INSエコシステム、ユーザーID保護のためにCivicとの提携を発表

INS

2017/12/20 10:59

INSエコシステム、ユーザーID保護のためにCivicとの提携を発表

AsiaNet 71604 (2079)

【香港2017年12月19日PR Newswire=共同通信JBN】

*100社以上のメーカーから正式照会がある中で、提携はプラットフォームユーザーの認証が目的

食料品市場の分散型エコシステムであるINSは12月12日、INSプラットフォーム上でユーザーのアイデンティティー(ID)を安全に認証するため、大手ID管理サービスのCivicと提携したと発表した。8兆5000億ドル規模の食料品市場の破壊を目指すINSは、世界中の数百万人の消費者をユーザー層に想定している。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171218/2017430-1

INS共同創立者のピーター・フェドチェンコフ氏は「消費者IDの保護はイノベーションの中心にあり、わが社の創業と発展を通して主要課題だった。Civicと提携して将来の価値ある顧客層のIDを守れることは喜ばしく、できる限り最も安全で透明性のある小売りエコシステムを構築するわが社の取り組みを、この提携が後押しする」と語った。

同氏はさらに「ネット上の個人データへの絶えざる脅威に対応する実際的なソリューションの提供という面で、Civicは見事な評価を得ており、INSはその驚異的な専門技術とシステムを加えることで、間違いなく強化される」と付け加えた。

最大手ベンチャー企業の支援を受けたロシアのオンライン食料品配送業者であるInstamartを立ち上げた人々によって設立されたINSは、小売業者の独占を排除するためにメーカーと消費者を直接結び付け、最終的に消費者に安い食料品を提供する。

Civicの有望なブロックチェーン方式ID認証技術を実装したエコシステムで、消費者のイミュータブルな認証と不正取引の瞬時防止が同時に可能になる。この技術はユーザーネームやパスワード、サードパーティ認証、あるいは実物のハードウエアトークンを必要とせずに、リアルタイムでマルチファクターの認証サービスを提供する。

Civicの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のビニー・リンガム氏は「食料品業界が経験した最も刺激的な破壊の1つとして、INSエコシステムに貢献できることを、われわれは誇りに思う。ハッキングや不正行為がこれまでになく高まる中で、人々のオンラインID保護は極めて重要である。今回の提携が、今日のオンライン取引に絡む課題に対処する高度な技術的ソリューションをもたらすと信じている」と述べた。

INSはこれまで業界から強い支援と、最大手の国際メーカーの幾つかから正式な打診を得てきた。2 Sisters StorteboomやAviko、Dubro、Valio、Capebe、Borjomiなどだ。INSは英国やオランダ、ブラジル、イタリア、ロシアの独立系サプライヤーの100社以上と面談し、その他の国もINSが立ち上げるプラットフォームに加わることを検討している。

フェドチェンコフ氏は「オンラインショッピングの爆発的流行は、小売り体験の見直しを伴う。それは消費者保護という面でかつてない展開をもたらす革命である。Civicとの提携でわれわれは、消費者が地元スーパーで食料品を買うために現金を使う時に感じる安心感を、われわれのプラットフォームで買い物をする時にも感じられることを証明したい」と結論づけた。

INSエコシステム・トークンの売却はハードキャップが6万イーサリアム(ETH)。2017年12月4日に販売が開始され、2017年12月25日にクローズする。もしくは調達目標が達成された場合も終了になる。INSは販売開始1時間以内にソフトキャップの2万ETHを達し、1週間後にはハードキャップの90%に近づいている。トークン販売で調達する資金はINSロードマップに沿っており、調査・開発、インフラ、管理・運営、マーケティング・販売、法務・コンティンジェンシーのサービスに充当する。

詳しい情報はhttps://ins.world/  と https://t.me/ins_ecosystem を参照のこと。

INS共同創立者のピーター・フェドチェンコフ氏はインタビューに応じる。

詳しい情報はhttps://www.civic.com を参照。

ソース:INS  

INS Ecosystem Announces Partnership with Civic to Protect User Identities

PR71604

HONG KONG, Dec. 19, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

With formal interest from over 100 manufacturers, the collaboration aims to

authenticate users of the platform

INS, the decentralized ecosystem for the grocery market, announced on December

12 a partnership with Civic, the leading identity management service, to

securely verify user identities on the INS platform. Aiming to disrupt the $8.5

trillion market grocery industry, INS expects a user base of millions of

consumers around the globe.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171218/2017430-1

Co-founder of INS Peter Fedchenkov said, "Consumer identity protection is at

the center of innovation and has remained a key focus throughout our inception

and development. We are delighted to partner with Civic to safeguard the

identities of our valued customer base in the future, and this partnership

furthers our efforts to offer the most secure and transparent retail ecosystem

possible."

"The Civic team have a peerless reputation when it comes to providing tangible

solutions that correspond with the ever-changing threats to personal data

online, and INS is unquestionably strengthened by the addition of their

phenomenal expertise and systems," added Fedchenkov.

Founded by the creators of Instamart, the largest venture-backed online grocery

delivery operator in Russia, INS connects manufacturers directly with consumers

in an effort to eliminate retailer domination and ultimately make groceries

more affordable for consumers.

The implementation of Civic's visionary blockchain-based identity verification

technology to the ecosystem will allow both the immutable identification of

consumers and instantaneous prevention of fraudulent transactions. The

technology provides real-time and multi-factor authentication services without

the need for a username, password, third-party authenticator, or physical

hardware token.

Vinny Lingham, Co-founder and CEO of Civic said, "As one of the most exciting

disruptions the grocery sector has seen, we are proud to play a part in the INS

ecosystem. With hacks and fraudulent activity at an all-time high, protection

of one's online identity is of vital importance. We believe this partnership

will provide highly technical solutions that respond to the challenges

associated with online transactions of today."

To date, INS has garnered strong industry support and formal interest from some

of the largest manufacturers globally, including such as 2 Sisters Storteboom,

Aviko, Dubro, Valio, Capebe and Borjomi. In total, INS has seen over hundred

independent suppliers from the UK, Netherlands, Brazil, Italy, Russia, and

other countries explore joining the platform on its launch.

"With the explosion of online shopping also comes an overhaul of the retail

experience, a revolution that offers unprecedented developments in terms of

consumer security. In partnership with Civic, we are eager to show that

consumers can feel just as safe when they shop on our platform as they do when

they use cash to buy groceries at the local supermarket," concluded Fedchenkov.

With a hardcap of 60,000 ETH, the INS Ecosystem token sale commenced on

December 4, 2017 and will close on December 25, 2017 or once it reaches the

target raise. INS has raised its softcap of 20,000 ETH in less than 60 minutes

and is approaching 90% of its hardcap after a week of sales. The funds raised

from the token sale will correspond with the INS roadmap, with funding

allocated for research and development; infrastructure; administration and

operations; marketing and sales; and legal and contingency services.  

For more information visit https://ins.world/ and https://t.me/ins_ecosystem.

INS Co-founder Peter Fedchenkov is available for interview

For more information, visit https://www.civic.com.

SOURCE: INS  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中