「LINE ビジネスコネクト」で顧客接点データを活用できる新サービス「1/0(ワンゼロ)」の提供開始

電通テック

2017/12/18 14:00

株式会社 電通テックは、「LINE ビジネスコネクト」を活用したプラットフォームの新サービス「1/0(ワンゼロ)」を開発し、提供を開始いたします。今後、広告主の課題解決に向けて、あらゆる顧客接点をデータベースとして活用できるCRMサービスを提供・推進してまいります。

20171218

株式会社電通テック

電通テック、「LINE ビジネスコネクト」であらゆる顧客接点データを活用できる 新サービス「1/0(ワンゼロ)」の提供を開始

ロゴ
株式会社 電通テック(本社:東京都千代田区、社長:松原 靖広)は、このたび「LINE ビジネスコネクト」を活用したプラットフォームの新サービス「1/0(ワンゼロ)」を開発し、提供を開始いたします。今後、広告主の課題解決に向けて、あらゆる顧客接点をデータベースとして活用できるCRM(顧客管理)サービスを提供・推進してまいります。


■あらゆる顧客接点のデータから一人ひとりに最適なコネクトを実現
広告主のマーケティング活動における、あらゆる顧客接点をデータベースとして、顧客企業のコミュニケーション活動の仕組み・システムと連携。当社ならではの新しいCRMを提供します。
従来のデジタル領域に閉じたデータにとどまらず、店頭やイベントといったリアルでの顧客接点データのほか、サードパーティーが提供する各DMPとの連携も見据えることで、「LINE ビジネスコネクト」を最大限活用できるサービスの拡張と、マーケティング・プロモーションの課題解決力を強化します。
図1

■従来の基本機能に加え、顧客接点データを活かした機能拡張を利用企業ごとに提供 
年間500件以上のキャンペーンを実施し、プロモーションとデジタル領域に強い専門力を有する当社の知見を元に、従来の「LINE ビジネスコネクト」活用サービスが提供してきた各種基本機能に加え、顧客接点データの活用を組み合わせた以下のサービスを提供します。

図②

[新しい顧客接点データ活用機能例]
1|セグメント配信
・来店ユーザー/イベント来場者配信・・・当社のSNSマーケティングサービス「SC121」によるLINEと他SNSのアカウント連携や、「LINE Beacon」を活用した来店ユーザー、イベント来場ユーザーへのメッセージ配信をリアルタイムで行います。
2|キャンペーン展開
・はがきキャンペーン連携・・・応募はがきに記載された情報も、OCR技術でデータ化し活用します。
3|bot / 1to1トーク
・有人チャット対応・・・ユーザーの必要に応じて問い合わせ担当スタッフがチャットで応対したり、LINE上から電話事務局へ問い合わせを行うことができます。
4|顧客DB連携
・オンオフデータ活用/分析・・・従来のオンラインデータに加え、オフラインデータを活用。ユーザーの属性、行動やステータスを可視化し、マーケティング分析を行います。

■空色社が提供するIBM Watson等のAIエンジンを活用した接客システム「OK SKY」と連携
 アパレル企業を中心に多くの導入実績のあるチャット接客システム「OK SKY」と連携することで、パーソナライズした接客サービスを実施します。現在、他チャット接客システム事業者においてはチャットシステムのみを提供している企業が多く、チャットでの販売にノウハウがない導入企業では、実際に運用を行うことが難しいという課題を抱えています。一方、「OK SKY」ではシステムの提供だけではなく、チャットでの接客でノウハウを有したスタイリストによる運用も対応しており、「1/0(ワンゼロ)」との連携によりLINE上でのスムーズな顧客対応と売上高向上が可能となりました。
※IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。


■迅速な効果測定からPDCA運用に対応するデータ管理・分析体制
 施策の結果や改善点をリアルタイムで把握し、効果的な運用をかなえるため、「1/0(ワンゼロ)」ではフレキシブルなデータ管理体制を構築。即時に結果データを把握し、既存の各種分析ツールとの連携も可能なデータエクスポート機能のほか、豊富なデータ解析の知見を備えた専門スタッフによるサポートも行います。


■導入いただきやすい料金体系
 「1/0(ワンゼロ)」では、広告主が抱えるマーケティング課題に柔軟に対応するため、「LINE ビジネスコネクト」の活用において最もニーズが高い基本機能をエントリープランとしてリーズナブルにパッケージ化。
この基本機能に個々の課題に応じた必要な機能のみを選択・カスタマイズしてご提供することで、コスト効率の高い運用をサポートします。

[エントリープランで提供される機能]
・「LINE ビジネスコネクト」のアカウント契約・設定代行
・チャットbotによる自動応答機能
・アンケートやキャンペーンに活用できるフォーム作成機能

■「1/0(ワンゼロ)」について詳しくはこちら
https://www.dentsutec.co.jp/digital-marketing/line/


[各サービス概要]

-「SC121」とは
 当社とシャトルロックジャパン株式会社が共同で開発・提供するLINEと連携したSNSマーケティングサービスです。各企業が実施するSNSプロモーションに「LINE ビジネスコネクト」を連携させることで、LINEからのプロモーション参加や各SNSや施策ごとの顧客データの統合的な管理やマーケティング分析が可能となります。レモネード株式会社の開発したInstagram(国内MAU2,000万人)特化型インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「INFLUENCER ONE(インフルエンサーワン)」とも連携しており、インフルエンサー起用によるSNS上の話題化からCRMまでワンストップでのサービス提供が可能となります。
※Instagramは米国およびその他の国におけるInstagram, LLCの商標です。
https://www.dentsutec.co.jp/digital-marketing/sc121/

-「OK SKY」とは
 株式会社空色が開発・提供するIBM Watson等のAIエンジンを活用したWEB接客ソリューションです。過去OK SKYの提供を通じて蓄積されたチャットのログデータを元に、よりパーソナライズされた商品の提案や顧客対応を行うことができます。アパレル業界を中心に多くの導入実績があり、システムの提供だけではなく、チャットでの接客でノウハウを有したスタイリストによる運用もサービスとして提供しています。
※IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
http://www.solairo.co.jp/ 


-「LINE ビジネスコネクト」とは
LINE株式会社がアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送ることが可能となります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業のもつ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。なおLINE株式会社では、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。



以上

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

ロゴ

図1

図②

ロゴ2

プレスリリース添付動画

このリリースを配信した企業・団体

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中