ルノー、日産自動車、三菱自動車、ベンチャーキャピタルファンドを設立し、5年間で最大10億ドルを投資

ルノー・日産自動車・三菱自動車

2018/1/10 11:01

ルノー、日産自動車、三菱自動車、ベンチャーキャピタルファンドを設立し、5年間で最大10億ドルを投資

AsiaNet 71817

 

初年度2億ドルを次世代モビリティに対して優先的に投資

  - 新興企業、投資家、ベンチャーキャピタルのエコシステムに対する主な橋渡し役を担う新法人

  を設立

  - クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティ

  へのオープンイノベーションに優先投資

  - 最初の投資先は、コバルトフリーの全固体電池素材を開発する米国企業のアイオニック

  ・マテリアルズ(Ionic Materials)社

世界をリードする自動車アライアンスであるルノー・日産自動車・三菱自動車は9日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ(Alliance Ventures)」を設立し、今後5年間で最大10億ドルを投資すると発表しました。

http://mma.prnewswire.com/media/556610/Renault_Nissan_Mitsubishi_Logo.jpg

同ファンドは初年度、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティ、人工知能などの新たなモビリティに焦点を当てている新興企業や、技術起業家が参加するオープンイノベーションのパートナーシップを対象に最大2億ドルを投資する予定です。

その後も毎年投資を行うことにより、Alliance Venturesは昨年発表した戦略的中期計画「アライアンス2022」の期間中、自動車業界で最大の企業ベンチャーキャピタルとなることを目指します。

アライアンスの会長兼CEOであるカルロス ゴーンは、「このオープンイノベーションに対する取り組みにより、我々はアライアンスのグローバルなスケールメリットを生かしながら、新興企業や技術起業家に投資し、協業することが可能となります。このファンドはまさにアライアンスの核である協働の精神と起業家のマインドセットを反映したものです。」と述べました。

アライアンスは、10のブランドを有し、2017年には1,000万台以上を販売し、主要な自動車市場すべてで事業を展開しています。Alliance Venturesの特長は、このアライアンスのグローバルな規模とスコープの広さを、潜在的パートナーに対して提供することです。

Alliance Ventures は新興企業に投資することにより、財務リターンを確保しながら、新技術や新ビジネスをアライアンスに取り入れることが可能となります。また、新規事業の立ち上げにおけるあらゆる段階で戦略的な投資を行い、新たな自動車関連起業家の輩出や新規のパートナーシップを創出していきます。

Alliance Ventures の最初の投資先は、コバルトフリーの全固体電池素材を開発する米国企業のIonic Materials社 です。Ionic Materials社の株式取得は、研究開発協力を目的とした同社とアライアンスの共同開発契約の締結時に行われます。Ionic Materials社はマサチューセッツ州を拠点に自動車および多様な用途に使われる高密度エネルギーバッテリーの性能およびコスト競争力向上を可能とする固体高分子電解質を開発しています。

このような投資を行うことで、Alliance Venturesはアライアンスのメンバーが将来使用する可能性がある新技術の特定と開発の後押しをします。こうした取り組みはルノー、日産自動車、三菱自動車3社の協業を強化し、2022年末までに年間100億ユーロ以上のシナジー創出を目指す戦略的中期計画「アライアンス2022」の目標達成を支えるものです。

同ベンチャーキャピタルへの最初の2億ドルの投資は、年間85億ユーロを超えるアライアンスの研究開発費とは別枠で実施されます。

Alliance Venturesを率いるのは、20年以上にわたる投資銀行での業務経験と、6年以上にわたるアライアンスでの経験を持ち、直近ではブラジル日産の社長を務めたフランソワ ドーサです。Alliance Venturesのチームはその専門知識と、ルノー、日産自動車、三菱自動車から集結したエキスパートから成るクロスファンクショナルチームにより見出された事業機会を活用していきます。

この投資活動はアライアンスの戦略を補完するもので、クルマの電動化、自動運転システム、コネクティビティなどの分野での収益増、コスト削減、コスト回避を目指します。アライアンスは、「アライアンス2022」の期間中、EV用の共通プラットフォームおよび共用部品を活用し、100%EVを12車種投入する計画のほか、40車種への自動運転技術搭載と、無人運転車両による配車サービス事業への参画も目指しています。

