CLXがSMSフォールバックを備える世界規模のA2P RCSメッセージングAPIを開始

CLX Communications

2018/1/10 15:51

CLXがSMSフォールバックを備える世界規模のA2P RCSメッセージングAPIを開始

AsiaNet 71807 (0072)

【ストックホルム2018年1月9日PR Newswire=共同通信JBN】

*A2P市場はRCSによって促進され、2021年までに740億ドル相当になる

大手CPaaSプロバイダーのCLX Communications AB(NASDAQ XSTO: CLX)は9日、SMSフォールバックを完備した世界初のRich Communications Service(RCS)メッセージングAPIの発売を発表した。企業は今後、限定ベータトライアルにサインアップし、選ばれた国でA2P RCSをテストすることができる。詳細はウェブサイトhttp://www.clxcommunications.com/products/rcs-business-messaging/ for more information を参照。

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/470400/CLX_Communications_AB_Logo.jpg

GSMAは昨年、50のモバイルオペレーターがRCSをすでに開始し、世界で1億3800万のユーザーが現存し、2018年には3億5000万以上に、2019年までに10億にそれぞれ達すると予測されると発表した。

SMSフォールバックはRCS対応のAndroidハンドセット向けのリッチメッセージとして、またRCSクライアントがデバイスに搭載されない場合は標準SMSメッセージとして、メッセージを送信できることを保証する。

RCS Universal Profile 2.0規格は、イメージ、ビデオに加え、メニューや機能にリンク可能な直感的ボタンなどリッチコンテンツ機能を実現する。同規格は企業と顧客間の双方向の対話を推進し、チャットボット双方向性などの顧客サービス機能を充実させるために設計されている。

RCSメッセージングは、読み取りと受信確認も含むため、マーケターはA/Bテストを実行し、メッセージ・キャンペーンの成功を計測し、顧客エンゲージメントを向上させる変更を迅速に実行することが可能になる。

CLX RCS APIに統合した初のCLXエンタープライズ・クライアントの1社であるCallFireのTJ・ティナカラン最高執行責任者(COO)は「われわれCallFireはRCSを米国市場に導入し、RCSメッセージングが提供する高度な機能によってリッチな顧客体験を提供できることを大変うれしく思う。業務遂行の確実性が必須であり、将来にはRCSとSMSのハイブリッドを管理できることが重要になる。CLXは、エンタープライズがSMSの配信可能領域を失うことなくRCSを使用することを容易にするという大きな仕事を成し遂げた」と語った。

GSMAは、A2Pメッセージング市場が2021年までに740億ドル相当に達し、RCSはこの成長と新興のMessaging-as-a-Platform(プラットフォームとしてのメッセージング、MaaP)市場全体の重要な要素になると予測している。MaaPは顧客エンゲージメント・チャンネルとしてのモバイルメッセージングの進化したものであり、人工知能(AI)を使用するチャットボットを組み込んだエンタープライズ(A2P)メッセージングの利用も含めることができる。(https://www.gsma.com/futurenetworks/rcs/messaging-as-a-platform/

RCSは、GoogleがRCS規格に基づく初のA2P ServiceであるEarly Access Programme to Android Business Messagingを発表した2017年2月に急成長した。

CLXのロブ・マルコム副社長(マーケティング&オンライン販売担当)は「RCSによってエンタープライズ・メッセージング市場が顧客サービスおよびエンゲージメントの新時代に入るのは明白である。重要なのは、ネイティブ・モバイル・メッセージングチャンネルでのチャットボットなどAIベースの充実したサービスをこれからは含めることが可能になることだ」と語った。

副社長はまた「これは企業やブランドにとって素晴らしいニュースであるが、メッセージがすべての人々に届くようにするため、SMSを自動フォールバックとして提供することによって非RCSベースのハンドセット向けの規定を作成することも重要である」と語った。

▽CLX Communicationsについて

CLX Communications(CLX)は、エンタープライズおよびモバイルオペレーター向けのクラウドベース通信サービスおよびソリューションで世界をリードするプロバイダーである。CLXのモバイル通信サービスは、企業が迅速かつセキュア、かつコスト効率に優れた形で顧客および、コネクテッドデバイス、すなわちインターネット・オブ・シングス(IoT)と世界中で通信することを可能にする。

CLXのソリューションは、IoT向けにモバイルメッセージングサービス(SMS)、音声サービス、モバイルコネクティビティーサービスを通じてビジネスに不可欠な世界通信を実現する。CLXは創業以来、利益を上げてきた。グループはスウェーデンのストックホルムに本社を置き、他の20カ国以上にプレゼンスを確保している。CLX Communicationsの株式はストックホルムのNASDAQ市場(XSTO: CLX)で取引されている。

