ゲーマーとeスポーツファン向け配信プラットフォームのプレイ2ライブが非公開投資取引で700万ドルを確保、毎日24時間でeスポーツ大会のライブ再放送を開始

プレイ2ライブ(Play2Live)

2018/1/25 10:26

ブロックチェーンに基づくゲーマーとeスポーツファン向け配信プラットフォームのプレイ2ライブが非公開投資取引で700万ドルを確保、毎日24時間でeスポーツ大会のライブ再放送を開始

AsiaNet 71997

イクリン(マルタ)、2018年1月23日/PRニュースワイヤー/ --

ビットシェアズ2.0(BitShares)ブロックチェーンに基づいて運営するeスポーツ配信プラットフォーム、プレイ2ライブ(P2L:Play2Live)が、非公開の先行販売において総額7百万米ドルを確保、先行販売は継続中です。同社は英語、韓国語、日本語、スペイン語、ロシア語、中国語の6か国語による毎日24時間のライブ再放送を開始し、展開を続けています。LUCトークンの公開先行販売は1月25日開始となります。

プレイ2ライブ創立者兼CEOのアレクセイ・ブルディコは、次のようにコメントしています。「既存バージョンのプラットフォームで試合を中継することにしました。主要な技術的アップデートの途中ですが、ドータ2ザ・インターナショナル(Dota2 The International)など幅広い人気のある大会の録画ストリーミングを観る機会に、ゲーマーやP2Lプロジェクトのサポーターは驚くことでしょう。当社は、プラットフォームの機能のより一層の拡大を決意しております。次回アップデートは、2月12日のトークン発売日に予定しています。まもなく当社のMVPでユーザーストリーミングを開始し、追加機能をいくつかご紹介できると思います」

     (ロゴ:
https://mma.prnewswire.com/media/632229/Play2Live_Logo.jpg )
     (写真:
https://mma.prnewswire.com/media/632228/Play2Live_streaming_platform.jpg )

ブロックチェーン業界にはゲームプロジェクトがあふれていますが、プレイ2ライブは収益分配モデルを基にしたストリーミングプラットフォームの独自の経済を作り出している点で他とは違っています。プロジェクトチームは、ストリーマーと視聴者がよりいっそう影響しあって、コンテンツを収益化する機会を提供できると確信しています。すなわちストリーマーにとって、既存のストリーミングプラットフォームでは4つか5つの収益化の方法しかないのに対し、ここでは11の方法があるのです。フォロワー層の規模に関係なく最初のストリーミングで収益を得て、即座に金を引き出すことができます。このプラットフォームは、ストリーマーがストリーミング中の双方向タスクシステム、ベッティングサービス、チャットのコミュニケーション強化ほか、魅力的なアクティビティーでフォロワー数を増やすことのできるような最高の方法を提供します。

Eスポーツのビデオストリーミングの世界では収益化の方法が全くないのに比べ、視聴者は5つの方法で自身のコンテンツを収益化できます。広告を観たり(プラットフォームのデフォルトでは広告なし)、ストリーマー設定のタスクを実行したり、コンテンツに投票したり、ピアツーピアCDNでインターネットの帯域幅を共有したりして、収入を得ることができます。視聴者はプレイ2ライブのサイトを離れることなく同元に賭けることも、プラットフォーム内の様々なアクティビティーで得たLUCトークンを使ってゲームを買うこともできます。つまり、プレイ2ライブにはストリーミング業界トップの3倍を超える15の収入源があるのです。

アレクセイ・ブルディコの次の訪問先はeスポーツ発祥の地、韓国であり、そこでプロジェクトの構想と展望についてスピーチします。出資者やeスポーツのオフ会でアレクセイはプラットフォームの詳細と、プレイ2ライブがストリーミング業界の落とし穴にどのように対処するかについて話します。オフ会は韓国ソウルで1月26日に開催されます。詳細は、https://onoffmix.com/event/125374 でご覧ください。

2017年創立のプレイ2ライブは、ブロックチェーンの技術とストリーミングサービスの融合を目指しています。当社の使命は、視聴者、ストリーマー、eスポーツの大会主催者などの全参加者が、視聴者と多様な収益化スキームの相互作用をもたらすシームレスなシステムの一部となるようなエコシステムを築き上げることです。基本的に、誰もがピアツーピアのインタラクションの一部となって、視聴者を含む誰もが収益を上げることができるのです。

プレイ2ライブでは、システム内で唯一の内部通貨としてレベルアップコイン(LUC:Level Up Coin)と呼ばれるトークンを使います。ゲートウェイ/APIで他の仮想通貨や法定不換紙幣に容易に交換できます。

LUCトークンの公開先行販売は1月25日から2月5日まで。トークンの販売イベントは2月12日から3月5日までです。詳細はhttp://www.play2live.io/ 、または仮想通貨関連のメディアソースでご覧ください。

プレイ2ライブに関する詳しい情報:

