EV Hive:東南アジア最大のコワーキングスペースがインドネシアで急速な拡大を続け、域内で100カ所を目指す

PT Evi Asia Tenggara

2017/11/20 15:51

EV Hive:東南アジア最大のコワーキングスペースがインドネシアで急速な拡大を続け、域内で100カ所を目指す

AsiaNet 71128 (1854)

【ジャカルタ(インドネシア)2017年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*EV HiveがClapham Collectiveと合併、インドネシアで初の都市間コワーキング事業のM&A

*EV Hiveが急速展開の段階に突入、6カ月間で2カ所から10カ所に拡大。東南アジア全体で100カ所を目指す

東南アジア最大の共同ワークスペース(作業スペース)であるEV Hiveは、インドネシア北スマトラ州メダン中心部にあるコミュニティー・ワークスペースのClapham Collective(「Clapham」)との合併を完了したと発表した。Claphamの創設者クリス・アンカサ氏もEV Hiveの顧問会議に加わる。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/607388/PT_Evi_Asia_Tenggara_EV_HIVE.jpg

2015年にEast Venturesにより創設されたEV Hiveは、起業家や新興企業が事業を開始し、拡大するための世界クラスのコミュニティー・ハブの役割を果たすことを目指している。EV Hiveのインドネシア全域での都市を越えた拡大の第一歩として、インドネシア第3の人口を有する都市(メダン)にコミュニティー・ハブを提供することにより、EV Hiveは複数の都市の起業家、フリーランサー、中小企業(SMEs)を結び付ける。今回の合併により、Claphamのメンバーは、EV Hiveのエコシステム、特に政府機関、ベンチャーキャピタル、ビジネスパートナー、および全国のスキルベースのイベント、ワークショップ、柔軟なワークスペースに即時にアクセスすることが可能となる。

クリス・アンカサ氏は「メダンはインドネシアで3番目に大きな都市であり、スマトラで事業を開始するための主要なゲートウエーである。今回の提携を通じて、われわれは、コワーキングスペース(共同作業空間)を異文化間交流促進のプラットフォームとして活用し、ジャカルタとメダンの起業家のビジネスを強化するとのEV Hiveの創設者らのビジョンを実現することになろう」と語った。

新しいリーダーシップ・チームが2017年5月にEV Hiveに投資し、参加した後、同社は1200%成長し、10カ所全体で1300人以上の活発な居住メンバーを確保した。これによりEV Hiveは現在、東南アジアで最大のコワーキングスペースとして強化された。2018年第1四半期までに、EV Hiveは全16カ所におよぶ計3万4000平方メートルの共同ワークスペースを管理運営することになろう。

EV Hiveの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)のカールソン・ラウ氏は「特に域内の中小企業および新興企業からコワーキングサービスとコミュニティー・プラットフォームに対する強い需要があるのは素晴らしいことである。コミュニティーリーダーおよびエンジェル投資家としてアンカサ氏は高く評価されており、彼を当社の顧問に迎えることを喜んでいる。当社の拠点を域内全体で100カ所のコワーキングスペースに拡大することにより、現地コミュニティーと密接に協力し、全ての人を当社のエコシステムに結び付けるためのあらゆる可能な戦略を追求し続ける方針だ」と付け加えた。

▽EV Hiveについて
EV HIVEはインドネシアのコワーキングスペース(共同作業空間)であり、知識共有とコミュニティー構築をコアバリュー(基本的価値)として提供している。同社の起業家とテクノロジー界とのネットワークによるイベントやワークショップを通じて地域の中小企業と新興企業がビジネスを発展させるのを支援している。

詳細情報:http://evhive.co/

▽Clapham Collectiveについて
Clapham Collectiveは、クリス・アンカサ氏により創設されたメダンの起業家および創造的コミュニティーのためのコワーキングスペースである。Clapham Collectiveは地域ビジネスおよび創造的コミュニティーがその真の潜在能力を実現するのをサポートするためのワークプレイスを再定義する。

