貴陽が古い共同体の改造へ建設的方法を打ち出す

The Publicity Department of the CPC Guiyang Committee

2018/2/26 17:59

貴陽が古い共同体の改造へ建設的方法を打ち出す

AsiaNet 72429 (0361)

【貴陽(中国)2018年2月24日新華社=共同通信JBN】中国南西部の貴州省省都のホワシー区シベイの住人であるバイ・チャンギュン氏は、中国の春節に先立って1万6500元が入った大きな「赤い封筒」(紅包)を受け取った。これは同氏の地域への投資に対する配当である。

バイ氏は「私は10年前から株主で、配当は1株500元から3300元に上がった。何て素晴らしい投資だ」と語った。

バイ氏の集落の土地は10年前、貴州大学の拡張やスラム街の改修などのプロジェクトのため、政府に収用された。住民の懸念に対応するため、地元政府は彼らの共同財産を1355人の住人に割り当てる株に変えた。株数は、住人が受け取る利益を保証するため、決して変わらない。

この集落の改良方式は2017年に貴陽全体に導入され、共同財産を株に、現金を投資資本に、住民を株主に変えた。スラム街の改修に関係する住民には、配当を得る可能性のある新事業体の株を持つ選択肢が与えられた。

これらの住民は株から正当な収入を得ることができる。政府は移転住民に対し、家と土地の資産評価後に、その一部か全部を投資するよう奨励している。金銭補償を選ぶ者は、企業体に投資できる。移転住民は財産、カネまたは知的財産権を提供することで、株主になることができた。彼らは一定の規則に従って出資分を引き出せる。

プロセスは地元住民自らの経済協力組織が処理し、地元リソース、資産、資本をまとめ、さまざまな手段で社会資本、事業体、住民の間の利害関係を調整、促進していく。

貴陽は2018年から2020年まで、15万5400世帯が関係する2231万平方メートルのスラム街の改修を計画しており、この改革は大きな利益をもたらすとみられる。

ソース:The Publicity Department of the CPC Guiyang Committee

Guiyang Finds Constructive Ways to Transform Old Communities

PR72429

GUIYANG,China, Feb. 24, 2018 /Xinhua=KYODO JBN/--

Bai Changyun, a resident of Xibei community in Huaxi District in the capital

city of southwestern China's Guizhou Province, received a big "red envelope" of

16,500 yuan ahead of the Chinese New Year. This is the dividend for his stakes

in the community.

"I have been a shareholder for ten years and the dividend rose from 500 to

3,300 yuan per stake. What an investment!" Bai said.

Bai's village's land was collected by the government ten years ago to give room

for projects such as expansion of Guizhou University and rebuilding shanty

areas. To address villagers' concerns, the grassroots government decided to

turn their collective assets into equities which are shared by 1,355 villagers.

The number of shares will never change to ensure villagers' due interests.

An upgraded version of the village's practice was introduced across Guiyang in

2017, which turn collective assets into equities, cash into investment capital

and residents into shareholders. For residents related with rebuilding shanty

areas, they could choose to have a stake in new business entities to enjoy

possible dividends.

These residents can enjoy legitimate income from their shares. The government

encourages relocated residents to invest part or all of their houses and land

after assets appraisal. For those who prefer monetary compensation, they can

invest in business entities. Relocated residents could become shareholders by

offering their assets, money or intellectual property rights. Meanwhile, they

can withdraw their shares according to specific rules.

The process is handled by a self-initiated local residents economic cooperation

organization, which will collect local resources, assets and capital to promote

stakeholdership among social capital, business entities and residents by

different approaches.

The reform is expected to generate considerable benefit as Guiyang plans to

rebuild 22.31 million square meters of shanty areas from 2018 to 2020,

involving 155,400 households.

SOURCE: The Publicity Department of the CPC Guiyang Committee

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中