Alliance Ventures は、既存の研究・先行開発チームと協力しながら、投資を行うイノベーション分野や市場を特定していきます。また、ベンチャーキャピタルの専門家を採用し、同事業のプラットフォーム開発を行っていきます。同ファンドは、シリコンバレー、パリ、横浜、北京にあるアライアンスメンバーの技術研究センターや、強固なイノベーションエコシステムを有するエリアの近くに拠点を設ける予定です。

ルノー、日産自動車はそれぞれ40%ずつ、三菱自動車は20%を新ファンドに共同出資し、投資判断や業績管理を行う専門の投資委員会を設置する予定です。

「この投資活動は、世界で最も将来性のある自動車技術の開発を行う新興企業をアライアンスに呼び込むことを目的としています。」とゴーンは付け加えました。

中期計画「アライアンス2022」において、ルノー、日産自動車、三菱自動車は、3社合わせた年間販売台数は1,400万台以上に、また、売上高は2,400億ドルに達すると見込んでいます。

フランソワ ドーサの経歴はこちらからご覧ください: www.alliance-2022.com/executives/francois-dossa/

Alliance Venturesに関する情報、投資提案の提出はこちらからwww.alliance-2022.com/ventures

ルノー・日産自動車・三菱自動車について

ルノーグループ、日産自動車、三菱自動車は世界最大の自動車パートナーシップを結んでいます。また、多文化にまたがるパートナーシップとして、自動車業界の中で最長の継続期間と最高の生産性を誇ります。2016年には、パートナー各社合計で、世界の200か国近くで約1,000万台の車両を販売しました。3社は競争力強化のため、協業とシナジー最大化に注力しています。また、3社はドイツのダイムラー、中国の東風汽車などの自動車メーカーと戦略的な協力関係を結んでいます。本戦略的アライアンスは、ゼロ・エミッション車における業界リーダーであり、最新の先進技術を開発しながら、自動運転およびコネクティビティの機能やサービスを、手頃な価格の幅広い車種で提供していく予定です。

www.alliance-2022.com/ventures

www.media.renault.com

www.nissan-newsroom.com

http://www.mitsubishi-motors.com/en/newsrelease/

以上

(日本語リリース:クライアント提供)

Renault-Nissan-Mitsubishi Launches a Venture Capital Fund to Invest up to $1 Billion Over Five Years

PR71817

LAS VEGAS, January 10, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

- Alliance Ventures to Prioritize Next-Generation Mobility With $200 Million

Year-One Funding  

- New entity to act as main interface for start-ups, investors and the venture

capital ecosystem  

- Fund prioritizes open innovation in new mobility, including electrification,

autonomous systems, connectivity and artificial intelligence  

- First deal to be a strategic investment in Ionic Materials, a US company

developing cobalt-free solid-state battery materials  

Renault-Nissan-Mitsubishi, the world's leading automotive alliance, today

announced the launch of Alliance Ventures, a new corporate venture capital fund

that plans to invest up to $1 billion to support open innovation over the next

five years.

Logo: http://mma.prnewswire.com/media/556610/Renault_Nissan_Mitsubishi_Logo.jpg

In its first year, the fund expects to invest up to $200 million in start-ups

and open innovation partnerships with technology entrepreneurs focused on new

mobility, including vehicle electrification, autonomous systems, connectivity

and artificial intelligence.

With further annual investments, Alliance Ventures is set to become the largest

corporate venture capital fund in the automotive industry over the period of

Alliance 2022, the strategic midterm plan launched last year by

Renault-Nissan-Mitsubishi.

Carlos Ghosn, chairman and chief executive officer of

Renault-Nissan-Mitsubishi, said: "Our open innovation approach will allow us to

invest and collaborate with start-up companies and technology entrepreneurs,

who will benefit from the global scale of the Alliance. This new fund reflects

the collaborative spirit and entrepreneurial mind-set at the heart of the

Alliance."

The new fund is unique because it offers potential partners access to the

global scale and scope of Renault-Nissan-Mitsubishi, which sold more than 10

million vehicles in 2017 through 10 separate brands with a presence in all

major automotive markets.

Alliance Ventures will invest in start-ups to bring new technologies and

businesses to the Alliance while ensuring a fair financial return. The fund

will make strategic investments at all start-up stages and will incubate both

new automotive entrepreneurs and forge new partnerships.

The first deal by Alliance Ventures will be a strategic investment in Ionic

Materials, a promising US-based company which is developing solid-state

cobalt-free battery materials. The equity acquisition coincides with the

execution of a joint-development agreement with the Alliance for the purpose of

R&D cooperation. Ionic, based in Massachusetts, is the developer of a

pioneering solid polymer electrolyte that enables improved performance and cost

effectiveness of high-energy density batteries for automotive and multiple

other applications.

By making such investments, Alliance Ventures will help identify and support

the development of new technologies for potential use by Alliance members. Such

initiatives are aligned with the objectives of Alliance 2022, which aims to

strengthen cooperation and to double the annualized synergies generated by

Renault, Nissan and Mitsubishi Motors to more than €10 billion by the end of

2022.

The $200 million initial venture capital investment comes in addition to more

than €8.5 billion in total annual research and development investments by the

Alliance members.

Alliance Ventures will be led by François Dossa, who has over 20 years of

experience in investment banking, plus six years of experience within the

Alliance, most recently, as chief executive officer of Nissan Brazil. The

Alliance Ventures team will also draw on the expertise and business

opportunities identified by a Cross-Functional Team of experts from Renault,

Nissan, and Mitsubishi.

This initiative complements the Alliance strategy to seek incremental revenues,

cost savings and cost-avoidance in areas including electrification, autonomous

drive systems and vehicle connectivity. By the end of its strategic plan, the

Alliance will launch 12 pure electric models, utilizing common EV platforms and

components, while also bringing to market 40 vehicles with autonomous drive

technology and developing robo-vehicle ride-hailing services.

Alliance Ventures will define innovation areas and geographic markets for

investment, working with existing research and advanced engineering teams, and

will recruit venture capital experts to develop the platform. It is expected to

be co-located in Silicon Valley, Paris, Yokohama and Beijing, close to the

technology and research centers of the Alliance member companies, as well as to

areas with strong innovation ecosystems.

Renault (40%), Nissan (40%) and Mitsubishi Motors (20%) will jointly fund the

entity, which will have a dedicated investment committee to make investment

decisions and monitor their performance.

"This investment initiative is designed to attract the world's most promising

automotive-technology start-ups to the Alliance," said Carlos Ghosn.

As part of the Alliance 2022 strategic plan, Renault-Nissan-Mitsubishi is

forecasting that the combined revenues of its member companies will reach $240

billion and that annual unit sales will exceed 14 million by the end of 2022.

Link to François Dossa's bio:

http://www.alliance-2022.com/executives/francois-dossa/

For more information about Alliance Ventures and to submit investment

proposals, please navigate to http://www.alliance-2022.com/ventures

ABOUT RENAULT-NISSAN-MITSUBISHI:  

Groupe Renault, Nissan Motor Company and Mitsubishi Motors represent the

world's largest automotive alliance. It is the longest-lasting and most

productive cross-cultural partnership in the auto industry. Together, the

partners sold close to 10 million vehicles in nearly 200 countries in 2016. The

member companies are focused on collaboration and maximizing synergies to boost

competitiveness. They have strategic collaborations with other automotive

groups, including Germany's Daimler and China's Dongfeng. This strategic

alliance is the industry leader in zero-emission vehicles and is developing the

latest advanced technologies, with plans to offer autonomous drive,

connectivity features and services on a wide range of affordable vehicles.

http://www.alliance-2022.com/ventures

http://www.media.renault.com

http://www.nissan-newsroom.com

http://www.mitsubishi-motors.com/en/newsrelease/

Source: Renault-Nissan-Mitsubishi

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中