第21回 ボランティア・スピリット・アワード東海・北陸ブロック・ブロック賞を3団体3人が受賞

2017年11月21日

ボランティア・スピリット・アワード事務局

青少年のボランティア活動支援プログラム PRUDENTIAL SPIRIT OF COMMUNITY

第21回 ボランティア・スピリット・アワード

東海・北陸ブロック・ブロック賞を3団体3人が受賞

 ボランティアに取り組む青少年を称えるPRUDENTIAL SPIRIT OF COMMUNITY 第21回ボランティア・スピリット・アワード(主催:プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命)、日本教育新聞社。後援:文部科学省、日本赤十字社)の東海・北陸ブロック表彰式が11月18日、岐阜県のじゅうろくプラザホールで開催され、ブロック賞を3団体3人が受賞しました。

 受賞したのは、地元の伝統的な産業である養蚕について耕作放棄地に桑の木を植えたり、普及・啓発活動をする石川県立津幡高等学校・園芸部、視覚障がい者の方と、自らが作成した「点字の地図」を使って実際に歩く会を実施した福井県立足羽高等学校・JRC部、地元の特産品である干し柿のPRイベントの企画運営を行う岐阜県立加茂農林高等学校・ダルモ・マイケルさん、低カロリーな野菜「ヤーコン」の消費拡大と普及活動に取り組む静岡県立富岳館高等学校・ヤーコン研究班、母子家庭の子どもたちに学習支援や生活支援活動を行う静岡雙葉高等学校・ 青木佳奈子さん、フィリピンでのボランティア活動に参加し、日本で集めた文房具を子どもたちに送るなどした大口町立大口中学校・近藤奈々さん、不要になった木材で作ったベンチやテーブルなどを販売、その収益を途上国の井戸の建設に寄付した、いなべ市立大安中学校・テクニカルボランティア部。また、コミュニティ賞を富山県立氷見高等学校・JRC部ほか20団体5人が受賞しました。

 ブロック賞受賞者は、12月16日(土)に、グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)(大阪府大阪市)で開催される全国表彰式に招待されます。全国表彰式ではあらためて、ブロック賞受賞者の中から、文部科学大臣賞2組、並びに SPIRIT OF COMMUNITY奨励賞8組が選出され、その栄誉を称えられます。また、参加者同士の投票により、米国ボランティア親善大使2組が選ばれ、2018年5月に米国ワシントンD.C.で開催されるPRUDENTIAL SPIRIT OF COMMUNITY全米表彰式に派遣されます。

 ボランティア・スピリット・アワードは、12歳から18歳までの青少年が積極的にボランティア活動に参加できる社会環境を醸成することを目指して1997年に創設されました。今年で21回目を迎えた同賞には、全国から19,972名の中高生のボランティア活動を綴った1,229通の応募が寄せられ、厳正な審査の結果、このたびブロック賞40組、コミュニティ賞150組を選出しました。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース