第4回EM Scry Meetupが東京で開催される

Scry. info

2018/1/3 13:03

第4回EM Scry Meetupが東京で開催される

AsiaNet 71710 (0002)

【東京2018年1月2日PR Newswire=共同通信JBN】

*出席者はブロックチェーンのアイデアを共有

EM Scry info Meetup Asiaで出席者がブロックチェーン技術についての意見を交換し、2017年12月20日(日本時間)、銀座で成功裏に閉幕した。

Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20171229/2022011-2

第4回EM Scry. info Meetupで東京に集まる前、Scryチームは上海、深セン、北京で現地のブロックチェーン・コミュニティーのメンバーと会合した。東京コミュニティー向けに設定されたイベントであるEM Scry. info Meetupにはブロックチェーン技術の商用アプリケーションのクリエーター、そして同分野で何年もの経験を持つブロックチェーン技術開発者など、240人を超える日本のブロックチェーン技術とプロジェクトの愛好者が集結した。

創設者のエバ・フー氏は同このイベントで、基本アーキテクチャーとScry DBCHAINを含むScryプロジェクトを推進する技術の詳細を出席者と共有した。エバ・フー氏はScryの将来についてのコメントで「Scryは生まれたばかりの子どものようなもので、開発者の継続的な開発とメンテナンスを必要としている。プロトコルの主要機能モジュール開発が完了したら、われわれは主要機能のルールベース・サブシステム、そして膨大な量のデータとルール自体を処理するベッセルを改善する必要がある。すべての機能が完全に作動するよう、われわれは必要な時間を費やし、努力する必要がある。われわれは日本のソフトウエア個人開発者とソフトウエア企業がScryに参加し、ブロックチェーンに基づいて名声を得るデジタルコミュニティー構築を目指すことを歓迎する」と述べた。

Scryは2018年の始めに開発者環境の初回バージョンをリリースする予定である。Scryはエンドユーザー向けのフル3Dインタラクティブ・アプリケーションを開発している。このアプリケーションの初回バージョンは2018年半ばのリリース予定だ。また、Scryは製品版を発表してエコシステム全体の開発を続けながら製品の継続的改善を目標に6ケ月毎のアップデートを行う。

エバ・フー氏は、Scryに関与するプレーヤーは日本の生命保険や銀行セクターなど、すべての分野から集まり、それはもし彼らがブロックチェーンと分散型アプリケーション・セクターに関与しなければ、権利を失ってビジネスから締め出されるという大きなリスクを理解しているからであると述べた。Scryはブロックチェーンアプリケーションに中間的に利用されて業界データとスマートコントラクトを結びつけ、従来の産業においてブロックチェーン技術を実現させる基本アプリケーション・レイヤーの提供において最良の位置にいる。データがキャリアーとして機能し、消費者信用が媒体として使用される匿名性が高いスマートコントラクト社会は、合意メカニズムに基づく力強くて新しい社会的アーキテクチャーをもたらす。ブロックチェーン技術はより効率的に価値の創出を助け、運用コストを削減する。そして新興のテクノロジー企業の成長を推進し、それぞれの産業で指導的立場の優位性を持つリソース豊かな主要企業の全般でその勢いを加速させる。

将来的には、自動運転車両の通行料はブロックチェーン・プロトコルを通して集金される可能性がある。また、インテリジェント投資コンサルタントはどんな種類の投資ポートフォリオについてもアドバイスできるだろう。それは今日の無人工場で非常に多くの仕事を行うロボットとほぼ同じように、である。

この技術はScryとともに成長するリアルな個人と企業を結びつける。

このイベントでは将来的に、ブロックチェーン技術と日本のプロジェクト愛好者が時々集まるサロンの主催などを予定している。これはブロックチェーンの知識をさらに多くの人々と共有し、Scryと他のブロックチェーンサービスからさらに多くの企業と個人が利益を得るのを目指したものである。

ソース:Scry. info

The fourth stop of EM Scry Meetup takes place in Tokyo

PR71710

TOKYO, Jan. 2, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Attendees shared ideas on blockchain

On December 20, 2017, local time, EM Scry.info Meetup Asia came to a successful

close in Ginza, where attendees exchanged their opinions on blockchain

technologies.

Photo: https://photos.prnasia.com/prnh/20171229/2022011-2

Before the get-together in Tokyo, the fourth stop of the EM Scry.info Meetup,

the Scry team had met members of local blockchain communities in Shanghai,

Shenzhen and Beijing. The event designed for the community in Tokyo brought

together over 240 blockchain technology and project enthusiasts in Japan,

including blockchain technology developers with many years of experience in the

field and creators of commercial applications for the technology.

At the event, the founder, Eva Fo, shared with the attendees details of the

technologies that power the Scry project, including the underlying architecture

and the Scry DBCHAIN. When commenting on the future of Scry, Eva said, "Scry is

like a new-born baby, which needs developers' continuous development and

maintenance. Once the development of the major function modules of the protocol

are completed, we then need to improve the major function rules-based

subsystems and the vessel used for processing a massive amount of data as well

as the rules themselves. We need to spend the necessary amount of time and

effort on both to make sure that the whole functions perfectly. We welcome solo

software developers as well as software companies in Japan to join Scry with

the aim of building a blockchain-based and reputation-centric digital

community.

In early 2018, Scry plans to release the first version of the developer

environment. Scry is in the process of developing a full 3D interactive

application for end users. The first version of the application is scheduled to

be released in mid 2018. Scry also plans to roll out product iterations and

updates every six months with the goal of maintaining ongoing improvement of

the product while continuing to develop the entire ecosystem.

Eva added that the players who have become engaged with Scry come from all

walks, including Japan's insurance and banking sectors, as they realize that

they strongly risk being disenfranchised and put out of business if they fail

to engage with the blockchain and decentralized applications sector. As the

intermediary used by blockchain applications to connect industry data with

smart contracts, Scry is in the perfect position to provide the fundamental

application layer which will allow traditional industries to adopt blockchain

technology. A highly autonomous and smart contract-based society, where the

data acts as the carrier and consumer credit is used as the medium, will

deliver a powerful new social architecture via the consensus mechanism.

Blockchain technology is able to help create value more efficiently and reduce

operating costs, as well as drive the growth of emerging technology firms and

accelerate the momentum across the leading resource-rich companies that have

the advantage due to their leadership position in their respective industry.  

Looking ahead, the toll fee charged for autonomous vehicles is likely to be

collected via the blockchain protocol; intelligent investment consultants will

be able to provide advice on any kind of investment portfolio; in much the same

way that robots now undertake the vast majority of the work in today's unmanned

factories.

The technology will connect real individuals and corporate entities that grow

with Scry.

Future stops of the event plan to include the hosting of salons from time to

time for blockchain technology and project enthusiasts in Japan with the aim of

sharing blockchain knowledge with more people and helping more companies and

individuals benefit from Scry and other blockchain services.

SOURCE: Scry.info

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中