FileWaveがVersion 12.7をリリースし、FileWave Foundryを発表

FileWave

2018/2/14 10:13

FileWaveがVersion 12.7をリリースし、FileWave Foundryを発表

AsiaNet 72295 (0304)

【ウィル(スイス)2018年2月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*FileWaveがオンラインのトレーニング・認証ポータルを開始し、強力な新機能で業界最高レベルのエンドポイント管理ソリューションを強化

マルチプラットフォーム・エンドポイント管理のリーダー、FileWaveが主力製品のVersion 12.7をリリースし、管理ソリューションの強力な機能を追加する。

このリリースによって、macOS、Windows、iOS、Chrome OS、Android全般に、エンドポイント管理能力を強化するため考案された多数の新機能と改善をもたらす。FileWaveの管理者は、セキュリティーと速度の向上だけでなく、より大きなカスタマイズオプション、レポート機能の改善、能率的なプロセスが期待できる。

さらに、FileWaveの管理者は、技術的なトレーニングに対して使い勝手が良く、自分のペースに合ったアクセスが提供されることから、新しいオンラインのトレーニング・認証プラットフォームFileWave Foundryから恩恵を受けるだろう。

▽FILEWAVE 12.7の機能
Version 12.7の新しいCustom Fieldは、すでにあるソリューションの豊富なIT資産在庫とリポーティングを改善する。IT監理者は今や発見できないデータをインクルードできるだけでなく、スクリプト記述で新たなデータ点を派生させたり、作り出したりできる。

Global Marketing and Product Strategy担当のティム・ウィリアムズ副社長は「FileWaveのマルチプラットフォームのような深さと広がりを持った製品はない。顧客の創造力を解き放つことこそが改善の最高の方法だ」と強調した。

さらに、FileWaveのユーザー向けのすべてのコンポーネントは今や「ホワイトボックス化して(内部構造がすべて明らかになって)」おり、組織は自分たちのロゴや名前を利用でき、こうしたアイテムが安全でITによる承認というだけでなく、ITが自分たちの必要な物を得る最速の道であるという気持ちを強固にする。

「われわれは、エンドユーザーがITを『簡単なボタン』として見てくれるようになるのを本当に望んでいる」とウィリアムズ氏はつけ加えた。

▽FILEWAVE FOUNDRY
FileWave Foundryは、オンラインのトレーニング・認証プラットフォームで、実例とともに講演、スライド、映像録音のような研修資料を定期的にアップデートする。FileWave Foundryの利用者はプラットフォームを通してFileWave認定管理者(FCA)を目指すこともできる。

FileWaveトレーニングプログラムの今回の新たな追加によって、どの場所からも、どのデバイスからもいつでも資料にアクセスでき、利用者は自分のペースで学ぶことができる。101レベルのFileWave Foundryの全資料は、現在の顧客はより高いレベルのコンテンツを入手できるアップグレード版購読で補完される。

FileWaveのグローバル・トレーニング・認定マネージャーのトニー・ケラー氏は「われわれは多くのIT管理者がトレーニング参加だけでなく、休暇も取れないことを知っている故にFoundryを作り上げた。全員に共通する今日のITのモットーは『少ない時間で多くのことを行う』だ。Foundryはトレーニングを再び可能にするように考案されている」と述べた。

FileWave 12.7やFileWaveについてさらに知りたい、あるいは無料で試したい方はwww.filewave.comを閲覧。

▽FileWaveについて
1992年創設のFileWaveは世界中の企業、教育、政府機関に、ITライフサイクル全体にわたるマルチプラットフォーム・エンドポイント管理ソフトウエアを提供する。FileWaveは単一プラットフォームソリューションでの「回転椅子(での煩雑な作業)」から解放し、直感的な使い勝手で複雑な作業を簡素化し、さらにスマートな自動化によって、負担が大きいIT部局の生産性を高める。この包括的なソリューションはmacOS、Windows、iOS、Chrome OS、Androidで動作するデスクトップ機器とモバイル機器の両方をサポートする。

FileWaveはスイスのウィルを本拠地とし、インディアナ州インディアナポリスに米国本社を持つ。

▽問い合わせ先
Jason Noel
FileWave
+1(888) 345-3928
pr@filewave.com

ソース:FileWave


Multi-platform Endpoint Management Leader, FileWave, Releases Version 12.7 and Announces FileWave Foundry

PR72295

WIL, Switzerland, Feb. 14, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- FileWave launches online training and certification portal, and enhances
industry-leading endpoint management solution with powerful new features

Multi-platform endpoint management leader, FileWave, releases version 12.7 of
its flagship product, adding to the robust features of the solution.

This release brings numerous new features and improvements designed to enhance
endpoint management capabilities across macOS, Windows, iOS, Chrome OS, and
Android. FileWave administrators can expect greater customization options,
improved reporting capabilities, streamlined processes, as well as security and
speed improvements.

Additionally, FileWave administrators will benefit from the new FileWave
Foundry, an online training and certification platform, providing convenient,
self-paced access to technical training.

FILEWAVE 12.7 FEATURES
Custom Fields, new in Version 12.7, improve the solution's already extensive IT
asset inventory and reporting. IT administrators can now include
non-discoverable data, and even derive or create new data points via scripting.

"There is no other product with the multi-platform depth and reach of
FileWave," said Tim Williams, VP of Global Marketing and Product Strategy.
"What better way to improve it than to unleash the creativity of our customers?"

Additionally, all user-facing components of FileWave are now "white-boxed,"
allowing organizations to apply their own logos and names, reinforcing to users
that not only are these items safe and approved by IT, but that IT is the
quickest route to get what they need.

"We really want end users to begin to see IT as the 'easy button,'" added
Williams.

FILEWAVE FOUNDRY
The FileWave Foundry is an online training and certification platform that
includes regularly updated training materials, such as lectures, slides, and
screen recordings, along with practical examples. FileWave Foundry users can
also work toward becoming a FileWave Certified Administrator (FCA) via the
platform.

This new addition to the FileWave training program provides 24/7 access to
materials from any location, and any device, allowing users to learn at their
own pace. All 101 Level FileWave Foundry materials are complementary for
current customers, with upgraded subscriptions available for higher level
content.

Tony Keller, FileWave's Global Training and Certification Manager, explained,
"We built the Foundry because we know how many IT administrators out there
can't even take vacation, let alone attend training. It seems today's universal
IT motto is 'do more with less.' The Foundry was designed to make training
possible again."

To learn more about FileWave 12.7 or the FileWave Foundry, or to download a
free trial, visit www.filewave.com.

ABOUT FILEWAVE
Founded in 1992, FileWave provides enterprise, education, and government
institutions around the world with multi-platform endpoint management software
for the entire IT lifecycle. FileWave increases the productivity of
overburdened IT departments by eliminating the "swivel chair" among single
platform solutions, simplifying complex processes through an intuitive
interface, and smart automation. This comprehensive solution supports both
desktop and mobile devices across macOS, Windows, iOS, Chrome OS, and Android.

FileWave, based in Wil, Switzerland, with U.S. headquarters in Indianapolis,
Indiana.

Contact Information
Jason Noel
FileWave
+1(888) 345-3928
pr@filewave.com

SOURCE: FileWave


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中