ウェブサイト: https://play2live.io

ストリーミングプラットフォームのMVP:https://p2l.tv/

ブックビルディング・プラットフォーム:https://my.play2live.io/

ホワイトペーパー:https://goo.gl/ocmSTn

ワンペイジャー(Onepager):https://goo.gl/8yMY4t

テレグラム: https://t.me/play2live

ツイッター: https://twitter.com/play_2_live

フェースブック: https://www.facebook.com/play2live.io/

ビットコイントークANN(Bitcointalk ANN):
https://bitcointalk.org/index.php?topic=2450026

カカオ・グループ(Kakao group):https://open.kakao.com/o/gmdTRJF

Alexey Galizdra、ソーシャルメディア及びカスタマー・マネジメント責任者、
+79162570345、alexey.galizdra@p2l.tv


ソース:プレイ2ライブ(Play2Live)


(日本語リリース:クライアント提供)


Play2Live, a Blockchain-based Streaming Platform for Gamers and eSports Fans, Secures $7M in Private Investment Deals and Launches 24/7 Live Rebroadcasts of eSports Events

PR71997

IKLIN, Malta, January 23, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Play2Live (P2L), an eSports streaming platform operating on the basis of
BitShares 2.0 blockchain, has secured a total of 7M USD during a private
pre-sale, which is still underway. The company continues expansion with the
launch of 24/7 live rebroadcasts on six languages, including: English, Korean,
Japanese, Spanish, Russian and Chinese. The public pre-sale for the LUC token
starts on January, 25th

    "We have decided to launch the rebroadcasts of the tournaments on the
existing version of the platform. While major tech update is en route, we
thought that gamers and P2L project supporters would marvel at the opportunity
to watch the recorded streams of the widely-enjoyed event such as Dota2 The
International. We are determined to further augment the functionality of the
platform. The forthcoming update is scheduled on the start of the token sale
event on February 12th. In the nearest future, we expect to launch user
streaming on our MVP and introduce several additional features," comments
Alexey Burdyko, CEO and Founder at Play2Live.

(Logo: https://mma.prnewswire.com/media/632229/Play2Live_Logo.jpg )

(Photo:
https://mma.prnewswire.com/media/632228/Play2Live_streaming_platform.jpg )

    While the blockchain industry is flocked with gaming projects, Play2Live
claims to be different creating a unique economy of the streaming platform
based on the revenue sharing model. The project team is positive about offering
streamers and viewers an opportunity to better interact and monetize their
content. Altogether, the streamers will be able to monetize their content in 11
ways versus 4-5 available for them on the existing streaming platforms. They
can earn money from a very first stream regardless of the size of the followers
base and withdraw money instantly. The platform offers top-notch mechanisms for
the streamers to boost their followers count via such mechanisms as a system of
interactive tasks during a stream, betting service, enhanced communication in
the chat, and other engaging activities!

    Whereas viewers can monetize their content in 5 ways - compared to zero
elsewhere in the eSports video streaming industry. They can earn income through
watching adverts (by default, the platform is ads-free), performing tasks set
by streamers, voting for content, and sharing their internet bandwidth via
peer-to-peer CDN. Viewers can place bets with bookmakers without leaving the
P2L site and can purchase games using LUC tokens received through various
activities within the platform. Ultimately, P2L has 15 sources of revenue,
which is three times more compared to the streaming industry leaders.

    As the next stop, Alexey Burdyko will visit Korea, where eSports culture
was born, and hold a speech about vision and prospects of the project. During
the meet-up with investors and eSports community, Alexey will talk in detail
about the platform, and, essentially, how P2L will address the pitfalls of the
streaming industry. The meet-up will take place on January 26th in Seoul, the
Republic of Korea. For more details, please visit the event page
[https://onoffmix.com/event/125374 ].

    Founded in 2017, Play2Live is aimed to merge a blockchain technology and
streaming services. Its mission is to create an ecosystem where every
participant, including the viewer, the streamer and the eSports tournament
organizer is a part of a seamless system that favors interaction between the
viewers and the diversity of monetization schemes. Essentially, everybody can
be a part of peer-to-peer interaction and everybody - even the viewer - is able
to earn money.

    Play2Live uses a token called Level Up Coin (LUC) which acts as the sole
internal currency within the system. It can be converted easily to other
cryptocurrencies or to fiat money through a gateway/API.

    The public pre-sale for the LUC token starts on January, 25th, and goes
until February,  5th. The token sale event begins on February, 12th and ends on
March, 5th. For more information visit the site [http://www.play2live.io ] or
follow us on various cryptocurrency-oriented media sources.

    More about Play2Live:

    Website: https://play2live.io

    MVP of the streaming platform: https://p2l.tv

    Bookbuilding platform: https://my.play2live.io

    Whitepaper: https://goo.gl/ocmSTn

    Onepager: https://goo.gl/8yMY4t

    Telegram: https://t.me/play2live

    Twitter: https://twitter.com/play_2_live

    Facebook: https://www.facebook.com/play2live.io

    Bitcointalk ANN: https://bitcointalk.org/index.php?topic=2450026

    Kakao group: https://open.kakao.com/o/gmdTRJF

    Alexey Galizdra, Head of Social Media and Customer Management,
+79162570345, alexey.galizdra@p2l.tv



SOURCE: Play2Live


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中