1987-1992年生まれのオンライン買い物客は中国「独身の日」の最大の高級品消費者層とXiu.comが発表

Xiu.com

2017/11/16 14:44

1987-1992年生まれのオンライン買い物客は中国「独身の日」の最大の高級品消費者層とXiu.comが発表

AsiaNet 71074 (1835)

【深セン(中国)2017年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】世界の大手ファッションブランドを集める中国高級品eコマースプラットフォームのXiu.comは13日、2009年以来11月11日に開催されている中国の一大商戦日である「独身の日」の今年の販売報告書を公表した。

1. 1990年より後に生まれたオンライン買い物客が中国の主要な消費者層

25歳から30歳まで(1987年から1992年生まれ)のオンライン買い物客は、Xiu.comの今年11月11日の総売上高の最大の割合を占めた。購買行動は年齢層によって大きく異なる。2、3の例を挙げると、2000年代生まれの女性買い物客に人気のファッションブランドは、ブリット・ポップスタイルを特徴とし現在のところ中国ではまだ人気が確立していないフランスの新進ストリートファッションブランドであるThe Kooplesだった。一方、1990年代生まれの買い物客はドルチェ&ガッバーナを好んだ。バーバリーは、1970年代および80年代生まれの女性に最も売れたファッションブランドだった。

ジュゼッペ・ザノッティ(Giuseppe Zanotti)は1990代および2000年代生まれの男性の間で最も売れたシューズブランドだった一方、1980年代生まれの男性はグッチを好んだ。1960年代および70年代生まれの男性は圧倒的にプラダを選んだ。意外にも、シャネルは1950.年代生まれの男性買い物客に人気だった。

2. 高級品売上高が最も多かった地域は、遼寧、吉林、黒竜江、湖南および新疆

Xiu.comが作成した、この1日限りのイベントの売上高上位20の中国都市のリストでは北京が1位となり、上海、深センおよび成都が続いた。これら大都市が総売上高を大きく伸ばし、小都市では消費者1人当たりの平均支出が増加した。

オンライン買い物客の高級品志向が明確だった上位3地域は、東北3省(遼寧、吉林および黒竜江)、新疆および湖南だった。

Xiu.comの「独身の日」売上高上位の中国20都市のリスト

    順位                 都市

     1                   北京

     2                   上海

     3                   深セン

     4                   成都

     5                   広州

     6                   重慶

     7                   武漢

     8                   西安

     9                   天津

     10                  杭州

     11                  ハルビン

     12                  南京

     13                  長春

     14                  瀋陽

     15                  蘇州

     16                  大連

     17                  貴陽

     18                  昆明

     19                  長沙

     20                  ウルムチ

全国のすべての地域中、湖南省郴(チン)州および湖北省恩施土家(トゥチャ)族苗(ミャオ)族自治州は消費者1人当たりの平均支出額の上位2地域で、それぞれ8226元(約1239米ドル)と6687元(約1007米ドル)となり、全体の消費者1人当たり平均支出額を大幅に上回った。3位から10位は、珠海、肇慶、阜新、ホ田、漢中、朝陽、欽州、シガツェの順で、消費者1人当たりの平均支出は4205元(約633米ドル)から4850元(約731米ドル)までの幅がある。少数民族自治県の購買力は、3地域が上位20位入りしていることから、過少評価されるべきではない。

3. バーバリーは依然として中国のお気に入りブランド

全体の売上高トップのブランドは、バーバリー、グッチ、ルイ・ヴィトン、プラダ、ドルチェ&ガッバーナおよびシャネルだった。

しかし、都市間に顕著な違いがあった。北京ではモンクレールが最も売れたブランドだった一方、上海では、他都市ではかろうじて名前が挙がったエルメスが最も売れた。Philipp Pleinは深センの購入者に好まれ、重慶ではエンポリオ アルマーニが最も売れた

4. ファッション部門では男性購入者がより多く支出

今年はファッションアイテムの平均売上が男性で大幅増となり、女性による支出を上回った。男性購入客はArmani JeansのカジュアルスタイルやPhilipp Pleinのアバンギャルドなファッションスタイルを好み、女性はValentino(ヴァレンティノ)、ディオールおよびシャネルに代表されるトラディショナルな高級ブランドにとどまった。

▽問い合わせ先

Wang Fang

+86-755-8356-2704

fang.wang@xiu.com

ソース:Xiu.com

Xiu.com: Online shoppers born between 1987 and 1992 becomes the biggest luxury consumer group on Singles' Day in China

PR71074

SHENZHEN, China, Nov. 15, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

On November 13, 2017, Xiu.com, a Chinese luxury e-commerce platform that brings

together the world's leading fashion brands, released its sales report for this

year's Singles' Day, China's massive one day shopping day that takes place on

November 11 every year, since 2009.   

