IndiGridのユニットホルダーが特別総会でRTCLなど3社の買収を全会一致で承認

IndiGrid

2017/11/24 13:33

IndiGridのユニットホルダーが特別総会でRTCLなど3社の買収を全会一致で承認

AsiaNet 71189 (1878)

【ムンバイ2017年11月23日PR Newswire=共同通信JBN】

主要ハイライト

*IndiGridが特別総会(EGM)において100%資産の買収で承認を受ける

*年間DPU(ユニット当たり分配金)は、ユニット当たり11.00INR(インドルピー)から11.44INRに増大

電力セクターではインド初のインフラストラクチャー投資信託(InvIT)のIndiGridは、ムンバイで2017年11月20日に初の特別総会(EGM)を開催した。ユニットホルダー(信託投資家)は、スポンサーのSterlite Power Grid Ventures Limited からRAPP Transmission Company Limited (RTCL)、Purulia and Kharagpur Transmission Company Limited(PKTCL)、Maheshwaram Transmission Limited (MTL)を買収することに賛成票を投じた。

 (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/569718/IndiGrid_Logo.jpg

InvITsに関して適用されるインド証券取引委員会(SEBI)は、スポンサーを除くユニットホルダーの過半数の承認による決議を求めている。買収決議は、参加したすべてのユニットホルダーによって満場一致で承認された。IndiGridのプラティク・アガルワル最高経営責任者(CEO)は、特別総会の結果をコメントして、「これはIndiGridによる第1セットの買収に対するユニットホルダーからの圧倒的な反応である。われわれはこの結果を謙虚に受け入れ、当社ビジョンに沿って、徐々に価値が高まる買収をこれからも継続する」と語った。

IndiGridは、2018会計年度の第4四半期までに、これらの買収を完了する予定である。これによって年間DPUの成長率は、ユニット当たり11.00INRから11.44INRへと4%となる。

▽IndiGridについて

IndiGrid(ボンベイ証券取引所:540565、ニューデリー証券取引所:INDIGRID)は、インドの州間送電アセットを所有するために設立された同国初のインフラストラクチャー投資信託(InvIT)である。IndiGridは、全長1936ckmの8つの送電線と6000 MVA(メガボルトアンペア)容量の2つの変電所を含め、10の独立した収益創出要素を所有している。InvITは、インドで優れた運営がなされているインフラストラクチャー資産を所有する投資手段であり、不動産投資信託(ReIT)、イルドコ(Yieldco)、マスター・リミテッド・パートナーシップ(MLP)と同種である。

詳細はhttp://www.indigrid.co.in を参照。

▽問い合わせ先

メディア:corpcomm@indigrid.co.in

投資家:Investor.relations@indigrid.co.in

ソース:IndiGrid

IndiGrid's Unitholders Unanimously Approve Acquisition

PR71189

MUMBAI, Nov. 23, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Key Highlights  

- IndiGrid receives 100% approval for acquisition of assets in EGM  

- Annual DPU to increase from INR 11.00/unit to INR 11.44/unit  

IndiGrid, India's first Infrastructure Investment Trust (InvIT) in the power

sector, held its first Extraordinary General Meeting (EGM) on November 20, 2017

in Mumbai. The unitholders voted for the acquisition of RAPP Transmission

Company Limited (RTCL), Purulia and Kharagpur Transmission Company Limited

(PKTCL) and Maheshwaram Transmission Limited (MTL) from Sterlite Power Grid

Ventures Limited (Sponsor).

     (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/569718/IndiGrid_Logo.jpg )

The applicable SEBI regulations on InvITs require the resolution to be approved

by a majority of unitholders excluding the Sponsor. The resolution for the

acquisition was unanimously approved by all the participating unitholders.

Commenting on the results of the EGM, Mr. Pratik Agarwal, Chief Executive

Officer of IndiGrid, said, "This is an overwhelming response from the

unitholders for the first set of acquisitions by IndiGrid. We are humbled with

the outcome and will continue to pursue value accretive acquisitions in line

with our vision."

IndiGrid is on track to complete these acquisitions by Q4 FY18. This will

result in an annual DPU growth of ~4% from INR 11.00/unit to INR 11.44/unit.

About IndiGrid:

IndiGrid [BSE: 540565 | NSE: INDIGRID] is the first Infrastructure Investment

Trust ('InvIT') established to own inter-state power transmission assets in

India. IndiGrid owns 10 independent revenue-generating elements, including 8

transmission lines of 1,936 ckms and 2 substations of 6,000 MVA capacity.

InvITs are investment vehicles that own predominantly operating infrastructure

assets in India and are akin to Real Estate Investment Trusts ('ReIT'),

Yieldcos and master limited partnerships ('MLP').

For more details, please visit http://www.indigrid.co.in.

Contacts:

Media:

corpcomm@indigrid.co.in  

Investor Relations:

Investor.relations@indigrid.co.in

Source: IndiGrid

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中