SpaceChainがイーサリアム企業連合に加盟

SpaceChain

2018/2/28 17:05

SpaceChainがイーサリアム企業連合に加盟

AsiaNet 72487 (0384)

【シンガポール2018年2月28日PR Newswire=共同通信JBN】SpaceChain(spacechain.com )は28日、加入企業250社余りを擁する世界最大のオープンソース・ブロックチェーン・イニシアチブであるEnterprise Ethereum Alliance(イーサリアム企業連合、EEA)(https://entethalliance.org/ )に加盟したと発表した。SpaceChainはEEA会員とコネクトし、企業のイーサリアム採用をサポートするためEEAに加盟した。

SpaceChainの共同創業者ジー・ジョン氏は「Enterprise Ethereum Alliance加入を大変喜んでいる。SpaceChainはオープンソースの基本ソフトを構築しており、デベロッパーはそれによってスマートコントラクト、当社のジェフ・ガルジック最高技術責任者(CTO)が設計したブロックチェーン・サンドボックスを適用、アプリケーションの作成が可能になる。EEAの全会員とつながって、協力の機会について話し合うことを楽しみにしている」と語った。

SpaceChainは世界初のオープンソース衛星ネットワークを積極的に構築し、ブロックチェーン産業向けの次世代インフラストラクチャーをもたらす。この地球外の分散型衛星ネットワークはデータ送信、ストレージ、アプリケーション開発の代替手段になる。

SpaceChainのオープンソース基本ソフトSpaceChainOSは、急速開発、実験、分散型アプリケーション展開に利用できる「ブロックチェーン・サンドボックス」をデベロッパーに提供する。

SpaceChainはEthernet Enterprise Allianceエグゼクティブディレクターのロン・レスニック氏と面会し、協力の詳細について協議することにしている。

▽The Enterprise Ethereum Allianceについて
EEAは業界に支援された非営利機関で、イーサリアムを基盤とする技術の成功事例、オープン基準、オープンソース・リファレンス・アーキテクチャーを幅広くサポートしている。EEAはイーサリアムをエンタープライズ級技術に進化させ、プライバシー、機密性、スケーラビリティー、セキュリティーを含む広範な分野にわたる研究と開発を提供する。EEAは、認可されたものと公共双方のイーサリアム・ネットワーク、さらに業界固有のアプリケーションレイヤー作業グループに及ぶハイブリッド・アーキテクチャーの調査も行っている。

EEAは共同でオープンな業界基準を開発し、会員ベースの協力を促進する。また、参加を望むイーサリアム・コミュニティーのどのメンバーにもオープンである。このオープンソース枠組みは、個々の企業サイロではできない深く幅広い大規模採用を可能にして、公共イーサリアムの認可不要ネットワークにおける将来のスケーラビリティー、プライバシー、機密性に向けた知見を提供する。

EEA加入に関する詳しい情報は以下参照。
membership@entethalliance.org

ソース:SpaceChain


SpaceChain Joins The Enterprise Ethereum Alliance

PR72487

SINGAPORE, Feb. 28, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/--

SpaceChain (spacechain.com) announced today that it has joined the Enterprise
Ethereum Alliance (EEA)(https://entethalliance.org/), the world's largest
open-source blockchain initiative with over 250 member companies. SpaceChain
joined EEA to connect with the EEA members and support the adoption of Ethereum
in the enterprise.

SpaceChain co-founder Zee Zheng said: "We are very excited to become a member
of Enterprise Ethereum Alliance. SpaceChain is building an open-source
operation system that will enable developers to make applications by applying
smart contract and blockchain sandbox designed by our CTO Jeff Garzik. We look
forward to connecting with all the EEA members and discussing opportunities for
collaboration."

SpaceChain is actively building the world's first open-source satellite network
to enable a next-generation infrastructure for blockchain industry. This
non-terrestrial, decentralized satellite network will become an alternative for
data transmission, storage and application development.

The SpaceChain open-source operating system, SpaceChainOS, provides a
"blockchain sandbox" that any developer can utilize for rapid development,
testing, and deployment of decentralized applications.

SpaceChain will be meeting with Ron Resnick, Executive Director of Ethernet
Enterprise Alliance, to discuss the details of their cooperation.

About The Enterprise Ethereum Alliance

The EEA is an industry-supported, not-for-profit established to build, promote,
and broadly support Ethereum-based technology best practices, open standards
and open-source reference architectures. The EEA is helping to evolve Ethereum
into an enterprise-grade technology, providing research and development in a
range of areas including privacy, confidentiality, scalability and security.
The EEA is also investigating hybrid architectures that span both permissioned
and public Ethereum networks as well as industry-specific application layer
working groups.

EEA will collectively develop open industry standards and facilitate
collaboration with its member base. It is also open to any members of the
Ethereum community who wish to participate. This open-source framework will
enable the mass adoption at a depth and breadth otherwise unachievable in
individual corporate silos and provide insight to the future of scalability,
privacy and confidentiality of the public Ethereum permissionless network.

For additional information about joining EEA, please reach out to
membership@entethalliance.org.

SOURCE  SpaceChain


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中