YOTELがスマート居住方式のブランドYOTELPADを始動

YOTEL

2018/1/16 18:02

YOTELがスマート居住方式のブランドYOTELPADを始動

AsiaNet 71851 (0105)

【ロンドン2018年1月16日PR Newswire=共同通信JBN】YOTELPADの新規事業5件は、巧妙なデザインとスマート技術を通じて、スペースを最適化するブランド力を強化する長期滞在セグメントへの展開を示すものである。

YOTELは16日、新しいYOTELPADブランドの始動によって長期滞在セグメントに進出すると発表した。YOTELとYOTELAIRの客室の巧妙なデザイン指針の上に構築されたYOTELPADは、高級サービス付きアパートのエッセンスを「PAD」として知られる意図的設計のコンパクト住居に転換し、手ごろな料金で地球市民の要求を満たすものである。

(Photo: https://mma.prnewswire.com/media/628359/YOTELPAD.jpg

YOTELのヒューバート・ビリオト最高経営責任者(CEO)は「YOTELAIRとYOTELの導入成功を受けて、われわれは従来のホテル形式破壊と同じやり方で、当然ながら既存の長期滞在セグメントを再考する明白な機会があると考えた」と語った。

YOTELPADはスペースと技術の最適化によって、完全設計の居住ソリューションを提供する。標準のPADは20平方メートルから始まるが、広いPADもあり、YOTELの調節可能な「SmartBed(TM)」、快適な仕事とリラックス用のエリア、高級エンスイート浴室、用具類がそろったキチネット、広めの保管スペースが備わる。YOTELのシグニチャーである「テクノウォール」は、PADのゲストがスペースに簡便なコネクティビティーと個人化を施し、家庭的な雰囲気を演出することが可能になる。

ブランド担当のジョー・ベリントン副社長は「YOTELPADはホテル品質の標準と家庭の快適性をブレンドして従来の境界を越え、その全てはコンパクトスペースを最大限利用する当社シグニチャーのデザインDNAを通じて達成される。これによって、各ゲスト、オーナーは機能完備の専用PADを手にするばかりか、楽しい多機能スペースの仕事、コネクティビティー、リラックス、社交に利益を加えて、強いコミュニティー意識を生み出す」とコメントした。

社交エリアとアメニティーはローカル環境にプログラム化され、週7日24時間営業のジム、自転車と用具の収納、Amazonロッカー、洗濯室、ホームシネマ、図書室、さらにYOTELのシグニチャーであるClub Loungeが含まれ、共同作業、会合、友人や同僚のもてなしに最適である。

ベリントン副社長は「YOTELブランドの例に倣い、PADはわれわれの技術と革新に対する情熱で支えられ、シームレスでデジタルのゲスト体験がYOTELPADアプリ経由で提供される。予約、チェックイン、チェックアウトの明白な機能に加えて、われわれのアプリはゲストのデジタルキーになり、アメニティーや『持ち帰り料理』注文の手段になる。このアプリはポケットサイズの仮想コンシェルジュとして、ゲストをローカルコミュニティーの各種サービスや体験に直結する」と続けた。

YOTELPADは北米、欧州、中東のすでに確定した5つのプロジェクトで国際展開する。最初のYOTELPADはパークシティーマウンテンのパークシティー(ユタ州)にできる。米国最大のスキーリゾートで、北米で最も革新的な観光リゾート開発企業の1つ、Replay Destinationsが開発する。

YOTELのヒューバート・ビリオトCEOは「当社ポートフォリオにYOTELPADを導入する付加的な利益は、新市場セグメントに参入できるだけでなく、YOTELとYOTELAIRのブランドに必ずしも適していない新しい立地で運営できることである。REPLAYとの最近の提携は特別で、観光リゾート市場における新ブランドに極めて大きな可能性をもたらす。YOTELPADパークシティーが大きな成功を収め、今はREPLAYとの多くの機会を期待している」と語った。

YOTELPADパークシティーに踵(きびす)を接して、ジュネーブ湖地方でYOTELPAD2棟がM3 Real Estateによって開発される。さらに、YOTELマイアミとYOTELドバイが開発の一部にYOTELPADを盛り込む。

ビリオトCEOは「当社の既存ブランドとともに、YOTELPADの世界展開には大きな可能性があるとみている。YOTELPADは独立型にもYOTELを含む多目的開発の一部にもなる。それぞれのPADはYOTELが運営し、個人投資家か機関投資家に所有される」と結んだ。

ソース:YOTEL

YOTEL Launches YOTELPAD - A Smarter Way of Living

PR71851

LONDON, January 16, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Five new YOTELPAD deals mark YOTEL's arrival in the extended stay segment

reinforcing the brand's ability to optimise space through clever design and

smart technology.

