Finomがブロックチェーン・プラットフォームでNOMトークンの2度目の発売開始へ

Finom AG

2018/1/18 10:06

Finomがブロックチェーン・プラットフォームでNOMトークンの2度目の発売開始へ

AsiaNet 71903 (0121)

【トイフェン(スイス)2018年1月17日PR Newswire=共同通信JBN】金融ブロックチェーン企業で、仮想通貨とトークンのマイニング(採掘)と取引向け統合プラットフォーム開発者であるFinom AGは18日、個人投資家と仮想通貨コミュニティーを対象とするNOMトークンのクラウドセールを開始すると発表した。

  Logo: http://mma.prnewswire.com/media/619911/Finom_AG_Logo.jpg

2017年12月30日に完了した初の発売キャンペーンの過程では、FINセキュリティートークンの公開割り当てによって、参加した7000人以上の投資家によって4100万ドル余りが調達された。調達総額の内3400万ドルは、事前セール段階で投資された。

Finom AGのキリル・スースロフ最高経営責任者(CEO)は「われわれの初のトークン販売経験は成功し、仮想通貨市場で最大規模の販売量の1つを調達することができた。われわれは、投資家がFINトークンを購入すれば得られる報酬であるNOMユーティリティートークンについて、大きな可能性があると見ている。プロジェクト内のNOMトークンのアプリケーションが広がるほど、生み出す価値は大きくなる。その結果として、われわれは、NOMトークンをプラットフォーム内で本格的な決済ツールにすることを決めた。そのためには開発プロセスの変化と、より固いサービス統合が求められている」と語った。

これらの目標達成のため、同社はNOMユーティリティートークンの追加発行を実施し、少額の取引でも決済をより一層容易にするため、発行価格を低額にする予定だ。新たなキャンペーンによって、同社は仮想通貨コミュニティーからより多くの個人投資家を引き付けることができる。個人投資家は、エコシステムが目標とする人口層を構成している。

プロジェクトが、異なる種類のトークンを割り当てるために別のキャンペーンを開始することは、仮想通貨市場の歴史上初めてのことである。新たな発売は2018年2月1日に始まり、3月3日まで実施される。

FINセキュリティートークンは、 単一企業と投資家によるプール形成に役立ち、新しいクラウドセールの目標は、Finomエコシステムの構造を広げることになる。初セールに参加した人は、2回目のセールにもかかわろうというインセンティブを受け取る。彼らは、追加的なNOMトークンを受領する権利を認められる。それは彼らの資産を増やし、NOMトークンを購入する際に特別割引価格が提供される。

Finomは、知的なAIベースの支援を受ける新しい、統合ブロックチェーン・プラットフォームを構築している。AI支援はユーザーの理解とタスク設定を支援し、単一のエントリー・ポイントから必要なすべてのサービスを提供する。

Finomは金融ブロックチェーン企業であり、Nanopool、TabTrader、Cryptonit、Cryptal、Beetle.io

の5社で成り立っている。同社サービスはすでに、178カ国、52万ユーザーに達している。

▽問い合わせ先

Toma Besedina

Finom PR Manager

pr@finom.io

+79650195246

ソース:Finom AG

Finom Blockchain Platform Begins its Second Token Sale in Market First

PR71903

TEUFEN, Switzerland, Jan. 17, /PRNewswire=KYODO JBN/--

The financial blockchain company Finom AG, developer of a unified platform for

mining and trading cryptocurrencies and tokens, announces the launch of NOM

token crowdsale intended for private investors and the crypto community.

     (Logo: http://mma.prnewswire.com/media/619911/Finom_AG_Logo.jpg )

Over the course of the first campaign, the public allocation of FIN security

tokens, which ended on 30 December 2017, Finom attracted over $41 million with

more than 7,000 investors participated. $34 million of that amount was invested

in the presale stage.

"Our first token sale experience was successful: we were able to raise one of

the market's largest investment volumes. We saw a large potential for NOM

utility tokens, which investors received as a bonus when purchasing FIN tokens.

The wider the NOM token application within the project, the more value it

generates. As a result, we decided to make the NOM tokens a full-fledged

payment tool within the platform. This will demand the development process

changes and tighter services integration," says Kirill Suslov, CEO of Finom AG.

To reach these goals, the company will carry out the release of an additional

number of NOM utility tokens and will lower their starting price to make it

more convenient for payments even with small transactions. The new campaign

will allow the company to attract more private investors from the crypto

community, who themselves make up the ecosystem's target demographic.

This will be the first instance in market history that a project launches a

separate campaign for the allocation of a different kind of token. It will

begin on 1 February and last until 3 March 2018.

The FIN security token facilitated a single company and shareholder pool

formation, while the goal of the new crowdsale is to widen the architecture of

the Finom ecosystem. The first sale participants will receive incentives to

become involved in the second: they will be credited with additional NOM

tokens, which will increase their assets and offered a special discount for

purchasing NOM tokens.

Finom is building a new, integrated blockchain platform with an intelligent

AI-based assistant that will help users in understanding and setting tasks and

will provide them with all necessary services from a single entry point.

Finom is a financial blockchain corporation grown out of five companies:

Nanopool, TabTrader, Cryptonit, Cryptal, and Beetle.io. Services already reach

520,000 users in 178 countries.

Disclaimer:

This press release contains statements which, to the extent that they do not

recite historical facts, constitute forward-looking statements.  These

statements can be identified by the fact that they do not relate strictly to

historical or current facts and may include the words "may," "will," "could,"

"should," "would," "believe," "expect," "anticipate," "estimate," "intend,"

"plan" or other words or expressions of similar meaning.  These forward-looking

statements are based on the current expectations of Finom about future events.  

Consequently, actual results may differ materially from those that might be

anticipated from forward-looking statements. Considering these and other

uncertainties, the reader should not regard the inclusion of a forward-looking

statement in this press release as a representation by Finom that its plans and

objectives will be achieved, and should not place undue reliance on such

forward-looking statements.  Finom does not undertake any obligation to update

any forward-looking statements, whether as a result of new information, future

events or otherwise, except as required by law.

Contact:    

Toma Besedina   

Finom PR Manager   

pr@finom.io   

+79650195246    

Source: Finom AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中