銅梁龍舞が大みそかのタイムズスクエアでデビュー

China Economic Information Service

2018/1/12 10:55

銅梁龍舞が大みそかのタイムズスクエアでデビュー

AsiaNet 71845 (0087)

【ニューヨーク2018年1月11日新華ファイナンス=共同通信JBN】中国の国家無形文化遺産の1つである中国南西部の重慶市の銅梁龍舞(Tongliang Dragon Dance)が大みそかの祝賀の間にタイムズスクエアでデビューした。8人の出演者が動かすカラフルな全長15メートルの銅梁龍が飛び跳ね、転がり、空中を舞った。重慶の伝統的な民謡を背景に、龍を支える棒はひれ足のように、次第に強まるリズムでスワイプした。

銅梁龍舞を演じる平均年齢30歳の8人組の出演者は、この新年の祝賀の準備に1カ月半を費やした。出演者チームのリーダーで、銅梁龍舞の継承者でもあるチャン・シュンシェン氏は「このような活動に参加することは大変名誉なことだ。われわれの努力により、優れた中国の伝統文化に対する世界の理解をさらに深めることができる」と語った。

世界の面前で完璧な銅梁龍舞を披露するため、チームは舞のテクニックにイノベーションをもたらしただけでなく、それ自体が無形文化遺産の一部である龍の制作に磨きをかけた。大みそかに演じた龍は、無形文化遺産所有者のジョウ・ジエン氏の手で制作された。

銅梁区文化委員会のチン・チージアン副主任並びに龍舞のコーチとチームメンバーは、新年のお祝いの雰囲気を強調するため、龍の胴体にLED重力誘導灯が付けられていることを紹介した。これにより、龍は出演者の激しい動きやスピードの変化に連動してまぶしい光を放つことができる。

銅梁観光局のユアン・ホンメイ局長は「われわれはニューヨーカーや世界中の観衆に中国の美しい重慶市から素晴らしい中国文化の祝宴を提供すると同時に、より多くの人々が銅梁龍舞について知り、中国文化をより良く理解できるようになることを期待している」と述べた。

重慶市銅梁区から伝えられた一種の伝統的民族舞踊である銅梁龍舞は、600-700年の歴史を誇っている。銅梁龍舞は重慶市の文化的象徴の1つとして、30以上の国・地域で文化交流活動に参加してきた。

ソース:China Economic Information Service


Tongliang Dragon Dance Debuts on New Year's Eve in Times Square

PR71845

NEW YORK, Jan. 11, 2018/Xinhua Finance Agency=KYODO JBN/ --

Tongliang Dragon Dance from Southwest China’s Chongqing Municipality, which
represents one of China’s national intangible cultural heritages, made its
debut in Times Square during the New Year’s Eve celebration on Sunday.

A colorful 15-meter long Tongliang Dragon jumped, rolled and hovered under
control of eight performers. Accompanied by Chongqing traditional folk songs,
the dragon rods were like paddles that quickly swiped with the increasingly
strong rhythm.

With an average age of 30, eight performers of the Tongliang Dragon Dance spent
one month and a half in making preparations for the New Year's celebration. “It
is a great honor to participate in such an activity. We can further enhance the
world's understanding of the excellent Chinese traditional culture through our
efforts,” said Zhang Shunsheng, the team leader, who is also an inheritor of
the Tongliang Dragon Dance.

To present a perfect Tongliang Dragon Dance in front of the world, the team had
not only made innovations to the dancing techniques but also improved the
dragon making, which itself is part of the intangible cultural heritage. The
dragon performed on the New Year’s Eve was made by the intangible cultural
heritage bearer Zhou Jian.

Qin Qijiang, Deputy Director of the Tongliang District Culture Commission, as
well as coach and team member of the Dance, introduced that in order to
highlight the festive atmosphere of the New Year, the body of the dragon is
equipped with a LED gravitational induction light source, which enables the
dragon to give out dazzling light with the change of the performers’ dynamics
and speed.

“We expect to offer a terrific Chinese cultural banquet from China’s beautiful
Chongqing city for New Yorkers and audiences all over the world and at the same
time let more people get to know about Tongliang Dragon Dance and to better
understand the Chinese culture,” said Yuan Hongmei, Director of Tongliang
Tourism Administration.

Tongliang Dragon Dance, a form of traditional folk dance hailing from the
Tongliang District of Chongqing, boasts a history of 600-700 years. As one of
the cultural icons of Chongqing, it has attended cultural exchange activities
in more than 30 countries and regions.

Source:  China Economic Information Service



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中