中国大手ソーラー企業LONGi Solarが単結晶PERCセルの最高変換効率23.6%達成、同社の世界記録更新された

LONGi Solar

2018/2/28 12:12

中国大手ソーラー企業LONGi Solarが単結晶PERCセルの最高変換効率23.6%達成、同社の世界記録更新された

AsiaNet 72435

【東京2018年2月28日PR Newswire】中国大手ソーラー.メーカーLONGi Solar Technology Co., Ltd.(「LONGi Solar」)は2018年2月28日に、東京PV Expo展示会時に記者会見を開き、同社が単結晶のPERC(passivated emitter rear contact)セル変換効率の世界新記録の23.6%を達成したことを発表した。中国の認証試験機関であるNational Center of Supervision and Inspection on Solar Photovoltaic Products Quality(CPVT)により、認証されたことと発表した。同社は何回も世界記録を書き換えたの一方で、グローバル中で今は最高の単結晶セル変換効率を達成したPVモジュール.メーカーである。

Photo- https://photos.prnasia.com/prnh/20180227/2064082-1

キャプション:LONGi Solarの単結晶PERCセル変換効率が記録的な23.26%を達成したことを示すCPVT報告書

過去2年間、単結晶PERC技術は優れた発電性能及びコストのパフォーマンスにより、ますますに業界に注目さて、評価されている。業界には太陽光発電コストダウンの声が高まり、またグリッドパリティーの実現を求めるために、PVメーカーさんからも圧力を受け、より高効率の製品開発に取り組んでいる。その結果、単結晶PERCセルの生産を開始するメーカーが増やしてくる。

LONGi Solarの研究開発担当副社長である李華博士は「LONGi Solarの単結晶技術は飛躍的な進化に取り組みの一環としては単結晶にフォーカスしてる。2017年10月以来、LONGi Solarは単結晶セルの変換効率を3回に世界記録更新した。同社、2017年10月27日に変換効率23.26%の世界記録を達成したことを発表した間もなく、2018年年明けに新しい23.6%の世界新記録を達成し、業界の専門家が話したPERCセルの達成できる最高変換効率を上回った。

同社の李文学社長は「LONGi Solarの計画により、単結晶PERCセルへの投資はこれから増やしてゆき、高効率セルへの需要に応じるために生産能力を迅速に拡大すべき、変換効率22%を超えるセルの量産が実現することにより、お客様により多くの価値をもたらすことができる」と述べた。


ソース:LONGi Solar


(日本語リリース:クライアント提供)



At 23.6%, Chinese solar manufacturer LONGi Solar breaks its own world record for the highest efficiency of monocrystalline PERC solar cells

PR72435

TOKYO, Feb. 28, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Chinese solar manufacturer LONGi Solar Technology Co., Ltd. ("LONGi Solar")
held a press conference in Japan on February 28, 2018, at which the company
announced that it had achieved a record 23.6% conversion efficiency with its
monocrystalline passivated emitter rear contact (PERC) solar cells, as
certified by China's National Center of Supervision and Inspection on Solar
Photovoltaic Product Quality (CPVT). The solar cell manufacturer not only broke
its own record, but continues to be the world's leading producer of
monocrystalline PERC solar cells with the highest efficiency.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180227/2064082-1
Caption: A CPVT report shows that the conversion efficiency of LONGI Solar's
monocrystalline PERC solar cells achieved a record 23.26%


Over the past two years, monocrystalline PERC technology, with its distinct
advantages in terms of performance and cost, has been increasingly favored and
recognized across the solar cell industry, a sector that has higher
requirements for efficiency as a result of the push among solar power producers
to reduce the cost per kilowatt hour of solar power and achieve grid parity. As
a result, an increasing number of solar cell manufacturers have begun to
produce monocrystalline PERC cells.

"LONGi Solar has been focusing on the R&D of monocrystalline solar cells and
modules as part of its drive to make breakthroughs in monocrystalline
technology. Since October 2017, LONGi Solar has broken the world record three
times in terms of conversion efficiency of monocrystalline solar cells," said
Dr. Li Hua, vice president of research and development at LONGi Solar. " The
company achieved a new world record of 23.6% in efficiency at the beginning of
2018, after having announced on October 27, 2017 that it had reached a world
record of 23.26%, exceeding the highest efficiency that industry analysts
believe PERC cells can achieve. This achievement is another testament to LONGi
Solar's leading technology in monocrystalline cells."

"LONGi Solar's plans are to continue to invest heavily in monocrystalline PERC
cells, to quickly expand production to meet the increasing demand for
high-efficiency cells and to achieve the mass production of cells with a
conversion efficiency exceeding 22 per cent, delivering more value to its
customers," stated LONGi Solar president Li Wenxue.

SOURCE: LONGi Solar


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中