過酷な温度環境の課題に対処する初のVery Low Profile DRAMを発売

イノディスク(Innodisk)

2018/1/19 10:09

過酷な温度環境の課題に対処する初のVery Low Profile DRAMを発売

AsiaNet 71902

【台北(台湾)2018年1月19日PR Newswire】

監視、ネットワーク、通信市場向けの温度拡張 DDR4 Very Low Profile(VLP)DRAM

産業メモリーモジュールのトップ企業であるイノディスク(Innodisk)は、産業グレードの温度拡張VLPシリーズを発売しました。このモジュールは、ネットワーク、監視、通信などの市場の急成長および急激な変化で生じる多数の課題に対処するように設計されております。

▽成長する監視システム市場

監視システム市場は2016年から2024年にかけて年間17%成長すると予測されております。これがデジタル化の流れと相まって、スマートかつ高速の監視ソリューションに対する需要を喚起しています。これらの監視システムは温度が広範囲に変化する極めて過酷な環境であり、堅牢性がより重視されます。

▽通信機器市場における大きな変化

通信機器市場は現在、5G実現に向け注力しております。ユーザーはオンラインベースの通信を好む従来の携帯電話を利用しなくなっており、通信会社は先を争って、高速および容易なアクセスへの新しい需要に応えようとしています。ユーザーは、どこにいようが、より厳しい環境条件を伴う遠隔地であろうが、接続速度をより高速にできることを期待しているため、業界はネットワーク更新への投資を継続に行っております。

▽スマートかつ耐久性があるメモリー

新しい温度拡張DDR4 VLPシリーズは、スピードと信頼性の向上に対する需要に対応します。このモジュールは、-40℃から85℃の温度環境下でテストされ認定されており、ロープロファイル(0.738インチ)であるために、小型通信機器、ルーター、ネットワーク機器、監視装置等の組み込むに適しております。品質及び信頼性が高いDRAMモジュールをご提供致します。

▽イノディスク(Innodisk)について

フォーブルのAsia's 200 Best Under A Billion companiesに選ばれたイノディスクは、産業および企業向けのフラッシュストレージ、DRAMモジュール、組込み用途向けペリフェラルモジュール製品のサービスプロバイダーです。産業用・組込み・航空宇宙・防衛・クラウドストレージ市場の顧客向けに、高品質・高信頼の製品を技術サポートと共にご提供しております。

2005年創設され台湾・台北に本社を置くイノディスクはエンジニアリングサポートおよびセールスチームによって、中国本土、欧州、日本、米国など世界中のクライアントをサポートしております。イノディスクに関する詳細は、ウェブサイトhttp://www.innodisk.com を参照。

ソース:Innodisk Corporation

(日本語リリース:クライアント提供)

Innodisk to Launch Industry First Very Low-Profile DRAM to Tackle Challenges of Extreme Temperature Scenarios

PR71902

TAIPEI, Taiwan, Jan. 19, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/--

Wide Temperature DDR4 Very Low-profile (VLP) DRAM specifically for the

surveillance, networking and telecom markets

Innodisk, as the first among the industrial memory module houses, is launching

an industrial-grade Wide Temperature VLP series. The modules are designed to

meet the many challenges associated with the rapid growth and changes seen in

markets such as networking, surveillance and telecommunications.

A Surveillance Market in Growth

Reports are showing a surging market with a forecasted annual growth of 17%

from 2016 to 2024. This, coupled with the trend of digitization, is generating

an increasing demand for smart and fast surveillance solutions. Perhaps more

important is robustness, as these surveillance systems are needed in widely

different scenarios where temperatures can vary extensively.

Great Shift in the Telecoms Market

The telecommunications market is currently pouring everything into making 5G

happen. As users are leaving behind the traditional uses of cellphones in favor

of online-based communications, telecom companies are scrambling to meet the

new demands for high speed and accessibility. The users are expecting faster

connection speeds no matter where they are located, spurring the industry to

keep investing in network upgrades, even in remote areas with tougher

environmental conditions.

Smart and Durable Memory

The new Wide Temperature DDR4 VLP series meets the demand for faster speeds and

reliability. The modules are tested and qualified for use in temperatures

ranging from -40 degrees Celsius to 85 degrees Celsius and the low profile

(0.738") enables easy integration into routers, networking devices, and

surveillance devices. Innodisk can guarantee that all DRAM chips are original

grade and offer extensive technical and longevity support.

About Innodisk

Featured on Forbes' Asia's 200 Best Under A Billion companies, Innodisk is a

service-driven provider of flash memory, DRAM modules and embedded peripheral

products for the industrial and enterprise applications. With satisfied

customers across the embedded, aerospace and defense, cloud storage markets and

more, we have set ourselves apart with a commitment to provide customizable,

dependable solutions and unparalleled service.

Founded in 2005 and headquartered in Taipei, Taiwan, Innodisk supports clients

globally with engineering support and sales teams in mainland China, Europe,

Japan, and the United States.

For more information about Innodisk, please visit https://www.innodisk.com

SOURCE  Innodisk Corporation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中