MatrixのチーフAIサイエンティストがビットコイン・マイニングは神経科学を活性化と指摘

Matrix

2018/1/9 14:29

MatrixのチーフAIサイエンティストがビットコイン・マイニングは神経科学を活性化と指摘

AsiaNet 71755 (0040)

【北京2018年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】ブロックチェーンのスタートアップ、Matrixのチーフ人工知能(AI)サイエンティスト、ヤンドン・デン氏は今年のBlockShow Asiaで、AIをブロックチェーン・エコシステムに組み込むことでビットコイン・マイニングのコンピューティングパワーを科学的イノベーションに利用できる方法を説明した。

デン氏によると、世界全体のコンピューティングパワーは1.2x1023 FLOPSであるにもかかわらず、ビットコイン・マイニング工程ではコンピューティングパワーが現在、8.23x1022 FLOPSも使用されている。ビットコイン・マイニングは計算上、全世界のコンピューティングパワーの17%を消費しており、ビットコイン・マイニングが浪費的であると再三批判されていることが正しいことを示している。

Matrixは、マルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)アルゴリズムを利用するベイジアン・マイニングシステムによる方程式にAIを組み込むことでマイニング・アルゴリズムを新たに開発することに努めている。これらの計算可能関数は従来のマイニング機能と同様に機能するため、ビットコイン・マイニングにも効果を発揮する。

デン氏が主張するように、AIを使用すると、ビットコイン・ネットワークでのトランザクションを検証するために使用されるコンピューティングパワーを、暗号通貨の領域以外の他の用途に活用することができる。

同氏が自分の科学的リサーチの一例として以下の例を挙げた。それは、脳内ネットワーク・シミュレーションには約1018 FLOPSが必要だが、完全な人間の代謝経路ネットワーク・シミュレーションには1025 FLOPSが必要だということだ。

デン氏によると、大規模なコンピューティングパワーを必要とする暗号通貨以外の重要な使用例は、化学反応シミュレーション、医学診断、複雑な金融モデリングである。インテルは最近、暗号通貨マイニングに使用されるエネルギーを科学的発展のため、今回は特に遺伝子配列決定に活用するブロックチェーン・ベースのシステムを特許申請した。

昨年11月に開催されたBlockShow Asia会議では、Matrixに加えていくつかの革新的なプロジェクトが含まれた。1500人の起業家と専門家がシンガポールのイベントに集まり、業界の最新動向を共有し発見した。

詳細な情報ないし同社のホワイトペーパーを閲覧するにはhttps://www.MATRIX.space を参照。

Facebook: Facebook.com/MATRIXAINetworks

Twitter: Twitter.com/matrixainetwork          

GitHub: http://Github.com/MatrixAINetwork

ソース:Matrix

Bitcoin Mining Can Power Neuroscience, Says Matrix Chief AI Scientist

PR71755

BEIJING, Jan. 5, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

At this year's BlockShow Asia, Yangdong Deng, chief AI scientist of Blockchain

startup Matrix, explained how inserting Artificial Intelligence (AI) into the

Blockchain ecosystem would make it possible to use Bitcoin mining computational

power for scientific innovation.

According to Deng, the current computing power being used in Bitcoin mining

operations is 8.23x1022 floating point operations per second (FLOPS), while the

total computing power in the world is 1.2x1023 FLOPS. According to these

calculations, Bitcoin mining is consuming 17 percent of total global computing

power, justifying the frequent accusations that Bitcoin mining is wasteful.

Matrix is seeking to reinvent mining algorithms by including AI into the

equation through a Bayesian mining system that utilizes a Markov chain Monte

Carlo algorithm (MCMC). Because these computations function similarly to

traditional mining functions, they work well for Bitcoin mining.

As Deng argues, using AI, the computing power used to verify transactions on

the Bitcoin network can be leveraged for other uses outside the world of

cryptocurrencies.

One example he gave his scientific research -- a brain network simulation

requires approximately 1018 FLOPS, while a complete human metabolic network

simulation requires 1025 FLOPS.

According to Deng, other important non-crypto use cases that require massive

computing power are chemical reaction simulations, medical diagnoses and

complex finance modeling.

Intel recently filed a patent for a Blockchain-based system that also works to

harness the energy used in cryptocurrency mining for scientific development -

in this case particularly for genetic sequencing.

The BlockShow Asia conference this November included a number of innovative

projects in addition to Matrix. 1,500 entrepreneurs and experts gathered at the

event in Singapore to share and discover the latest developments in the

industry.

For more information, or to view the company's whitepaper, visit

https://www.MATRIX.space

Facebook: Facebook.com/MATRIXAINetworks

Twitter: Twitter.com/matrixainetwork          

GitHub: http://Github.com/MatrixAINetwork

SOURCE: Matrix

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中