ユニアデックスとNTTドコモが製造業向け故障予兆検知ソリューション(トライアル版)の提供を開始

NTTドコモ

2017/12/21 15:30

ユニアデックス株式会社と株式会社NTTドコモは、製造業向けに故障予兆検知ソリューションのトライアル版を2018年1月31日(水)から提供開始いたします。

2017年12月21日

ユニアデックス株式会社

株式会社NTTドコモ

製造業向け故障予兆検知ソリューション(トライアル版)の提供開始

~振動センサー、セキュア網、機械学習エンジンをパッケージサービスとして提供~

 ユニアデックス株式会社(以下、ユニアデックス)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は製造業向けに故障予兆検知ソリューション(以下、本ソリューション)のトライアル版を2018年1月31日(水)から提供開始いたします。

 本ソリューションは、ユニアデックスの「AirInsightTM Maintenance」とドコモの「docomo M2Mプラットフォーム」をセットで提供するもので、振動センサー、セキュアなモバイル回線、 Microsoft Azure、機械学習エンジンで構成されています。お客さまの工場などの設備に振動センサーを設置し稼働中設備の振動データの収集・解析を行うことで設備の点検診断を行います。お客さまの設備に大規模な工事を必要とせず、振動故障予兆に特化した機械学習エンジンが搭載されているため、短期間での導入が可能です。

 これまでの設備診断技術は導入するコストがかかるため、導入は大規模施設に限られており、診断も技術者の感覚に頼っていましたが、本ソリューションの導入により、比較的安価なセンサーで、機械学習を使用したAI技術による均一な設備診断が可能となり、既存保守サービスの品質統一化や人件費削減が 見込まれます。さらに、ドコモが提供する「docomo M2Mプラットフォーム」のセキュアネットワークを利用したデータ送信を行うことで、機械の稼働状況などの情報を守ります。お客さま自身による固定回線の敷設や、セキュリティーを担保したネットワーク構築、アドレス設計などの面倒な初期構築を省略することができます。

 両社は本取り組みを通じて効果測定を行い、2018年夏ごろの本格サービス化をめざします。

■別紙

製造業向け故障予兆検知ソリューション(トライアル版)の提供概要

1.ソリューション概要

 振動センサー、センサーデータの収集に必要なIoTゲートウェイ、セキュアなモバイル回線、機械学習 エンジンをセットにした設備点検診断業務のIoT化と機械学習・AI化を支援するクラウドサービスです。

2.サービス提供内容

 (1)振動センサー

 (2)IoTゲートウェイ

 (3)docomo M2Mプラットフォーム(SIM、セキュアネットワーク、回線管理コントロールセンター)

 (4)AirInsightTM Maintenance(設備点検診断業務のIoT化と機械学習・AI化を支援するクラウドサービス)

 (5)Microsoft Azure

3.提供開始予定日

 2018年1月31日(水)

4.販売窓口

 (1)ユニアデックス

  ・エクセレントサービス創生本部 IoTビジネス開発統括部(http://www.uniadex.co.jp/

 (2)ドコモ

  ・全国のドコモ法人営業担当

  ・ドコモビジネスオンライン(https://www.docomo.biz/contact/

*「AirInsight」は、ユニアデックス株式会社が商標登録出願中です。

*Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国、およびその他の国における登録商標または商標です。

■NTTドコモの報道発表資料はこちらをご覧ください。

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/index.html

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

<サービス提供内容・構成図>

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中

過去に配信したプレスリリース