医療用AIの新興企業、インファーメディカが保険会社向けの新たなプラットフォームを発表

インファーメディカ

2018/1/23 10:23

医療用AIの新興企業、インファーメディカが保険会社向けの新たなプラットフォームを発表

AsiaNet 71943

ヴロツワフ(ポーランド)、2018年1月23日/PRニュースワイヤー/ --

ポーランドと米国に拠点を置くインファーメディカ(Infermedica)は、ヨーロッパの医療保険会社アリアンツ・パートナーズ(Allianz Partners)、ドヴェーラ(Dovera)、PZUのパイロットでの成功を経て、ホワイトラベルの症状チェッカーとトリアージのプラットフォームを発表しました。インファーメディカは、ケアの提供者と患者の双方でケアの質を大幅に改善する可能性のある人工知能(AI:Artificial Intelligence)技術を使用しています。

     (ロゴ:

https://mma.prnewswire.com/media/629423/Infermedica_Logo.jpg )

     (写真:

https://mma.prnewswire.com/media/629426/Infermedica.jpg )

動画 - https://www.youtube.com/watch?v=PD_S30qrn4w&t=7s

同アプリは、体調がすぐれないとき、次に何をすればよいかを患者に助言します。一連の問診の後インファーメディカのAIは、可能性のあるいくつかの疾患とそれに適した対処法を提案します。インファーメディカは、患者の症状のおおよそ26%は自己治療が可能であると推定しており、症状チェッカーは、セルフケアや遠隔相談を提供して無駄な通院を抑えることができます。300万人以上がすでにこのプラットフォームを使用しており、処理するリクエストが増えるにつれて基本エンジンが向上します。

インファーメディカCEOのピョートル・オジェホフスキーは、次のように語っています。「当社はB2Bの協力関係に焦点を絞っており、当社の使命は医療システムと保険会社に役立つ最高のAI技術を提供することです。インファーメディカはサービスとしてのAI(AI-as-a-Service)モデルで業務を行っており、2つの主力製品があります。カスタマイズ性に優れ、配備しやすい症状チェッカーのフレームワークと、当社の良きパートナーであるヘルスループ(Healthloop )やアリアンツ(Allianz)など今や1700以上の開発者が登録しているインファーメディカAPI(Infermedica API:http://developer.infermedica.com/ )です」

2012年設立の当社は、医師の専門知識と機械学習を組み合わせ、症状、兆候、危険因子、疾患の統計的知識ベースを開発しました。

先ごろはシンプトメイト(Symptomate:http://symptomate.com/)というショーケースアプリケーションを再設計しました。インファーメディカはマイクロソフト・コルタナ(Microsoft Cortana)エコシステムで初の症状チェッカー・アプリでもあります。同アプリはアマゾン・アレクサ(Amazon Alexa)の全機器(Echo、Dot、Tap、Spot、Show)およびアレクサと互換性のあるサード・パーティー機器(例:Lenovo Smart Assistant、Eufy Genie、Garmin Speak、Muse)でも使用可能です。

インファーメディカは英語、スペイン語、簡体字中国語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、ポルトガル語、スロバキア語、ポーランド語をサポートしています。当社は米国、ヨーロッパ、中東で新規提携を予定しており、現在は自社のAIエンジンを臨床判断支援とコールセンターのトリアージにまで使用拡大するよう取り組んでいます。

情報源:インファーメディカ

(日本語リリース:クライアント提供)

Medical AI Startup Infermedica Releases a New Platform for Insurers

PR71943

WROCLAW, Poland, January 23, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/--

Infermedica, a Polish and US-based company, has released its white-labeled

symptom checker and triage platform after successful pilots with European

healthcare insurance companies Allianz Partners, Dovera, and PZU. Infermedica

utilizes Artificial Intelligence technology which has the potential to

significantly improve quality of care, both on the provider and the patient

side.

     (Logo: https://mma.prnewswire.com/media/629423/Infermedica_Logo.jpg )

     (Photo: https://mma.prnewswire.com/media/629426/Infermedica.jpg )

     Video - https://www.youtube.com/watch?v=PD_S30qrn4w&t=7s

The application advises patients on what to do next when they feel unwell.

After asking a series of diagnostic questions, Infermedica's AI suggests

possible conditions and suitable actions to take. Infermedica estimates that

typically up to 26% of patient cases are self-treatable, and a symptom checker

can be used to prevent unnecessary visits by instead providing self-care or

teleconsultations. Over three million people have used its platform and the

underlying engine improves with time as more requests are processed.

"We focus solely on B2B partnerships and our mission is to provide the best AI

technology to serve health systems and insurers," says Piotr Orzechowski, CEO

of Infermedica. "Infermedica works in the AI-as-a-Service model and has two

main products: a highly customizable and easy to deploy symptom checker

framework and the Infermedica API which now has over 1,700 developers

subscribed, including our great partners such as Healthloop and Allianz."

[http://developer.infermedica.com/]

Started in 2012, the company combines doctor's expertise with machine learning

and has developed a statistical knowledge base of symptoms, signs, risk

factors, and diseases.

The company recently re-designed its showcase application called Symptomate

[http://symptomate.com/]. Infermedica also became the first symptom checker

application in the Microsoft Cortana ecosystem. The app is also available for

Amazon Alexa across all its devices (Echo, Dot, Tap, Spot, Show) and third

party party Alexa-compatible ones (e.g. Lenovo Smart Assistant, Eufy Genie,

Garmin Speak, Muse).

Infermedica supports several languages: English, Spanish, Simplified Chinese,

German, French, Russian, Portuguese, Slovak and Polish. The company plans to

establish new partnerships in the USA, Europe and Middle East and is currently

working on extending the application of its AI engine to clinical decision

support and call center triage.

SOURCE: Infermedica

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中