iPointはライフサイクルアセスメントおよび物流原価計算で業界リーダーの地位を確立

iPoint-systems gmbh

2018/1/26 15:03

iPointはライフサイクルアセスメントおよび物流原価計算で業界リーダーの地位を確立

AsiaNet 72038 (0179)

【ロイトリンゲン(ドイツ)2018年1月25日PR Newswire=共同通信JBN】

ロイトリンゲンに本社を置くソフトウエアハウスがLCAおよびMFCAソリューションによってサーキュラーエコノミー(Circular Economy)ポートフォリオを拡大

iPoint-systemsは成長し続けている。2017年12月からifu Institute for Environmental IT HamburgがiPoint Groupの完全子会社になった。ドイツのロイトリンゲンに本社を置くこのソフトウエアおよびコンサルティング企業は、ライフサイクルアセスメントおよび物流原価計算の分野におけるソリューション・ポートフォリオをさらに拡大している。

Institute for Environmental ITは1992年から、企業が競争力を増強するために持続可能な生産の道をたどることを支援してきた。ハンブルクを本拠とするこの企業はライフサイクルアセスメント(LCA)、物流管理・物流原価計算(MFCA)、資源・エネルギー効率、カーボンおよびエコロジカル・フットプリント、並びに持続可能な製品およびバリュークリエーションチェーンの分野でソフトウエアとサービスを提供する。

iPoint-systems gmbhのイエルク・ワルデン創設者兼最高経営責任者(CEO)は「ifu Institute for Environmental IT Hamburgの名高いソリューションを当社に統合できることを極めてうれしく思う。今回、iPointソリューション・ポートフォリオを拡大することは、サーキュラーエコノミー向けの統合デジタル・プラットフォームを構築するという当社の構想を実現する上で重要な一歩となる。ifu Institute for Environmental IT Hamburgは、産業間共通の専門的技術と貴重な顧客・研究ネットワークもiPoint Groupに提供する」と語った。

ifuのマネージングディレクターであるヤン・ヘデマン氏は「両社は一緒に、40年にわたり市場をリードしてきたソリューションの成功の歴史を振り返りたい。今後、われわれは多くの試練に耐え抜いた協力関係の枠組みの中で、われわれの顧客のためにソリューションを共同開発していきたい」と語った。

iPointとifuは2013年から研究プロジェクトの「MultiMak」で協力してきた。このプロジェクトは、環境保護のために最適化されたマルチマテリアル軽量骨組み自動車部品を大量生産するための設計および評価ツールの開発を目指している。2017年にスタートした「Live LCA」プロジェクトは、業界および研究分野のパートナーと連携するものである。その目的は、企業がLCAおよびMFCAのリアルタイム計算のために利用可能な材料およびエネルギー消費データを組み合わせることを可能にし、環境製品宣言(EPD)とLCAのコストを90%削減することである。

▽iPointについて

iPoint-systemは、製品の環境的および社会的コンプライアンスのためのソフトウエアおよびコンサルティングで世界をリードするプロバイダーである。世界の5万社以上の企業がバリュークリエーションネットワーク全体のデータを管理、追跡、分析、報告するためにiPointに依存している。iPointのソフトウエアおよびコンサルティング・サービスはREACH、RoHS、WEEE、ELV、EHS、紛争鉱物・現代奴隷関連法、並びに製品、サプライチェーン、企業責任を取り巻くその他の進展および課題などの法規や要件に対応し、その一歩先を行くためのサポートを提供する。iPointの総合的かつサーキュラーな考え方は、法律の順守だけでなく、製品、バリューチェーン、ブランドの持続可能性をサポートする継続的なデジタルシステム・ライフサイクル管理プロセスを提唱している。詳細はウェブサイトhttp://www.ipoint-systems.com およびhttp://www.ifu.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先

Dr. Katie Boehme

iPoint-systems gmbh

Head of Corporate Communications & PR

+49(0)7121-1-44-89-60

katie.boehme(at)ipoint-systems.com

ソース:iPoint-systems gmbh

iPoint Takes Over Industry Leader in Life Cycle Assessment and Material Flow Cost Accounting

PR72038

REUTLINGEN, Germany, Jan 25, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Reutlingen-based Software House Extends Circular Economy Portfolio with LCA and

MFCA Solutions  

iPoint-systems continues its growth course. Since December 2017, ifu Institute

for Environmental IT Hamburg is a wholly-owned subsidiary of the iPoint Group.

The software and consulting company headquartered in Reutlingen, Germany, is

thus further expanding its solution portfolio in the area of life cycle

assessment and material flow cost accounting.

The Institute for Environmental IT has been assisting companies on the path to

sustainable production since 1992 in order to increase their competitiveness.

The Hamburg-based company offers software and services in the areas of life

cycle assessment (LCA), material flow management and material flow cost

accounting (MFCA), resource and energy efficiency, carbon and ecological

footprint as well as sustainable products and value creation chains.

"We are very happy to be able to bring the renowned solutions of the ifu

Institute for Environmental IT Hamburg under our roof," says Jörg Walden,

founder and CEO of iPoint-systems gmbh. "This expansion of the iPoint solution

portfolio is an important step in realizing our vision to build an integrated

digital platform for the Circular Economy. The ifu Institute for Environmental

IT Hamburg also brings cross-industry expertise and a valuable customer and

research network to the iPoint Group."

ifu Managing Director Jan Hedemann emphasizes: "Together, we look back on a

40-year history of success with market-leading solutions. In the future, we

want to further develop them together for our customers, also within the

framework of tried and tested research cooperations."

iPoint and ifu have been cooperating since 2013 in the research project

"MultiMaK," which aims at the development of design and assessment tools for

ecologically optimized multi-material lightweight construction automotive

components for mass production. The "Live LCA" project, which started in 2017,

is also a cooperation with other partners from industry and research. The aim

is to develop a software solution that enables companies to combine available

material and energy consumption data for the live calculation of LCA and MFCA,

thereby reducing the costs of EPDs (Environmental Product Declarations) and

LCAs by 90 percent.

About iPoint

iPoint-systems is a leading provider of software and consulting for

environmental and social product compliance, and sustainability. More than

50,000 companies around the globe rely on iPoint for managing, tracking,

analyzing, and reporting data across the whole value creation network. iPoint's

software and consulting services support you in meeting and staying one step

ahead of regulations and requirements such as REACH, RoHS, WEEE, ELV, EHS,

Conflict Minerals and Modern Slavery-related laws, as well as other trending

developments and challenges governing product, supply chain, and enterprise

stewardship. iPoint's holistic, circular perspective envisages a continuous,

digital system lifecycle management process that supports not only compliance

with the law, but also the sustainability of products, value chains, and

brands. Further information: http://www.ipoint-systems.com and

http://www.ifu.com

Press contact

Dr. Katie Boehme, iPoint-systems gmbh, Head of Corporate Communications & PR

+49(0)7121-1-44-89-60, katie.boehme(at)ipoint-systems.com

Source: iPoint-systems gmbh

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中