16 January 2018, London UK:  YOTEL today announced their foray into the

extended stay segment with the launch of the new YOTELPAD brand.  Building on

the clever design principles of YOTEL and YOTELAIR cabins, YOTELPAD translates

the essence of luxury serviced apartments into purposefully designed compact

homes, known as 'PADs', fulfilling the requirements of the global citizen at an

affordable price.

'Following the successful roll out of YOTELAIR and YOTEL, we saw a natural

opportunity to rethink the traditional extended stay segment in the same

fashion we disrupted conventional hotel models.' said Hubert Viriot - YOTEL CEO.

YOTELPAD offers perfectly designed living solutions by optimising space and

technology. Standard PADs will start from 20 sqm (215 sqft), but larger PADs

will also be available and will feature YOTEL's adjustable SmartBeds(TM),

comfortable work and relaxing areas, luxury en-suite bathrooms, fully equipped

kitchenettes and ample storage space.  YOTEL's signature Technowall will enable

PAD guests to easily connect and personalise the space to create a homely

atmosphere.

Commenting, Jo Berrington – VP Brand said, 'YOTELPAD will transcend traditional

boundaries with a blend of hotel-quality standards and home-like comforts, all

achieved through our signature design DNA making the most out of compact

spaces. Not only does this allow each guest or owner to have a fully functional

private PAD, but with the added benefit to work, connect, relax and socialise

in multifunctional and fun spaces, creating a strong sense of community,'

continued Berrington.

Communal areas and amenities will be programmed to the local environment and

can include 24/7 gyms, bike and gear storage, Amazon lockers, laundry, home

cinema and library as well as YOTEL's signature Club Lounge, ideal for

co-working, meetings and entertaining friends or colleagues.

'True to the YOTEL brand, PAD will be underpinned by our passion for technology

and innovation; our seamless digital guest experience delivered via the

YOTELPAD app. In addition to the obvious app functionality of booking and

checking in and out, our app will be your digital key and a go to place for

ordering amenities and 'food-to-go'. Acting as a pocket size virtual concierge,

the app will connect you directly to a range of services and experiences in the

local community.' continued Berrington.

YOTELPAD will launch globally with the five projects already confirmed in North

America, Europe and the Middle East. The first two YOTELPADs to be announced

are in Park City (Utah) and Downtown Miami.  YOTELPAD Park City is located at

Park City Mountain, the largest ski resort in the US and will be developed by

Replay Destinations, one of the most innovative developer of destination resort

projects in North America. The second is in Downtown Miami and will form part

of a mixed-use development including 250 YOTEL cabins and 208 PADs by the Aria

Development Group who focuses on building and acquiring premier residential and

mixed-use properties.

'The added benefit of introducing YOTELPAD to our portfolio, is that it not

only allows us to enter a new market segment, but also enables us to operate in

new locations, not naturally suited to our YOTEL and YOTELAIR brands. Our

recent partnership with REPLAY has been extraordinary - realizing just how much

potential there is for our new brand in the destination resort market.  We are

confident that YOTELPAD Park City will be a tremendous success and we are now

looking at multiple opportunities with REPLAY', said Hubert Viriot, YOTEL CEO.

YOTELPAD Park City and Miami will be followed closely by two YOTELPADs in the

Geneva Lake region to be developed by M3 Real Estate and YOTEL Dubai in

Business Bay, will also feature YOTELPADs as part of their developments.

'Alongside our existing brands, we see huge potential for the development of

YOTELPAD globally.  YOTELPADs can be stand-alone or form part of a mixed-use

development including a YOTEL.  Each PAD will be operated by YOTEL and can be

owned by individual or institutional investors', concluded Viriot.

For more Information:

www.yotelpad.com

yotel_uk@kwittken.com

Source: YOTEL

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中