1. Online shoppers born after 1990 have become the leading consumer group in

China

Online shoppers aged between 25 and 30 (born between 1987 and 1992) took up the

biggest share of Xiu.com's total sales on this year's November 11. Purchasing

behaviors vary significantly across age groups. Citing a few examples: the

favorite fashion brand among women shoppers born in the 2000s was The Kooples,

an emerging French street fashion brand featuring a Brit-pop style that, to

date, had not yet proven popular in China, while shoppers born in the 1990s

preferred Dolce&Gabbana. Burberry was the top-selling fashion brand among women

born in the 1970s and 1980s.

Giuseppe Zanotti was the best-selling shoe brand among male shoppers born in

the 1990s and 2000s, while men born in the 1980s preferred Gucci. Men born in

the 1960s and 1970s opted overwhelmingly for Prada. Surprisingly, Chanel was

the favored brand among male shoppers born in the 1950s.

2. The top regions in terms of luxury sales: Liaoning, Jilin, Heilongjiang,

Hunan and Xinjiang

Beijing ranked first on Xiu.com's list of the top 20 Chinese cities in terms of

sales during the one-day event, followed by Shanghai, Shenzhen and Chengdu. The

major Chinese cities reaped higher overall sales, while smaller cities

delivered a higher average spend per customer.

The top three regions where online shoppers showed a definite preference for

luxury goods are the three Northeastern Provinces (Liaoning, Jilin and

Heilongjiang), Xinjiang and Hunan.

Xiu.com's list of the top 20 Chinese cities ranked by Singles' Day sales

    Ranking             City

    1                   Beijing

    2                   Shanghai

    3                   Shenzhen

    4                   Chengdu

    5                   Guangzhou

    6                   Chongqing

    7                   Wuhan

    8                   Xi'an

    9                   Tianjin

    10                  Hangzhou

    11                  Harbin

    12                  Nanjing

    13                  Changchun

    14                  Shenyang

    15                  Suzhou

    16                  Dalian

    17                  Guiyang

    18                  Kunming

    19                  Changsha

    20                  Urumqi

Among all communities across the country, Chenzhou, Hunan province and Enshi

Tujia and Miao Autonomous Prefecture, Hubei Province were the top two in terms

of average spend per customer, with the number reaching 8,226 yuan (approx.

US$1,239) and 6,687 yuan (approx. US$1,007), respectively, far higher than the

overall average spend per customer. Third to tenth places went to Zhuhai,

Zhaoqing, Fuxin, Putian, Hanzhoung, Chaoyang, Qinzhou and Shigatse, with

average spend per customer ranging from 4,205 yuan (approx. US$633) to 4,850

yuan (approx. US$731). The purchasing power in the minority autonomous

prefectures should not be underestimated as they held three places among the

top 20.

3. Burberry remains the country's favorite brand

The top selling brands overall were Burberry, Gucci, Louis Vuitton, Prada,

Dolce&Gabbana and Chanel.

However, obvious differences existed between different cities. In Beijing,

Moncler was the bestselling brand, while in Shanghai, Hermes, which was barely

mentioned in other cities, proved to be the best seller. Philipp Plein was

favored by Shenzhen buyers, while Emporio Armani sold best in Chongqing.

4. Male buyers spend more in fashion field

This year saw a huge increase in the average sale among men for fashion items,

outspending the women. Male shoppers preferred the casual style of Armani Jeans

and the avant-garde fashion style of Philipp Plein, while women remained with

traditional luxury brands represented by Valentino, Dior and Chanel.

Contact:

Wang Fang

+86-755-8356-2704

fang.wang@xiu.com

SOURCE  Xiu.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中