詳細情報:https://clapham.spaces.nexudus.com/en/

▽メディア問い合わせ先
Carlson Lau
Chief Executive Officer
Phone: +62-812-8999-1872
Email: carlson@evhive.co

DevinaMahendriyani
PR & Digital Content Marketing Executive
WhatsApp: +62-822-6165-6506
Email: devina@evhive.co

ソース:PT Evi Asia Tenggara



EV Hive: Largest Coworking Space in Southeast Asia Continues Rapid Indonesia Expansion, Targeting to 100 Locations Across the Region

PR71128

JAKARTA, Indonesia, Nov. 20, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- EV Hive merges with Clapham Collective in first Indonesian cross-city
coworking business M&A

-- EV Hive enters rapid rollout phase, growing from 2 to 10 locations in 6
months and targets 100 locations across Southeast Asia

EV Hive, Southeast Asia's largest collaborative workspace, announces the
closing of the merger with Clapham Collective ("Clapham"), a community
workspace located at the heart of Medan, North Sumatra, Indonesia. Mr. Chris
Angkasa, founder of Clapham, will also join EV Hive's Board of Advisors.

Photo -
https://mma.prnewswire.com/media/607388/PT_Evi_Asia_Tenggara_EV_HIVE.jpg

Incubated by East Ventures in 2015, EV Hive aims to serve as a world class
community hub for entrepreneurs and startups to start and grow their business.
As a first step of a wider EV Hive's cross-city expansion throughout Indonesia,
EV Hive will connect multi-city entrepreneurs, freelancers, as well as small
and medium enterprises (SMEs) by providing community hubs at the third most
populous city in Indonesia. With this merger, Clapham's members will also get
immediate access to EV Hive's ecosystem, particularly to government bodies,
venture capital investors and business partners, as well as skill-based events,
workshops and flexible workspaces across the country.

Chris Angkasa remarked, "Medan is the third largest city in Indonesia and a
primary gateway to start a business in Sumatra. Through this collaboration, we
will fulfill the vision of EV Hive's founders to use co-working spaces as a
platform to encourage cross-cultural exchange while strengthening business
among the entrepreneurs in Jakarta and Medan."

After the new leadership team invested and joined EV Hive in May 2017, the
company grew 1,200%, achieving more than 1,300 residential active members
across 10 locations. It successfully strengthens EV Hive as the largest
coworking space in Southeast Asia today. By Q1 2018, EV Hive will manage more
than 34,000 sqm of collaborative workspaces across 16 locations.

"It is great to see the strong pent-up demand of coworking services and
community platform, particularly from SMEs and startups within region. As a
community leader and angel investor, Chris is very well-regarded, thus we are
excited to have him as our advisor. As we expand our footprint to 100 coworking
locations region-wide, we will continue to pursue any possible strategy to work
closely with local community partners, as well as to connect everyone in our
ecosystem," added Carlson Lau, Co-Founder and CEO of EV Hive.

About EV Hive:

EV HIVE is a co-working space in Indonesia, offering knowledge sharing and
community building as its core value. Through events and workshops by our
network of entrepreneurs and tech communities, we help local SMEs and startups
grow their business.

For more information: http://evhive.co/

About Clapham Collective:

Clapham Collective is a co-working space for entrepreneurs and creative
community in Medan founded by Chris Angkasa. Clapham Collective redefines the
workplace to empower local business and creative communities to fulfill true
potential.  

For more information: https://clapham.spaces.nexudus.com/en/

Media Contact:

Carlson Lau
Chief Executive Officer
Phone: +62-812-8999-1872
Email: carlson@evhive.co

Devina Mahendriyani
PR & Digital Content Marketing Executive
WhatsApp: +62-822-6165-6506
Email: devina@evhive.co



SOURCE: PT Evi Asia Tenggara


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中