 10, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

--Following launches in Seattle and Massachusetts, world's largest station-free

bike-sharing company launches in Washington, D.C.

ofo, the world's first and largest station-free bike sharing company, announces

its launch in Washington, D.C. today.

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/570468/ofo_Bike.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/570467/ofo_new_logo_500.jpg

"We have seen great engagement with our bicycles in the U.S. so far and are

thrilled to bring ofo to Washington, D.C.," said Dai Wei, founder and CEO. "As

we continue to expand to new regions, more and more cities show great interest

in ofo because of its convenience, positive environmental impact and health

benefits. We look forward to bringing ofo to more cities across the U.S. soon."

ofo will deploy 400 of its bright yellow bikes over the course of its first

week. In accordance with the city's pilot policy, ofo bicycles will be rolling

out in every ward, including high-traffic areas like Foggy Bottom, Farragut

Square, Dupont Circle, Chinatown and Union Station. Users can download the ofo

app to find nearby bikes and scan the QR code located on either the frame or

smart lock to unlock them. Once a trip is completed, users will be charged a

fee of $1 for each hour ridden.

Rides throughout the city are free until October 22nd, with additional

promotions taking place throughout the coming months. As in all other cities

where it operates, ofo will have local, on-the-ground maintenance and

management staff to assist with bike parking and repairs.

"Washington, D.C. is a great candidate for station-free bike sharing," said

Grace Lin, vice president of ofo U.S. "We are happy to improve access and

transportation options for the high number of residents, commuters and visitors

who prefer not to or cannot rely on driving, taxis or public transportation to

get where they are going."

Founded in 2014, ofo pioneered the concept of station-free bike-sharing. Today

it operates in over 180 cities across 15 countries and generates more than 25

million daily transactions. Washington, D.C. marks ofo's fourth official city

in the United States, in addition to Seattle, Washington; Worcester,

Massachusetts; and Revere, Massachusetts. ofo will be launching in Aurora,

Colorado and additional cities in Massachusetts within the month.

ABOUT OFO

Founded in 2014, ofo is the world's largest station-free bicycle-sharing

platform. ofo was created for sharing and aims to unlock every corner of the

world by making bikes accessible to everyone. To date, ofo has connected users

to more than 10 million bikes in over 180 cities across 15 countries, generated

more than 25 million daily transactions and has provided over 200 million

global users with 4 billion efficient, convenient and green rides. ofo

partnered with the UN Development Programme in April to achieve the Sustainable

Development Goals, and launched a partnership with Rihanna's Clara Lionel

Foundation in August, in which ofo donate bicycles to girls living in Malawi in

need of a safe way to get to school. To learn more, visit www.ofo.com.

MEDIA CONTACTS

U.S. Contact

Hannah Buzicky

Mobile: +1-(212) 819-4879

Email: media@ofo.com  

Global Headquarters

Angela Cai

Mobile: +86 138 1063 8166

Email: caimuyuan@ofo.com

Hilary Shi

Mobile: +86 136 9336 7685

Email: shiyingchang@ofo.com  

SOURCE: ofo

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中