Union Bancaire Priveeが2017年決算を発表

Union Bancaire Privee, UBP

2018/1/22 15:01

Union Bancaire Priveeが2017年決算を発表

Asianet 71938(0136)

【ジュネーブ2018年1月22日PR Newswire=共同通信JBN】

Union Bancaire Priveeの純利益は25%増の2億2040万スイスフラン

*2017年全体の純利益は2億2040万スイスフランで、2016年決算の1億7640万スイスフランと比べて25%、4400万スイスフラン増加した。

*収入に対する経費の比率は、グループの強い業績を反映して、2016年の67.9%から64.1%に改善した。

*運用資産総額は1253億スイスフランで、2016年(1183億スイスフラン)から5.9%増加した。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180118/2035471-1LOGO

▽投資が成果を生む

堅調な金融市場に後押しされ、収入は2016年の9億3460万スイスフランから10億4500万スイスフランに増加した。個人顧客への助言・委託業務の急増で手数料と委託料が14.2%増加した上、特にドル金利の上昇で金利収入が2500万スイスフラン(10.1%)に増えたことも増収の原動力だった。

営業経費は引き続き抑制されている。2017年は2016年の6億3470万スイスフランから5.5%増えて6億6960万スイスフランだった。この増加は主に、アジアでのCoutts統合(2016年4月に完了)の全面的影響と、同地域での増員によるものだった。規制順守経費の増額とデジタルサービスでの大型投資も、営業経費を膨らませた。

引当金調整前営業収入は41.4%増の2億7120万スイスフランと、2016年の1億9190万フランから増えた。資産運用部門の商品の強いリターンと革新的な新投資サービスに支えられたブローカーおよびアドバイザリー業務が増益につながった。

従ってグループは2017年に収益性が大きく向上した。2017年の純利益は2億2040万スイスフランで、2016年の1億7640万スイスフランから25%増加した。収入に対する経費の比率は2016年の67.9%から64.1%に改善した。

2017年12月31日時点の運用資産は1253億スイスフランに達し、前年度(2016年末は1183億スイスフラン)と比べて5.9%(70億スイスフラン)増加した。市場の上昇と、機関投資家からの純資金流入(25億スイスフラン)、新興国の個人顧客からの新規資金が、主として欧州外顧客による課税調整に伴う資金流出を十二分に相殺した。

UBPのギ・ド・ピチョット最高経営責任者(CEO)は「こうした決算はある程度、経済状況の好転と堅調な市場によるものだが、何よりもここ数年間、特にアジアでわれわれが実行した努力と投資を反映している。わが社の2017年の業績は、好調な経済環境を背景に達成されたが、健全なスイス銀行業界によっても支えられた」と述べた。

▽堅調なファンダメンタルズ

2017年末のグループのバランスシートは総額320億スイスフランで、2016年末時点の308億スイスフランと比べて12億スイスフラン増加した。中核的自己資本(ティア 1)比率は27.4%で、バーゼルIIIとスイス金融市場監査機構(FINMA)が求める最低基準を大きく上回った。

UBPのバランスシートの健全な管理は、短期流動性比率が278.4%と、バーゼルIIIが求める最低基準の2.8倍になっていることにも表れている。

UBPは引き続き業界で最も資本が充実した銀行の一つであり、個人顧客と機関顧客の双方で資産管理事業を展開する十分な資金力を持っている。

財務状況の概略は以下を参照。

https://photos.prnasia.com/prnk/20180118/2035471-1

▽Union Bancaire Privee(UBP)について

UBPはスイスの大手プライベートバンクで、最上級の資本基盤を維持している。2017年12月31日時点のティア 1比率は27.4%。UBPは個人および機関顧客向けの資産管理を専門とする。ジュネーブに本拠を置くUBPは、世界に20カ所以上の拠点を持ち、1697人の従業員を擁する。2017年12月31日時点の運用資産総額は1253億スイスフラン。

www.ubp.com

ソース:Union Bancaire Privee, UBP

Union Bancaire Privee Announces Annual Results 2017

PR71938

GENEVA, Jan. 22, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Union Bancaire Privee net profit up 25% to CHF 220.4 million

- Full-year 2017 net profit was CHF 220.4 million, up 25% or CHF 44 million

compared to the 2016 figure of CHF 176.4 million.

- The cost/income ratio improved to 64.1% compared with 67.9% in 2016,

reflecting the Group's strong earnings.

- Assets under management reached CHF 125.3 billion, a rise of 5.9% on 2016

(CHF 118.3 billion).

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180118/2035471-1LOGO

Investments paying off

Bullish financial markets helped increase revenue to CHF 1.045 billion from CHF

934.6 million in 2016. Revenue growth was also driven by a 14.2% rise in fees

and commissions, a result of significant growth in advisory and discretionary

mandates among private clients, and by an increase in interest income of CHF 25

million (10.1%) due in particular to higher dollar interest rates.

Operating expenses remained under control, rising by 5.5% from CHF 634.7

million in 2016 to CHF 669.6 million in 2017. The increase resulted mainly from

the full impact of the Coutts integration in Asia (completed in April 2016), as

well as added recruitment in that region. Operating expenses also rose due to

the higher cost of regulatory compliance as well as major investments in the

digital offering.

Operating income before provisions rose 41.4% to CHF 271.2 million, up from CHF

191.9 million in 2016. The increase was driven by the brokerage and advisory

businesses, underpinned by strong returns on the products of the Asset

Management division, and also by innovative new investment offerings.

The Group was, therefore, significantly more profitable in 2017, with net

profit rising 25% from CHF 176.4 million in 2016 to CHF 220.4 million in 2017,

and with the cost/income ratio improving to 64.1% versus 67.9% in 2016.

At 31 December 2017, assets under management reached CHF 125.3 billion, up 5.9%

(CHF 7 billion) compared with the previous financial year (CHF 118.3 billion at

the end of 2016). Rising markets, net inflows from institutional investors (CHF

2.5 billion) and new money from private clients in emerging countries more than

offset outflows resulting from further tax regularisations, mainly by

non-European clients.

"Although these results are, in part, due to positive economic conditions and

buoyant markets, they above all reflect the efforts and investments we have

made over the last few years, particularly in Asia. Our 2017 performance was

achieved in the context of a favourable economic environment, but it was also

supported by a Swiss banking industry that is in good health," said Guy de

Picciotto, UBP's CEO.

Solid fundamentals

At the end of 2017, the Group's balance sheet totalled CHF 32 billion, up CHF

1.2 billion compared with the 2016 year-end figure of CHF 30.8 billion. The

Tier 1 ratio was 27.4%, well above the minima required by Basel III and the

FINMA.

The Bank's prudent management of its balance sheet is also reflected in its

short-term liquidity ratio which, at 278.4%, is 2.8 times the minimum required

by Basel III.

UBP is one of the best-capitalised banks in its field and has the necessary

means to ably develop its wealth management business for both private and

institutional clients.

Please view the Financial Highlights here

(https://photos.prnasia.com/prnk/20180118/2035471-1).   

About Union Bancaire Privee (UBP)

UBP is one of Switzerland's leading private banks, and is among the

best-capitalised, with a Tier 1 ratio of 27.4% as at 31 December 2017. The Bank

is specialised in the field of wealth management for both private and

institutional clients. It is based in Geneva and employs 1,697 people in over

twenty locations worldwide; it held some CHF 125.3 billion in assets under

management as at 31 December 2017.

www.ubp.com

SOURCE  Union Bancaire Privee, UBP

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中