CODE BLUE 発起人の篠田佳奈が「サイバーセキュリティ に関する総務大臣奨励賞」を受賞

コードブルー

2018/3/1 15:30

CODE BLUE 実行委員会(実行委員長:佐々木良一、運営:株式会社BLUE)は、CODE BLUEの取り組みを評価され、発起人である篠田佳奈が2018年の「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」を受賞するとともに、本日発行の総務省広報誌に野田大臣との対談が掲載されたことをお知らせいたします。

2018年3月1日

CODE BLUE 事務局

CODE BLUE 発起人の篠田佳奈が「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」受賞
〜総務省広報誌3月号に野田大臣との対談掲載〜

CODE BLUE 実行委員会(実行委員長:佐々木良一、運営:株式会社BLUE)は、CODE BLUEの取り組みを評価され、発起人である篠田佳奈が2018年の「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」を受賞するとともに、本日発行の総務省広報誌に野田大臣との対談が掲載されたことをお知らせいたします。

サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞とは、サイバーセキュリティ対応の最前線において優れた功績をあげている個人・団体を表彰するものであり、篠田佳奈は『広い人脈を活用して、海外の先鋭的な実務者と国内のエンジニアの交流を図る国際会議「CODE BLUE」を立ち上げ、我が国にて、海外各国の実務者の最新の考え方や知識を入手できる場を構築している』点を評価されました。

2018年サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞の詳細:
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu03_02000143.html

また、本日発行の総務省広報誌2018年3月号における「サイバーセキュリティ特集」の中で野田大臣と篠田佳奈の対談が掲載されました。

総務省広報誌2018年3月号:
http://www.soumu.go.jp/main_content/000535786.pdf


【情報セキュリティ国際会議CODE BLUEについて】
世界トップクラスのサイバーセキュリティ専門家が集結し、最新のサイバーセキュリティ情報の交換と国際的交流を促進する国際会議。非英語圏から世界に通用する人材発掘を促し、優秀な研究成果を国際社会に発信する事を目指します。同時に、共同研究・事業提携の促進、リクルーティングの機会提供、グローバルな視点を持った人材育成を狙いとしています。特に若い世代での国際経験は次世代への人材育成への貢献にもつながると確信しており、優秀な発表への給付型奨学金、学生スタッフの聴講の機会、同時通訳がつく国際会議での講演や海外の技術者との切磋琢磨する場などを提供しています。
尚、本年のCODE BLUEは11月に開催予定です。

CODE BLUE 公式サイト: https://www.codeblue.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

プレスリリース添付画像

表彰式:左から篠田佳奈、外谷 渉氏、野田大臣、小林大臣政務官、鴨志田 昭輝氏

表彰状の授与

表彰後の野田大臣との懇談

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 CODE BLUE事務局
  • 所在地 東京都
  • 業種 情報サービス・コンテンツ
  • URL http://www.codeblue.jp/

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース