Eurocine Vaccinesはインフルエンザに挑戦する

Eurocine Vaccines AB

2017/12/14 16:48

Eurocine Vaccinesはインフルエンザに挑戦する

AsiaNet 71534 (2055)

【ソルナ(スウェーデン)2017年12月14日PR Newswire=共同通信JBN】オーストラリアはこの数十年で最も厳しいインフルエンザの季節の1つに直面した(注1)が、Eurocine Vaccinesは同じ敵と戦うために同社初のワクチン候補であるImmunose(TM)FLUについて次の開発段階である第2の臨床研究の準備をしている。

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/618880/Eurocine_Vaccines_Flu.jpg

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/618881/Eurocine_Logo.jpg

オーストラリアと米国で最近認められた2件の特許と最近行った臨床研究の前向きの結果に力づけられて、Eurocine Vaccinesはこれで2歳未満の幼児向けに承認された初の鼻腔インフルエンザワクチンのビジョン形成に向けた次のステップに進む。

ハンス・アーウィトソン最高経営責任者(CEO)は「米国で今年認可された特許はわが社の特許戦略の成功を証明している。わが社は1件の特許申請について少なくとも1件の特許を得ており、これでわが社の技術の価値は知的財産権によって十分確保されている。これに基づいて開発の次の段階に進むとともにポートフォリオ戦略を再検討することもできる」と語った。

▽次の研究-戦略的な動き

年配者にも幼い子供にも(注2)若い成人には備わっている免疫システムが欠如しており、病気に対する保護を活性化させるワクチン補助剤が必要になることが多い。このため、次の研究には年配者を含めることが戦略的な選択になる。

最高科学責任者(CSO)のアンナカリン・マルテス博士は「幼い子供で研究を行う前にもっと成人を試験に加えることも必要だが、次の段階で年配者の選択は、より弱い免疫システムでの補助効果についてより多くの知識を得られること、わが社のビジョンの焦点を失わずに追加的な市場分野を開けることの両面で価値が加わる」と述べた。

▽鼻腔ワクチンのポートフォリオ拡大

同時に、鼻腔ワクチン接種技術はより多くの分野に応用することが可能であり、針なしの治療、管理コストの軽減、粘膜や血液の両方に含まれる抗体による二重保護など患者にとって非常に好都合な利益を提供する。

Eurocine Vaccinesはこのためパートナーとの協力や単独での製品ポートフォリオの拡大を重視し続ける。

▽Eurocine Vaccinesについて

Eurocine Vaccinesは臨床的に実証済みの自社のEndocine(TM)技術を使って、特許で保護されている子供と年配者向けの鼻腔インフルエンザワクチンを開発している。インフルエンザワクチンの市場では子供が最も急成長部分である。これはWHO(世界保健機関)が子供へのインフルエンザワクチン接種を勧告したためである。同社の主要製品である鼻腔用4価インフルエンザワクチン候補のImmunose(TM)FLUについて臨床研究が行われてきた。その結果は鼻腔粘膜と血清で安全性と免疫反応を示しており、Immunose(TM)FLUのさらなる開発推進の良い基礎となっている。次の臨床研究は2017/2018年のインフルエンザ流行期に行われ、年配の被験者も含まれる。

Eurocine Vaccines、EUCI、の株式は Aktietorget, XSATで取引されている。

(注1)http://edition.cnn.com/2017/09/03/health/australia-bad-flu-season/index.htmlhttp://www.telegraph.co.uk/news/2017/09/12/nhs-fears-worst-flu-season-history/

(注2)子供がなぜより脆弱で、免疫器官であるアデノイドがどのように活性化されやすいかをCSOのアンナカリン・マルテス博士が説明するこの短いビデオを参照:https://www.youtube.com/watch?v=3OrK20f0OPw&feature=youtu.be !

ソース:Eurocine Vaccines AB

Eurocine Vaccines Challenges the Flu

PR71534

SOLNA, Sweden, Dec. 14, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

While Australia has faced one of the harshest influenza seasons of decades[1],

Eurocine Vaccines prepares for the next phase of development, a second clinical

study with its first vaccine candidate Immunose™ FLU, to fight the same.

     (Photo: http://mma.prnewswire.com/media/618880/Eurocine_Vaccines_Flu.jpg )

     (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/618881/Eurocine_Logo.jpg )

Empowered by the two recently granted patents, in Australia and USA, and

positive results from the recently conducted clinical study, Eurocine Vaccines

now takes the next step towards the vision - creating the first nasal influenza

vaccine approved for children under the age of two.

"The issued patent in the US earlier this year proves the success of our patent

strategy. We now hold at least one granted patent from each of our patent

applications, whereby the value of our technology is well secured by our

intellectual property rights. Based on that, we can now both take the next step

in development and also review our portfolio strategy," says CEO Dr. Hans

Arwidsson.

The next study - A strategic move

Both the elderly and young children[2] lack the capability of the immune system

found in young adults, why the need of a vaccine adjuvant to stimulate

protection against disease is often necessary. Therefore, designing the next

study to include elderly is a strategic choice.

"While engaging more adults in our trials is a necessity before we can perform

studies among younger children, the choice of elderly in our next phase adds

value both by gaining more knowledge of the adjuvant effects in weaker immune

systems and also by opening an additional market segment without losing focus

on our vision," says CSO Dr. Anna-Karin Maltais.

Extended portfolio of nasal vaccines

At the same time, the technology of nasal vaccination can be applied to many

more fields, providing advantages as great convenience for the patients, with

needle free administration, reduced cost of administration and double

protection with antibodies both in the mucosa and blood.

Eurocine Vaccines will therefore continue to evaluate a broadening of its

product portfolio both together with partners and stand-alone.

About Eurocine Vaccines

Eurocine Vaccines is using its clinically validated technology Endocine™ to

develop a patent protected nasal influenza vaccine for children and the

elderly. Within the market for influenza vaccines, children is the fastest

growing segment. This is due to the recommendation by the WHO to vaccinate

children against influenza. A clinical study has been conducted with the

company's main product, the nasal quadrivalent influenza vaccine candidate

Immunose™ FLU. The results showed safety and an immune responses in both nasal

mucosa and in serum, which constitutes a good foundation for the further

development of Immunose™ FLU. The next clinical study will take place during

the influenza season 2017/2018 and include elderly subjects.

Eurocine Vaccines, EUCI, is traded at Aktietorget, XSAT.

References

1. http://edition.cnn.com/2017/09/03/health/australia-bad-flu-season/index.html

and

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/09/12/nhs-fears-worst-flu-season-history/

2. See this short video, where CSO Dr. Anna-Karin Maltais explains why children

are more vulnerable and how the adenoid, an immunological organ, can be better

stimulated: https://www.youtube.com/watch?v=3OrK20f0OPw&feature=youtu.be !

SOURCE: Eurocine Vaccines AB

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中