詳細は http://www.clxcommunications.com を参照。

▽CallFireについて

CallFireのブランドファミリーは、米国およびカナダにある数千の企業向けの使い勝手がよいセルフサービスのテキストおよび音声マーケティング・ソリューションの大手プロバイダーである。同社は地元企業が積極的なアウトリーチおよびエンゲージメントを通じて収益を伸ばし、それを保持することを支援することに特化している

同社は地元企業へのサービス提供に加え、非営利、宗教グループ、その他の組織を支援して、アウトリーチの努力を向上させている。CallFireは米カリフォルニア州サンタモニカに本社を置き、テキサス州オースティン、ウクライナのキエフに提携オフィスを構えている。

詳細はウェブサイトhttps://www.callfire.com を参照。

ソース:CLX Communications

CLX First to Launch Global A2P RCS Enterprise Messaging API With SMS fall-back

PR71807

STOCKHOLM, January 09, /PRNewswire=KYODO JBN/--

- A2P market will be worth $74bn by 2021, driven by RCS  

Leading CPaaS provider, CLX Communications AB (NASDAQ XSTO: CLX), today

announced the launch of the first global Rich Communications Service (RCS)

messaging API with SMS fall-back. From today, enterprises will be able to

sign-up to a limited beta trial that will enable them to test A2P RCS in

selected countries, visit

http://www.clxcommunications.com/products/rcs-business-messaging/ for more

information.

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/470400/CLX_Communications_AB_Logo.jpg )

Late last year the GSMA confirmed that 50 mobile operators have already

launched RCS and that it currently has 138 million users worldwide, forecast to

grow to 350 million in 2018 and over a billion by 2019. [

https://www.gsma.com/futurenetworks/digest/future-networks-mobile-world-congress-americas-2017/]

SMS fall-back guarantees the delivery of messages either as a rich message for

Android handsets that have RCS enabled or as a standard SMS message if an RCS

client is not present on the device.

The RCS Universal Profile 2.0 standard allows rich content features such as

images, videos and intuitive reply buttons that can link to further menus and

functions. It's designed to promote two-way interaction between the enterprise

and the customer, enabling enhanced customer-service functions including

chatbot interactivity.

RCS messaging also includes read and received receipts so that marketers can

perform A/B testing, gauge the success of messaging campaigns and make changes

on the fly to improve customer engagement.

TJ Thinakaran, COO at Callfire, one of the first CLX enterprise clients to

integrate into the CLX RCS API commented, 'At Callfire we're excited to launch

RCS into the US market and provide a rich customer experience with the advanced

features RCS messaging brings. Deliverability being critical, it is important

be able to manage a hybrid between RCS and SMS for the foreseeable future. CLX

has done great job of making it easy for enterprises to use RCS without losing

the reach of SMS'.

The GSMA estimates that by 2021 the A2P messaging market will be worth $74

billion and RCS will be a key driver of this growth as well as the emerging

Messaging-as-a-Platform market as a whole (MaaP). MaaP is the evolution of

mobile messaging as a customer engagement channel, which can include making use

of business (A2P) messaging that incorporates chatbots that use artificial

intelligent

(AI).[https://www.gsma.com/futurenetworks/rcs/messaging-as-a-platform/]

RCS received a significant boost in Feb 2017 when Google announced the launch

of its Early Access Programme to Android Business Messaging, the first A2P

Service based on the RCS standard.  

Rob Malcolm, VP of Marketing & Online Sales at CLX said 'It's clear that RCS

will drive the Enterprise messaging market forward in to a new era of customer

service and engagement. Importantly it is now possible to include AI based

enriched services such as chatbots in a native Mobile messaging channel.'  

'Whilst that's great news for enterprises and brands alike, it's important to

make provision for non-RCS based handsets by offering SMS as an automatic

fall-back so that messages reach everyone.'

About CLX Communications

CLX Communications (CLX) is a leading global provider of cloud-based

communication services and solutions to enterprises and mobile operators. CLX's

mobile communication services enable companies to quickly, securely and

cost-effectively communicate globally with customers and connected devices -

Internet of Things (IoT).

CLX's solutions enable business-critical communications worldwide via mobile

messaging services (SMS), Voice, Video, Data and mobile connectivity services

for IoT. CLX has grown profitably since the company was founded. The Group is

headquartered in Stockholm, Sweden, and has presence in a further 20 countries.

CLX Communications' shares are traded at NASDAQ Stockholm - XSTO: CLX.

To learn more please visit: www.clxcommunications.com

About Callfire

The CallFire family of brands are leading providers of easy-to-use,

self-service text and voice marketing solutions for thousands of businesses

across the US & Canada. We specialize in helping local businesses grow and

retain their revenue through proactive outreach and engagement. Our solutions

also support customer service, collections and logistics communications.

In addition to serving local businesses, we empower non-profits, religious

groups and other organizations to improve their outreach efforts. CallFire is

headquartered in Santa Monica, California, with affiliated offices in Austin,

Texas and Kiev, Ukraine.

To learn more please visit: https://www.callfire.com    

Source: CLX Communications Limited

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中