世界知的所有権機構:国際登録の出願数が過去最多 中国が牽引: 商標と意匠に対する保護要求が増加

世界知的所有権機構 (WIPO)

2018/3/22 10:19

世界知的所有権機構:国際登録の出願数が過去最多 中国が牽引: 商標と意匠に対する保護要求が増加

AsiaNet 72764

【ジュネーブ2018年3月21日PR Newswire】
2017年にWIPOを通じてなされた国際特許登録の出願数は、長年首位を維持している米国に迫る勢いで中国が第2位につけ、特許、商標、意匠でWIPOの知的財産サービスの利用件数がまた過去最多を記録しました。

2017年の国際特許登録の出願数では、中国の技術関連会社2社、華為技術(Huawei)(出願数第1位)及び中興通訊(ZTE)(同第2位)が上位を占め、次いで、Intel、三菱電機、Qualcommと続きました。世界全体では、前年比4.5%増の24万3,500件の国際特許登録の出願がWIPOを通じてなされました。

日本は2017年に堅調な伸びを示したにもかかわらず、中国に2位の座を奪われました。技術革新を世界中に広げる一助となるために40年前に運用開始された制度、WIPOの特許協力条約(PCT)による出願数最多国の座は、3年以内に中国が米国を抜くと予測されています。  

WIPOのフランシス・ガリ事務局長は「国際的な特許制度を利用する中国人が急増したことは、中国経済が急成長を続ける中、新しい市場に自分のアイデアを広めようとする中国人イノベーターの国外への関心が高まっていることを示しています。現在、国際特許登録の出願の半数が東アジアから提出されており、これは、イノベーションの地理分布に大きなシフトが起きている流れの一環です。」と述べました。

WIPOの国際商標登録の出願(マドリッド制度)は、フランスのL’Oréal(出願数198件)、ハンガリーのRichter Gedeon Nyrt.(同117件)、ドイツのADP Gauselmann GMBH(同104件)など出願件数上位企業に牽引される形で、5%増の5万6,200件を記録しました。

WIPOの国際意匠登録を取り扱うハーグ制度への国際出願に含まれた意匠数は、前年比3.8%増の1万9,429件を記録しました。韓国のSamsung Electronics(762件)とLG Electronics(668件)が上位出願人リストの上位2位をそれぞれ占め、続けてオランダのFonkel Meubelmarketing(490件)が3位につけました。

従って、WIPOが提供する3つの国際登録出願制度全てで、8年連続で出願数を増加させています。

詳細はウェブサイト(http://www.wipo.int/pressroom/en/documents/pr_2018_816_j.pdf )でご確認ください。

(日本語リリース:クライアント提供)



World Intellectual Property Organization: China Drives International Patent Applications to Record Heights; Demand Rising for Trademark and Industrial Design Protection

PR72764

GENEVA, March 21, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

China moved into the second position as a source of international patent
applications filed via WIPO in 2017, closing in on long-time leader United
States of America in another record year in the use of WIPO's intellectual
property services for patents, trademarks and industrial designs.

Two Chinese technology companies were the top filers of international patent
applications in 2017, with Huawei (number one filer) and ZTE (number two)
followed by Intel, Mitsubishi and Qualcomm. Overall, inventors from around the
world filed 243,500 international patent applications via WIPO, 4.5% more than
the previous year.

Japan posted strong growth in 2017 but was nosed out of the second position by
China, which at current trends is projected to overtake the U.S. within three
years as the largest source of applications filed under WIPO's Patent
Cooperation Treaty (PCT) - a system that has helped to spread innovation
worldwide since it began operations 40 years ago.  

"This rapid rise in Chinese use of the international patent system shows that
innovators there are increasingly looking outward, seeking to spread their
original ideas into new markets as the Chinese economy continues its rapid
transformation," said WIPO Director General Francis Gurry. "This is part of a
larger shift in the geography of innovation, with half of all international
patent applications now originating in East Asia."

Demand grew by 5% for WIPO's international trademark filing service (the Madrid
System), which saw 56,200 applications led by top filers L'Oréal of France with
198 applications followed by Richter Gedeon Nyrt. of Hungary (117) and ADP
Gauselmann GMBH of Germany (104).

The number of industrial designs handled by WIPO's Hague System for the
International Registration of Industrial Designs grew by 3.8% to reach 19,429
designs contained in international applications. Republic of Korea's Samsung
Electronics (762 designs) and LG Electronics (668), ranked first and second
respectively in the top applicants list, followed by Fonkel Meubelmarketing of
the Netherlands (490).

This marks the eighth consecutive year of growth for all three WIPO filing
systems.

Find out more: http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2018/article_0002.html

SOURCE: World Intellectual Property Organization (WIPO)



本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中